未分類

【プレスリリース】株式会社 Caster との業務提携について


2015 年 3 月 25 日

NPO法人キッズバレイ、株式会社 Caster と業務提携

NPO 法人キッズバレイ
代表理事 赤石 麻実

 

若者・子育て世代の「くらし」と「働く」を支援する NPO 法人キッズバレイ(代表理事 赤石 麻実)は、若者・子育て世代の新たな雇用を生み出すとともに、働き方の選択肢を増やすことを目的に、オンラインアシスタントサービス「CasterBiz」を運営する株式会社 Caster(神奈川県横浜市 代表取締役 中川 祥太)と業務提携いたします。

[ 背景と目的 ]

今、世界中で、通信インフラや IT の発達、そして SNS 等コミュニケーションサービスの充実により、場所に囚われないインターネットを介した新しいワークスタイルであるリモートワーキング市場が拡大しています。国内においても、安倍政権が子育て世代の女性の就業機会を作り出す効果があるとして、目標値を定めてリモートワーキングを推進しており、関連市場規模は、2016 年には 2000 億円を超える(※)見通しです。
(※)IDC Japan 株式会社調べ
キッズバレイも、リモートワーキングについては地方の雇用を生み出す仕組みとして積極的に活用しており、昨年 10 月にクラウドソーシング国内最大手のランサーズ株式会社と提携し、クラウドソーシングの仕組みを活用し、群馬県内のフリーランスや子育て中の女性に対し、その能力やスキルを活かせる仕事を提供するとともに、場所に囚われない新しい働き方を提案してきました。
今回、新たに提携する株式会社 Caster は、バックオフィス業務に特化したリモートワーキングサービスを展開しており、東京等都市圏において最前線で働いた経験があり、結婚等の理由により桐生に I ターンや U ターンしてきた優秀な女性達の持つ高いスキルを活かせるオンラインアシスタント業務を提供しています。
Caster のサービスの特徴は、クラウドソーシングがタスク単位の単発的な発注であるのに対し、会社単位で継続的なバックオフィス業務に対する発注であることから、求められるスキルレベルは高いものの、クラウドソーシングに比べて安定的かつ高待遇な条件で働くことができます。

キッズバレイは、本提携を通じて、若者や子育て世代の新たな雇用を生み出すとともに、多様な働き方の選択肢を提供し、群馬に住む若者・子育て世代が、自らの未来に希望を持ち、安心して暮らせる街づくりを目指していきます。

 
[ 提携概要 ]
・キッズバレイは、Caster の求人&採用活動をサポートするとともに、コワーキング&コミュニティスペース「 cocotomo 」の一部を「 Caser シート 」としてリモートワーキングの職場として提供し、Casterは、「 Caster シート 」利用料をキッズバレイに支払います。

[ 提携日時 ]
3 月 25 日(水)

[ プレスリリースお問い合わせ先 ]
NPO 法人キッズバレイ
TEL :0277-46-7486
E-Mail : contact@kids-valley.org

RSS Feed  Tags:
Posted on 2015-03-25 | Posted in 未分類 | No Comments »

Related Posts

 

Comment

コメントを書くにはログインが必要です