BLOG

Posted on 2016-03-14
【アフタースクール】パン工場に行こう!

2/20(土)パン工場見学に行って来ました。

見学させていただいたのは、桐生のおいしいパン屋さん、STYLE BREADさんの工場です。

12789922_1735238963379271_319782588_o

今回沢山の応募があり、午後のみの開催予定でしたが、急遽午前にも実施させていただきました。

小麦文化の桐生で育った子どもたち、パンが大好きなんですね。

 

さて、子どもたちには2班に分かれてもらい、工場見学とパン作り体験をさせてもらいました。

パン作りでは、ロールパンとねじりパンに挑戦!

DSC03018 DSC02994

工場の職員さんに丁寧に教えていただいて

DSC03000 DSC03052

みんなパン作りに夢中!

 DSC03077 DSC03054

集中して取り組んで

DSC03009  DSC03072

上手にできました。焼きあがったパンは良い香り!とっても美味しそうー!

DSC03069 DSC03097

自分たちで袋詰め。みんな上手にできてとても嬉しそうでした!

DSC03042 DSC03049

DSC03100 DSC03099

 

工場内は撮影禁止のため、写真はこちらのですが

DSC03092

粉を捏ねる機械や切り分ける機械を見たり、お酒のような匂いのする醗酵室に入らせていただきました。

パンを焼く場所はとっても暑いけれど、凍らせる部屋はとっても寒くて、

こどもたちは、働くことの大変さ、食べ物の大切にする気持ちを学ぶことができました。

こどもたちが驚いていたのは、工場にも人が沢山いて、手作業でひとつひとつ丁寧に作られているところでした。

そして働く人の作業の早さ、にこにこ楽しそうにお仕事されているのが、印象的だったようです。

DSC03036 DSC03104

スタイルブレッドさん、貴重な経験をさせていただきありがとうございました。

これからも美味しいパンを作りつづけてくださいね。

RSS Feed  Tags:
Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2016-02-29
【きりゅうアフタースクール】雪とあそぼー!

2月13日~2月14日川場村に雪遊びに出かけてきました!!

こどもたちを迎えてくれたのは、あるきんぐクラブのタケさんとようちゃん!

そしてはじまりはやっぱり劇から。

DSC02785

「川場では今戦いが始まっています」

「シベリア寒気団マンと春一番マンの戦いです」

IMG_1901 IMG_1899

シベリア寒気団マン「ぼくは青い冷たそうな色がトレードマーク、ぼくはきみたちにに雪遊びをしてもらいたいから、いっぱい雪を降すぞ。」

春一番マン「ぼくは赤い太陽の色がトレードマーク、ここの雪を全部溶かすぐらいの春をもたらしてやるぜ!ははは!」

「シベリア寒気団マンが、春一番マンに負けると、雪が一瞬で溶けます。それはピンチです!」

シベリア寒気団マン・春一番マン「勝負ダー!何で勝負する?やっぱりここはじゃんけんでしょ。

じゃんけんぽん。あいこでしょ、あいこでしょ、しょ、しょ、しょ、しょ、決着がつかない。」

「どうしたらいいと思う?みんなは何をしにきたの?」

「雪遊びをするならシベリア寒気団マンに頑張ってもらいたいよねー!」

「それじゃあシベリア寒気団マンが力を発揮できるホームコートにいこう!!」

ということで、出発!!

ホームコートについたシベリア寒気団マンは、なんと!!シベリアンハスキー?のくまこに変身?!

変身したシベリア寒気団マンは春一番マンとのじゃんけんに勝利!!

そしてみんなを雪遊び連れて行くのでした。

IMG_4460うふん DSC02794

そして早速雪遊び!ソリで滑って!二人で滑って!

DSC02836 IMG_1907

もっともっと滑ります!ジャンプもしちゃうよ~!

IMG_1902 002飛んだ

山の中も登って滑っちゃいます!

DSC02823 DSC02846

ゆきだるまを作ったり。

IMG_1940 DSC02848

からあげを揚げたり。

IMG_4223

※水の中に雪玉を投げるとじゅわっと溶けるのがからあげを揚げてるみたいとのこと!

子どもたちの考えることって不思議で可愛いですね~。

 

さてこちらの子は、枝集めに夢中!

DSC02844 IMG_1927

集めた枝はみんなを暖めてくれるたき火になりました!

IMG_1929

そしてくまこが見つめているのは・・・

DSC02855

急斜面を登って。

DSC02849

顔から直に滑っていく子たち!ワイルドー!!くまこも子どもたちのパワーにびっくりしているようでした。

040ひゃほー IMG_4524きゃわゆい

さて、思い切り遊んだら、山の家に向かいます。

025すべる

山の家ではみつえさんの美味しいご飯がみんなを待っていましたよ。

DSC02857 DSC02858

ゲームやカルタをして遊んだり。

DSC02859

みんなで歌を歌いながら今日楽しかったことを振り返りました。

DSC02882 DSC02873

男の子たちはまだまだ元気!興奮がとまりません!

DSC02874 DSC02868

でもやっぱり。眠いよね。夜だもの。

しかし!!!「ねむっちゃダメ!!」

お布団に入って横になってでも「ねむっちゃダメ!!」朝まで目を開けていたヒトには賞状をあげますとのこと!

そして子どもたちは、なんて素直で可愛いのでしょう!!!

賞状欲しい!とお布団の中にはいっていきました。

DSC02890

 

さてぐっすり眠ったこどもたち、美味しい朝ごはんを食べたらまた出発です。

DSC02893

サングラスきまってますね~。

DSC02896

子どもたち、かまくらを作っているようですが、

DSC02910

こちらは天井に穴のあるかまくら!

062天井に穴のあるかまくら DSC02926

そしてこちらは、牢屋だそうです~!牢屋にも天井あります!

050かまくらのおり 060おりから 

そして、バレンタイン企画「チョコ争奪ダッシュ(=奪取)大会」開催!

DSC02933

見事にスタートラインに一直線に並ぶアスリートたち。

017言ってないのに、一列

いちについて、、、

ヨーイ、、、ドン!! みんな必死!

020よーいどん 021必死

DSC02937
そして、こんなタイヤチューブで滑ったり!

DSC02945 DSC02951 

またまたソリで滑ったり。しかし、いつの間にやらレベルアップ!

ただ滑るだけではありません。

二人乗りと思いきやなんか違う~!!ソリにしがみついてるのはルパン??!

DSC02969 DSC02975

こちらは、タイタニック滑りー!!

 DSC02973

元気いっぱいな子どもたちを、シベリアンハスキーくまこは優しく見守っていていてくれました。

DSC02959

山の家に戻ってお昼を食べ終わると、みつえさんから

バレンタインビスコッティーのプレゼント!男の子にはチョコのハート付きです。

みつえさんの優しさに胸キュンです。

063バレンタイン

さて、楽しかった「雪とあそぼー!」もそろそろ終わりです。

みんなで歌を歌って終わりの会をします。

DSC02979

ここでまた出てきたのが、シベリア寒気団マンと春一番マン!

DSC02983 DSC02984

そして、な、なんと、みんながスヤスヤ眠っている中、シベリア寒気団マンと春一番マンは眠らずに話し合いをしてくれていたのです!

そしてその結果、、、、雪はあるけど暖かい!という素晴らしい状況の中で雪遊びをすることが出来たのでした!!

DSC02986

シベリア寒気団マン、春一番マン、シベリアンハスキーくまこ、

そして、あるきんぐくらぶのたけさん、ようちゃん、みつえさん、なおちゃん、

そしてそして、子どもたちの元気いっぱいパワーが加わり、

真っ白な雪景色の中、こころ温かく楽しい時間を過ごすことができましたー!!

ありがとうございました!

f4106a14b15c1d4b166842864f07c624

 

RSS Feed  Tags:
Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2016-02-01
【アフタースクール】お金の学校

1/31(日)「お金の学校」を実施しました。

先生は、桐生信用金庫の職員さんたちです。

 

まずはお金についてのお勉強です。

お金は、どこからくるのか?そしてお金の使い方について、大切なことを教えていただきました。

DSC02681 DSC02686

みんなのおこづかいは、お父さん、お母さんが一生懸命仕事をしてもらったもの。

そして限りのあるもの。だから「ほしいもの」と「ひつようなもの」に分けて考え、

必要なものをを優先させることが大切なんだね。

DSC02692

そして桐信さんの可愛いお小遣い帳をみんないただいて、お小遣い帳のつけ方を学びました。

これで、お小遣いの管理もばっちりです。

DSC02693

 

つづいては、お金の雑学クイズ!大人でも分からない問題ばかりでしたが、

子どもたちは大盛り上がり。これだけ勉強すれば、もうみんなお金博士だね!

DSC02712 DSC02719

休憩時間には、なんと1億円を持たせていただきました!

レプリカですが、本物と同じ重さがあるそうです。

DSC02724

休憩後は、お札のひみつに迫ります。

お札には、偽造防止のためにたくさんのひみつが隠されてます。

しかし、こんなに沢山の工夫がされていたなんて。子どもたちと一緒に驚いてしまいました。

DSC02735 DSC02740 DSC02744 DSC02752 DSC02756

 

最後には、お札の数え方を教えていただきました。

先生たちの札勘定の速さに子どもたちはびっくり!そこまで早くなるには練習が必要ですが

数え方のポイントを教わり、こどもたちは一生懸命挑戦していましたよ。

DSC02764 DSC02770

 

桐信さんの盛りだくさんの楽しいプログラムに、初めは緊張していた子どもたちも夢中になって

取り組み、楽しんでいました。

 

お金についてたくさん学んだことで、

きっと大切に使う気持ちが芽生えてくれたのではないかと思います。

ありがとうございました。

DSC02775

RSS Feed  Tags:
Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2016-01-25
【2・3月】<NPプログラム>カナダ生まれの「子育て支援プログラム」~完璧な親なんていない!~

【募集開始】0歳~2歳児のママさんへ!
井戸端会議のようなアットホームの雰囲気の中で子育てについておしゃべりしませんか?ママに集中してもらうためお子さんは保育士による託児付き。お茶とお菓子を食べながらリラックスしてください。参加費無料です。

 

カナダ生まれの「子育て支援プログラム」
NPプログラム (Nobody’s Perfect) ~完璧な親なんていない!~
主催:桐生市/企画運営:キッズバレイ
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
NPプログラムとは、カナダで発案された「子育て支援プログラム」です。だれかに教わるのではなく、ママたちがお互いの悩みや困りごとについて話し合い、自分自身に合った子育ての方法を学んでいきます。自分自身で解決策をみつけていくプログラムです。ひとりで悩まず、がんばり過ぎず、みんなでステキな子育ての方法を見つけましょう!

**プログラムのながれ**
初回に参加者の皆さんから、子育てについて話してみたいテーマを出し合います。例えば「子供の寝かしつけどうしたらいい?」
「お風呂の時はどうしてる?」など。など。
そして、皆さんから出てきたテーマ整理して2回目以降はそのテーマについて、話し合っていきます。
進行役のファシリテーターが2名いるので、安心してお話に夢中になれるはずです☆

**************

 

 

 

SKM_C224e16012110070

 

【0歳~2歳児のママ対象】
日程: 2月25日~3月31日の毎週木曜日 全6回
(2/25、3/3、3/10、3/17、3/24、3/31)
時間: 10:30~12:30
場所:桐生市保健福祉会館
定員:12名(先着順)
対象:0歳~2歳のお子さんを育てているママ
進行役:NPファシリテーター 小川純恵・蓼沼忍

 

【申込み方法】メールまたはFAXで申込みください。

・件名に「NPプログラム」(0歳~2歳児対象)申込み」と記入ください

・本文 ①参加者氏名 ②お子様の名前・年齢 ③託児希望の有無(希望日をご記入ください。)

④連絡先(住所・電話番号※日中連絡がとれる番号) ⑤メールアドレス

をご記入ください。

申込み先アドレス: np@kids-valley.org

申込み先FAX番号: 0277-46-7487

 

 

 

RSS Feed  Tags:
Posted in BLOG, NP, 未分類 | No Comments »

 

Posted on 2016-01-21
【アフタースクール】 お豆腐編

親子DE学ぶ!桐生版フードソムリエ塾の第3回目のテーマは「お豆腐」

2015年12月19日(土)の午後ココトモで開催しました。

 

「お豆腐づくりと大豆のお話」

講師の先生は、仲町にある
とうふ工房味華・SOYSTORYの小林先生です。

http://www.soystory.jp/

IMG_2648

 

お豆腐の歴史、名前の由来などを教えていただきました。

大豆、にがり、水からできています.。

IMG_2646

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「にがり」を味見

IMG_2652

 

次に「とうふすてーしょん」を使用してお豆腐を作ってみんなで試食。
70度で固まるそうです。
IMG_2653

 

 

IMG_2655

 

出来たての温かいお豆腐は美味しいです。

 

IMG_2658

 

豆乳を使用して作る出来立ての「ゆば」も試食

IMG_2657

 

 絹豆腐を3丁使用している豆腐ドーナツ

IMG_2663

 

 

様々なお豆腐の作り方、種類を学び、お豆腐のおいしさを再確認。

お豆腐に興味を持っていただけましたでしょうか。

IMG_2654

 

最後に本日学んだことをまとめました。

 

IMG_2667

 

みなさん、何度もおかわりしていました。

お疲れ様でした。

IMG_2666

 

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, BLOG, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2016-01-17
【アフタースクール】からっ風で空っ風であそぼう!凧づくり&風を利用する植物さがし

1/16(土)「からっ風で空っ風であそぼう!凧づくり&風を利用する植物さがし」を実施しました。

先生は、チャウス自然体験学校の加藤正幸先生とまり子先生です。

 

まずは、からっ風について教えてもらいました。

冷たい風によって日本海から水蒸気が蒸発し、雲ができます。

そして日本海側では沢山の雪を降らせます。

しかし雲は山にひっかかって、山の反対側には乾いた風だけが吹き降ろすそうです。

それがからっ風。赤城山から吹いてきます。

DSC02540

からっ風がわかったところで、風を使って遊ぼう!ということで今回は凧揚げをします。

凧も手作りで作ります。使うのは、ゴミ袋と竹ひご、テープ、すずらんテープ、凧揚げ用の紐だけです。

こどもたちは、協力しながら立派な凧を作っていましたよ。

DSC02544 DSC02545

DSC02547 DSC02552

形ができたら、自由に絵を描きます。

お花や虹、好きなキャラクターやマーク、ペンギン、イカ、サルなどみんな思い思いに描いていました。

子どもたちの絵って味があって本当にかわいいですね。

DSC02553 DSC02554 DSC02555

 

凧が完成したら、さっそく凧揚げをしに出かけます。

しかし、、、風がない!!!

例年この時期は冷たいからっ風が吹き付けていますが、

今年は暖かく、風が吹く日がまだあまりなかったですね。

本当は凧は走ってあげるものではなくて、風に乗せて揚げていくんだよ。と教えてもらったものの

走らないと揚がらない。。。

DSC02567 DSC02569

しかしそうこうしていると、風が吹いてきました!みんな上手に挙げていましたよ。

風があまりなっかたので、風が吹いたとき、凧があがったときの喜びは、とっても大きかったようです!

DSC02562 DSC02564

ぽかぽか暖かいので、お昼もお外でいただきました。

DSC02573

 

お昼を食べた後は、風を利用する植物探しです。

まずは、こどもたちに風を利用する植物をあげてもらいました。

たんぽぽ、まつぼっくり、かえで、すぎ、つくし、ほこりたけ・・・

色んな植物がでてきました。中には良く知ってるな~と関心してしまうものまでありました。

DSC02581

沢山あがったところで、探しに出かけます!

冬だから植物は少ないけれど、こどもたちは色々なものを見つけました。

タンポポも咲いていてみんなびっくりしていました。

DSC02576 DSC02577

DSC02578 DSC02580

 

風はあまりなかったけれど、青空の下で、思い切り冬あそびを楽しみました!

「四季を通して桐生の自然を再発見しよう!」春夏秋冬の4回がこれで終了しました。

この活動を通して、桐生の自然の魅力に気づいてもらえたかな?

これからも身の回りの生き物、自然に目を向けられるようになってもらえたら嬉しいです♪

DSC02570

 

 

RSS Feed  Tags:
Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2015-12-15
【ままのWAきりゅう】 Thank you for 2015 sweets party

12/11(金) 。

2015年「ままのWAきりゅう」に参加してくださった方々への感謝の意味を込め、

トヨタ財団×キッズバレイ「ままのWAきりゅう」主催のスイーツパーティーを開催しました。

ファイル_000(3) ファイル_000(23)

お客様を迎え入れる準備万端!

ファイル_000(31)

サンタとリースのバルーンアートも飾られて、すっかりクリスマスムードの店内。

こちらは、お手伝いしてくれたファクトリーメンバーのママが作ってきてくれました。

 

IMG_1239

受付開始と同時に、たくさんのママや子どもたちが来てくれましたよ。

ちなみに、受付をしてくれたのもファクトリーメンバーのママさんです。

ママによる、ママのためのイベントですね!

 

ファイル_000(18)

NPO法人キッズバレイ・代表の星野からご挨拶。

 

IMG_1241 IMG_1242

続いて、2015年度に開催した「ままのWA」イベントの報告と、今後の予定をご紹介。

みなさん、熱心に資料をご覧になっています。

そろそろ、お子さんたちは飽きてきちゃったかな~(笑)

 

12376053_953849304687318_1641904901586890950_n SKM_C224e15121515020

ここで、集合写真をパチリ。

大人39名、子ども4名、赤ちゃん17名、スタッフ9名、トヨタ財団1名、記者等4名の合計74名もの方に参加していただきました。

手に持っているのは『Giving December 寄付月間2015』のチラシです。

参加費の一部と、ご協力いただいたスイーツ店からの寄付金は、次年度の活動資金として有効活用させて頂きます。

 

IMG_1248 IMG_1249

IMG_1252 IMG_1253

IMG_1254 ファイル_000(38)

さぁ!桐生市内から集めた珠玉のスイーツと珈琲の準備が整いました~。

 

IMG_1262 IMG_1269

 

たくさんのスイーツを前に、ママ達の目がキラキラ☆

どれを食べようか迷っちゃいますね。

ロールタワーの一番上は、当日お誕生日だったママのお腹へ。

初めてどうしのママ達ですが、バースデーソング大合唱で、みなさん一体になりました!

 

多くの方に参加していただいた「ままのWAきりゅう」!

来年もたくさんの企画をご用意して、お待ちしております。

ぜひ、ご参加ください。

 

【お問合せ】

TEL:0277-46-7486

全般⇒contact@kids-valley.org   NP講座⇒np@kids-valley.org

しごと⇒work@kids-valley.org   くらし⇒mamanowa@kids-valley.org

 

SKM_C224e15121515170

 

 

 

Posted on 2015-12-06
【アフタースクール】AFRAとDJ-HIRAKATSUのヒューマンビートボックスとDJ教室

 

12月6日(日)は、きりゅうアフタースクールの特別プログラム「AFRAとDJ-HIRAKATSUのヒューマンビートボックスとDJ教室」を実施しました。きりゅうアフタースール初のクラブ「BLOK」さんでの開催です。

プログラムのはじめは、先生お二人からパフォーマンスの披露!

IMG_1163

AFRAさんは、息づかいでビートを奏でるというヒューマンビートボックスの日本のパイオニアです。J-HIRAKATSUさんは、DJで日本代表になって、世界大会にも進出したという、とってもすごい人でした。プロの技を、間近で見て、聞いて、みんな「ぽかーん」と、何がどうなっているのか分からない様子。

 

まずはじめは、ヒューマンビートボックスからAFRA先生に教わります。

IMG_1169

ヒューマンビートボックスの入門編として、「ビートを刻む!」という技を習います。日本語で「ブツプツ」と言って、だんだんと、声をなくして行きだけにしていくと・・・ なんと!みんな上手にビートが刻めました!!

IMG_1175

 

後半は、DJの練習です。

はじめに、HIRAKATSU先生からターンテーブルの仕組みやレコードについて教えてもらいます。

「レコードって何でできているでしょう?」という質問に

「木!」

「石!」

そしてまさかの 「お肉!」という回答に大盛り上がり。

正解はビニールだそうです。

IMG_1177

先生が持ってきてくれた曲は、みんなの大好きな妖怪ウォッチの曲でした!さっそく「チェケチェケ(正式にはスクラッチと言うそうです)」しちゃいます。

IMG_1179 IMG_1181

みんな、ターンテーブルに興味津々で、休み時間になっても集まってきました。楽しいですよね!

 

そして、最後は練習の成果を発表します。ヒューマンビートボックスチームとDJチームに分かれてセッションです。ヒューマンビートボックスにDJがスピードやタイミングを合わせて曲を入れるのが、結構難しかったですね。

IMG_1196 IMG_1199

きっと、ヒューマンビートボックスもDJも初めて見たり、聞いたり、体験したと思いますがどの子も緊張しながらも、発表することができて素晴らしかったですね。

 

AFRA先生もHIRAKATSU先生も、音楽が好きで好きでたまらなくて夢中になって技を磨いたそうです。今思えばすごい努力だったと思うこともあるそうですが、当時は努力を努力と思っていなくて

好きだから、上手になりたいから、その一心だったそうです。

 

子ども時代だからこそ、夢中になれることってあると思います。成功するか、失敗するか、それは分からないけれど、夢中になった経験は必ず自分の力になって人生を豊かにしてくれるはずです。いろいろなものに出会い、好きを見つけて、「あの人かっこいい」「あの人みたいになりたい」という憧れを抱いて成長していってほしいと思いました。

みんな、今日は2時間集中して、よく頑張りました!とっても良い顔していましたよ!

IMG_1201

 

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, BLOG, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2015-12-06
【アフタースクール】小さなクリスマスツリーづくり

12/5(土)小さなクリスマスツリー作り~を実施しました。

先生はアトリエミルプランタンの小野千春先生。

昨年はリースを作りましたが、今年はツリー作りに挑戦です!

IMG_4041

カップにオアシスを詰めたら、グルーガンでポンポンと針金をくっつけます。

そしてツリーのタワーに好きな色の毛糸をリボン結びします。

小さい子どもたちには、リボン結びも挑戦です。みんな一生懸命挑戦して上手に結ぶことができました。

IMG_4046 IMG_4047

づづいて白いふわふわをオアシスにのせて、タワーをのせたら、

Uピンでタワーとオアシスをとめていきます。

細かい作業も子どもたちは集中して取り組んでいました。

IMG_4048

そしてモミの枝に針金をつけたら、オアシスにモミの木とポインセチア、ポンポンをさして

IMG_4049

完成!!!アレンジで紙飛行機をくっつけた子もいましたよ。

IMG_4051 IMG_4054

先生に丁寧に教えてもらって、みんな上手に出来たね。

オリジナルのクリスマスツリーに子どもたちはとても満足そうでした。

IMG_4055

お家に帰ったらみんなどこに飾るのかな?

クリスマスが待ち遠しいね。良いクリスマスを~☆

IMG_4056

RSS Feed  Tags:
Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2015-12-06
【アフタースクール】ふしぎの世界に飛び込もう!”ぴたごらきっず”の親と子の実験工作教室~色々実験~

11/29(日)ふしぎの世界に飛び込もう!”ぴたごらきっず”の親と子の実験工作教室~色々実験~を開催しました。

先生は、ぴたごらきっずの天宮ご夫婦です。

DSC02488

最初に作るのは「ロボットハンド」。

国際宇宙ステーションのロボットアームの先端にはロボットハンドが付いています。

その仕組みを身近にある材料で作ります。

DSC02490 DSC02496 DSC02497 DSC02498

紙コップを切って重ねて、糸をホチキスでとめたらできあがり!

ペンを持ち上げることができます。

DSC02501 DSC02503

コップの中はこんな風になっています。

外側のコップを回すことで中央の糸の輪が小さくなっていき

そこでものを掴むことができるのです!

DSC02504

 

 

次は、通電装置づくり!

DSC02509

電池とクリップ、LEDであっという間に完成。

できたら、電気の通るものを探します。机だと光らないけど、

このトレーやホチキスの真ん中のところだと光るね。

こどもたちは色んなところに装置をくっつけて、電気の通るところを夢中で探していました。

DSC02506 DSC02507

 

最後はスライムづくり!

DSC02511

しかし、ただのスライムではありません。電気でパワーをためると、光るのです!

DSC02510

洗濯のりの入った赤いボトルの液と、ホウ砂の入った青いボトルの液をまぜます。

それから先生に光る粉を入れてもらって。

DSC02517 DSC02514

ひたすら混ぜます!

DSC02515

水分を捨てたら、スライム完成!

DSC02518 DSC02520

本当に光るかトイレで実験!光をあてて電気を消すと・・・

DSC02524

光った!!!子どもたちは大興奮でした♪

DSC02533

 

ぴたごらきっずの実験工作教室3回コースも今日で終了です。

毎回楽しい実験ができて子どもたちはとても楽しんでいました。

先生のおかげで、子どもたちの科学への興味や夢がたくさん膨らみました。

1年間ありがとうございました!

DSC02537

RSS Feed  Tags:
Posted in BLOG | No Comments »

 

10 / 22« 先頭...89101112...20...最後 »