BLOG

Posted on 2014-05-16
スタッフ紹介2【事務局長・赤石麻実】

赤石

Q1 名前、出身地は?

赤石麻実(あかいしあさみ)、あだ名は「ねね」です。

生まれは桐生で、小学校入学前に笠懸に引っ越しました。桐生女子高校出身。

 

 

Q2 キッズバレイで活動する前はどこで何をしていましたか?

桐女を卒業後、法政大学社会学部へ進学。ラクロス部の主将を務め、卒業後はコーチをやっていました。社会人歴は、不動産ディベロッパーでの営業マンを経て、教育のお仕事へ。キャリア教育コーディネーターの資格を取得し、中学校、高校での体験型・探究型のカリキュラムづくり、先生方のサポートをしています(今も続けています)。

 

 

Q3 キッズバレイでは主にどんな仕事をしていますか?

「どうしたらおもしろくなるかな~?」と考えています!そして、ひらめいたら、それをカタチにできるように頑張る!!

 

 

Q4 キッズバレイで実現させたい目標は?

「桐生を世界一ワクワクするまちにすること!」

ちょっと前までは、正直「田舎で何もない」と思っていました。でも、地元をよーく見直して行動してみると、魅力的な人たちに溢れているということがすぐに分かりました。キッズバレイの取り組みを通して、いろいろな方とコラボして(大人も子どもも)、このまちで暮らすことの楽しさや面白さをひとりでも多くの方と分かち合いたいと思っています。

 

 

Q5 趣味や休日の過ごし方は?

旅が大好きです。バックパックで海外ひとり旅は最近の恒例行事です。

あとは、映画もよく見ます。特に、泣ける映画をみて、感動しまくるのが趣味です。

 

 

*他のスタッフからのコメント

松平:「日本のみならず、世界を駆けめぐるキッズバレイいちの行動派。いつも笑顔で全力投球。みんなを引っ張る姉御的存在。お酒の強さもハンパない!?」

清原:「デキる女です。頭が切れ、行動力も素晴らしい。それでいて周りを気遣う優しさまであるなんて!本当にすてきな女性です。そして教育に対する思いの熱さは人一倍!桐生の子どもたちに大きな影響を与えること間違いなしです。」

岩崎:「頭の回転がものすごく速くて、仕事がデキる女性。しかしたまに見せる、無邪気な少女っぽい一面に、きゅんとします♪笑顔がかわいいの♪」

RSS Feed  Posted in Akaishi, BLOG | No Comments »

 

Posted on 2014-05-15
スタッフ紹介1【代表理事・松平博政】

10363482_601811026582283_526814247_n

 

Q1 名前、出身地は?

松平博政(まつだいらひろまさ)、群馬県桐生市出身。

 

Q2 「キッズバレイ」の意味を教えてください。

桐生市が、子育てがしやすく、子どもたち(Kids)が楽しめる街であり、山に囲まれた環境(Valley)であることを表しています。そして、シリコンバレーのように、世界へ向けて新たな価値を創造するイノベーターを多く輩出する街にするぞ、という志の証です。

 

Q3 キッズバレイを立ち上げようと思った経緯は?

 桐生市イクメンプロジェクト推進チームとしても活動しており、そのなかで市長に提言を出す際に桐生市の現状を知りました。「このままではいかん。10〜20年後を見据えた活動をしないと、自分たちやその子どもたちに大変な負担がのしかかる」と思い、民間主導でスピード感を持った事業を展開するため、NPO を設立しました。

 

Q4 キッズバレイでは主にどんな仕事をしていますか?

営業(笑)

 

Q5 キッズバレイで実現させたい目標は?

桐生市は少子高齢化の激しい地方都市ですが、少ない子どもたちを地域の多くのおとなが支え、磨き、未来を創り出す人材を輩出できる街だと思っています。10年後には、北関東の地方都市から世界へ果敢にチャレンジするベンチャーマインドを持った若者を輩出したいですね。

 

Q6 趣味や休日の過ごし方は?

趣味はギター(弾いてないけど)、バイク(乗ってないけど)、読書。休日は、子どもの少年サッカーのコーチ兼審判(サッカーやったことないけど)。

 

 

*他のスタッフからのコメント

赤石:「みんな思いで、とってもやさしい。多様な考えを結びつけ新しいものを生み出せる、行動派パパ。」

清原:「皆から愛されるお殿様、マツケン!2つの仕事を持ち、いつも忙しく動き回ってますが、相談にもしっかり乗ってくれて、意見も聞き入れてくれる素敵なリーダーです!」

岩崎:「“人が好い”って、松平さんのことを言うんだろうなーって思います。誰からも好かれる、リーダーにふさわしきイクメン!おしゃれでアツいパパです。」

RSS Feed  Posted in Matsudaira | No Comments »

 

Posted on 2014-05-15
ゴスペル教室「織音キッズ」&お知らせ!

5月10日(土)桐生市本町のヴィレッジさんにて、ゴスペル教室「織音キッズ」が開催されました!

「織音キッズ」は以前冬にも開催され、3月に有鄰館で行われたライブにも参加し、大成功で幕を閉じました。

「またゴスペルをやりたい!」というたくさんの声にお応えし、「織音キッズ」のプログラムが再登場したのでした!

DSC00498

以前もみんなで歌った「聖者の行進」の復習♪ はじめての子も楽しく練習!

DSC00538 DSC00540 DSC00541

 

「将来歌手になりたい!」と夢を持つ子もおり、「ここはどう歌えばいいですか?」と積極的な質問も聞かれました。

見学していたお母さんたちも、子どもたちのかわいく元気な歌声を聴き、しばし癒しの時間になったようです♪

 

DSC00513

「僕、歌う気分じゃない…」なんて、お絵描きを始める子も(笑)

そんなときもありますよね~。

 

そしてこの日、参加していただいた皆さんには先にお知らせしたのですが…

SKM_C224e14051511400_0001

6月から、毎月第1・3火曜日の夕方に、ヴィレッジさんでゴスペル教室がスタートします!

 

織音キッズと同様、先生は宮原美絵先生と舞川るみ先生。

月2回のレッスンで、月謝は1人2,000円。きょうだいで参加される場合、2人目以降は1人1,000円となります!

プロの先生に歌を教えてもらえるうえ、ジャズバーで練習できるなんて、子どもたちにはなかなかない機会です。

練習してじょうずになったら、まちのイベントにも積極的に出演してもらいたいと思っています!

詳細はチラシをご覧いただき、ぜひお問い合わせ・お申込みください♪

 

 

 

Posted on 2014-05-14
きりゅうアフタースクールの年会員&3か月フリーパスチケット!

この度きりゅうアフタースクールでは、年会員制と3か月フリーパスチケットの内容を整理し、

新たにメンバーズカードを作成しました!

 

写真

 

それぞれの内容は以下のとおりです。

 

【きりゅうアフタースクール年会員】 会員費10,000円(1年間)

・きりゅうアフタースクールの通常プログラムに1年間参加し放題!

・毎月のプログラム予定表をご自宅に郵送

・会報誌(季刊)のお届け

・特別プログラム(宿泊型のプログラムや特別講師によるプログラムなど)の割引特典あり

 

【きりゅうアフタースクール3か月フリーパス】 1枚3,000円(3か月)

・きりゅうアフタースクールのプログラムに3か月参加し放題!

 

*年会員および3か月フリーパスのプログラム受け放題の対象となるのは、参加費500円を基本とした通常プログラムに限ります。

*プログラムにより材料費や教材費を別途申し受けます。

*プログラムごとに予約が必要ですが、すでに定員に達している場合は予約できないことがあります。

*ご登録いただいたご本人のみ有効です。

 

そして…

きょうだいで一緒にご入会いただくと、2人目以降が1割引(年会員⇒9,000円、3か月フリーパス⇒2,700円)となります!

お申込みは随時受け付けております。

また、開催日当日にお手続きされますと、当日からお使いいただけます。

子どもたちの夏休み期間には、今まで以上に多種多様なプログラムをご用意する予定です。

その際、こちらの年会員や3か月フリーパスに入会していただくと、とってもお得に楽しめるかと思います!

宜しくお願いいたします♪

 

Posted on 2014-05-08
キッズバレイの法人会員さんをご紹介します

現在キッズバレイにご協力いただいている、法人会員さんを紹介致します。

 

kiryu_branch

株式会社東群運送さん

桐生市琴平町2-6

http://togun.biz/

昭和8年に桐生で創業して以来、「日本の機どころ」として知られる両毛地域の繊維製品を国内外に運ぶことを使命とされています。現在では桐生のほかに、足利・東京・横浜・伊勢崎・前橋にも拠点を置き、さらなる活動の場を広げています。代表は齋藤佳代子さんという女性であり、育児経験者。「子どもを核とした地域づくり」を目標にしているキッズバレイの事業内容や趣旨に賛同してくださり、法人会員さんになっていただきました。

 

business_img03

株式会社スタイルブレッドさん

群馬県桐生市広沢町1-2525-2

http://www.stylebread.com/

「~風と水~桐生酵母」と名づけられた天然酵母を使い、シェフが使うプロ専用のパンを作っています。その歴史は古く、大正時代から続く老舗のパン屋さんでもあります。安心・安全な品質管理にもこだわり、今では全国約850社のホテルやレストランで採用、支持されています。地元・桐生の発展を願う代表・田中知さんが、キッズバレイの事業内容や趣旨に賛同してくださり、法人会員さんになっていただきました。

 

キッズバレイでは、活動趣旨に賛同いただける法人・個人会員様を広く募集しております。

現在、会報誌も準備中です。

お気軽にお問い合わせください。

 

Posted on 2014-05-07
5月のきりゅうアフタースクール

5月のきりゅうアフタースクールプログラムです!

写真

5/10(土) ゴスペル教室『織音キッズ』  @ジャズ&ブルースバー・ヴィレッジ 13:00~15:00

5/17(土) こどものための科学実験教室 @ジョイタウンビル2F 13:00~15:00

5/24(土) 桐生・新宿(東京)森と水による交流 @梅田町 10:00~15:00

5/31(土) かけっこ教室 @青年の家体育館アリーナ 10:00~12:00

*それぞれの詳細はチラシまたはEVENTページをご覧ください。

 

お申込みは、それぞれのプログラムの前の木曜日まで受け付けております。

参加したいプログラム名、参加者(お子様)のお名前と年齢、保護者様のお名前と連絡先を記載し、

contact@kids-valley.org

までご連絡ください。

電話でもOKです!

0277-46-7486 (平日9:00~18:00)

不明点なども、お気軽にお問い合わせください。

 

Posted on 2014-04-30
自然観察の森で、たくさんの“春”を発見!

4月26日(土)に「森のレンジャーと行く春のハイキング」が開催されました!

 

ハイキングにはもってこいのちょうどよい気候のなか、桐生駅からおりひめバスを利用して桐生自然観察の森へ。

DSC00413

桐生自然観察の森は、桐生市周辺の里山環境の保護・育成のために解説された、無料施設。

四季折々のさまざまな動植物に出会うことができます!

 

到着したら、森の中での約束ごと(ゴミを捨てない、生き物の採集はしないなど)や、フィールド情報を確認。

集めた情報はこんな風に掲示して、来園者の方々に観てもらっているんですね。

DSC00414

 

外に出て、感性の準備体操。これがとっても重要なんです。

 

DSC00416

 

目をつむって暖かいと思うほうを指さしたり、風を感じたり、鳥の声を聴いたり…

SONY DSC

いつもは聴こえてこない自然の音、春の音が聴こえてきました。

 

木の葉や実、枝など、1分間で覚えて同じものを拾ってくるゲーム!できるかな?

DSC00427 DSC00421

DSC00426 SONY DSC

お見事!!

 

その後は危険な動植物を説明してもらったり、季節の生き物を調査しながらフィールド探検。

DSC00440 DSC00488

いろんな生き物を見つけました!

DSC00433        DSC00496 DSC00477     DSC00485

DSC00487 DSC00461

 

いろいろなものを発見し、いろいろなことに気付いては、レンジャーに質問する子どもたち。

それらにすぐ答えられるレンジャーの方もさすが!ですが、

歩きながらさまざまなことに目を向け、疑問を抱くことのできる子どもたちの感性と知性、素晴らしかったです!

楽しくてはしゃいでしまう場面もありましたが、最初の「森の中での約束事」をきちんと守り、みんな仲良くハイキングを終えることができました。

DSC00467

木漏れ日が、本当にきれいで気持ちの良い日でした。

DSC00489

ね♪

 

 

 

 

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, BLOG, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2014-04-14
AFRA先生とおばら先生、ありがとうございました!

4月12日(土)、桐生市立青年の家体育館にて、「AFRAとおばらのビートボックス&ダンス講座」開催されました!

 

DSC00227  DSC00248

DSC00226 DSC00236

 

先生たちの圧巻のパフォーマンスに、ちょっと不安げな顔の子どもたち。

「大丈夫かな…わたしにこんなことできるのかな…」

でも…

「今回みんなでやるのは、ちびまるこちゃんの“おどるポンポコリン”です!」と課題曲が発表されると、

馴染みの曲にみんなちょっと安心したのか、笑顔になりました♪

 

DSC00253  DSC00260

 

2グループに別れ、ビートボックスとダンスの練習。

ビートボックスはなかなか難しいけど、AFRA先生の丁寧な指導にみんな真剣。

ダンスは覚えやすく親しみやすい振り付けをおばらさんが用意してくださり、みんなとっても楽しそう。

DSC00282  DSC00283 DSC00286  DSC00287

 

最後は、2グループそれぞれ発表会。

「もっとやりたい!」という声、多数。2時間、あっという間でしたね!

 

今回小学生を対象にしていましたが、老若男女問わずさまざまな方が参加してくださり(0歳の子まで!)、

みなさんにとても楽しんでいただいたようです。

メディアの方にも多くお越しいただき、賑やかな会場となりました。

 

今回キッズバレイでこのようなイベントを開催することができたのは、

先生お二人が所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーの社員である、遠藤さんという方のご好意によるものです。

桐生出身の遠藤さんが、「地元の子どもたちに少しでも楽しんでもらいたい!夢や希望を持ってほしい!」と、企画してくださいました。

今後も地元でこのようなワークショップを継続させたいということで、また第二弾、第三弾とあるかもしれませんよ!

お楽しみに☆

DSC00308

 

それにしても、自分の身ひとつ、マイク一本で、

人を楽しませることができる、老若男女笑顔にできる、なんて本当にすてきですね!

音楽って、いいですね~

No wall beteween the music!

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, BLOG, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2014-04-08
だがしやチャレンジ、完結!

4月5日(土)、この日は月に一度の桐生市の骨董市。

我がアフタースクールものぼりを作り、子どもたちが駄菓子屋さんを出店しました!

(準備段階のBLOGはコチラ→http://kids-valley.org/blog/post-60/)

R1001519

DSC00207

R1001526

 

 

 

予想以上の来客数で、てんやわんや。

しかしまだなかなか声も出ず、接客もぎこちない子どもたち。

少し不安そうな顔も見られました。

 

がしかし、心配していたのも束の間。

子どもたちはすぐに慣れてきて、そのとき必要な仕事を自分で見つけ、率先して動くように!

R1001522 DSC00204  R1001529R1001517

 

大きな声で呼び込みし、どのお店よりも元気で目立つ存在になっていました!

売れ残りの多い商品は「○○キャンペーン」と題し、「○○を買ってくれたお客さんには拍手を送りま~す!」なんて、かわいいサービスをオマケする子も(笑)

終盤には、「○個で○○円!」とセール価格を設定したりして、みんな立派な定員さんになっていましたね。

R1006790 R1006780

 

R1001513

みんなの頑張りのおかげで、だがしやは大盛況!2時間で完売でした!おつかれさま!

みんな本当に生き生きしていましたね。

 

その後の振り返りでも、「まただがしやをやりたい!」という声が多く寄せられました。

またいつか、チャレンジしましょう!

 

そして、今回お世話になった地域の方々、お父さんお母さん、本当にありがとうございました!

地域の力、ご両親の支えがあっての、アフタースクールだなーと痛感した次第です。

これからもどうぞ、宜しくお願いいたします。

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, BLOG, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2014-04-03
イラストレーターのお仕事体験!

3月29日(土)、イラストレーターのお仕事体験プログラムを開催しました!

今回の市民先生は、藤枝哲哉先生

今回の市民先生は、藤枝哲哉先生

なんと藤枝先生は、あの「タルルートくん」のアニメ作りに携わっていた方!

DSC00178 DSC00173

 

「懐かしいー!」という、親世代の声が聞こえてきそうですが、

先生、さすがの腕前です(当たり前ですけど)!サラッと描きあげておりました。

 

子どもたちは、先生が用意してくださったさまざまな絵に色を塗り、それをつなげてアニメーション作り。

DSC00167

DSC00169

DSC00181

 

ほんのわずかな時間のアニメーションなのに、それに必要な絵の数は何枚、何十枚…

「これ、全部色を塗るの!?」とびっくりしながらも、子どもたちは頑張っていました!

DSC00200 DSC00191

DSC00195 DSC00196

 

 

同じ絵でも、色塗りや描き足しでこんなにも個性が出るんですね!

 

そして、「いつもテレビなどで観ているアニメを作るのが、こんなにも大変だとは思わなかった!」

というのが、いちばんの感想でしょうか。

今度はみんなが一から描いた絵を、アニメにしたいですね!

 

 

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, BLOG, REPORT | No Comments »

 

20 / 21« 先頭...10...1718192021