AFTER_SCHOOL

Posted on 2019-01-29
【アフタースクール】「もっとわかりあえる!!親子で学ぶアンガーマネジメント」を開催しました!

2019年1月26日(土)に、「もっとわかりあえる!!親子で学ぶアンガーマネジメント」をココトモで開催しました。
市民先生として、アンガーマネジメントファシリテーターのユッコさんこと齋藤由起子先生をお招きし、感情コントロールについてわかりやすく教えていただきました。
ユッコ先生、よろしくお願いします!


「自分の気持ちはどこにあると思う?」
 
いきなりの質問です。
頭の中?心の中??と考えていると、
「時間の流れの中にある!」
と哲学的名言が飛び出しました。
おおー、すごいな~。
凝り固まった私からは出てこないよこの言葉(笑)
普段そんなことを考えて生活している人のほうが少数派だと思うから、いいきっかけになりました。

 

自分と他の人の気持ちの違いに意識を向けていきます。
子どもたちが参加しやすいようにゲーム感覚で進めるユッコ先生。
実際に最近あった困ったことやイヤだと思った場面を事例にし、
そのときの気持ちを自分だったらどう感じるか、その子はどう感じたのかを想像し、みんなで共有しました。
同じ状況でも、それぞれにいろんな感じ方があると気づけたね。

 

内容を少し掘り下げていきます。
今度はトラブルが起こったときの対応を考えることに。
自分のイヤな気持ちをストレートに相手にぶつけると、相手もイヤな気持ちになりケンカに発展することが多いので、自分の気持ちが落ち着く方法を考えておくといいよとアドバイスをもらいました。
まさに「売り言葉に買い言葉」。なるほど、これ使えるわ。

イライラを感じたとき、根っこの気持ちは悲しみだったり、不安だったりすることがあるので要注意!!
表現された感情がすべてではないので、自分の気持ちと相手の気持ちを冷静に観る必要があるんですね。
「はやく宿題しなさい!!」って鬼になるお母さんも、根っこの気持ちはみんなのことが心配で、そこから怒りに発展しちゃうこともあるんだっていうことを知りました。

しばしの休憩の後、「無意識の加害者」について学びました。
人の気持ちはカタチ(表情や態度、行動)になるので、自分でも気がつかないうちに誰かを傷つけている可能性があるということ。
相手を尊重する心の余裕が必要みたいです。

 

このプログラムに参加したからといって、明日から劇的に親子関係が改善するわけではないけど、
感情に流されずに自分の気持ちを感じられるようになる、いいきっかけになったと思います。
「ありがとう」は魔法の言葉。
感謝を忘れず、相手も自分も大切にし、いいコミュニケーションをとっていきたいですね!


ユッコ先生、参加してくれたみなさん、ありがとうございました!!

 

Posted on 2019-01-23
【アフタースクール】「ちびっこ冒険隊!雪あそび2019」を開催しました!

きりゅうアフタースクールの冬の風物詩といえば…雪あそび!!
1月19日(土)~20日(日)で「ちびっこ冒険隊!雪あそび2019」を実施しました。
今年も群馬県川場村のNPO法人あるきんぐ・ネイチャーセンター山の家にお世話になりました。

毎年、雪がちゃんと積もっていますように、
当日は良い天気でありますようにとスタッフ一同で願っていましたが今年は晴れが続きました。

子どもたちの中には雪あそびをしたことのない子や久しぶりの子もいて、
道中のバスはテンションが高い高い!
お世話になる辻田洋介さん(ようちゃん)と直子さん(なおちゃん)に
はじめましての挨拶をして、いざ雪のフィールドへ出発!

みんなソリをしたり子どもが4人乗れるゴムチューブに乗ったり、かまくら作ったり、
ブランコしたり、雪合戦したり…我慢していた分みんな大いに楽しんでいました。


夕方になり今年はなんと雪原の中で五右衛門ぶろに入りました。
子どもが4人は入れるサイズのためお湯を沸かすのに薪をくべる子、
水をバケツリレーする子、あったかさをチェックする人、
子どもたちが率先して役割分担し、約2時間で完成♪

入るのは参加者の中で1人いればいいだろうとスタッフみんなが思っていたが…なんと希望者は8名!
男の子も女の子も、寒い寒い言いながら、五右衛門風呂を満喫していました!

2日目は午前中だけ雪あそび。
ようちゃんの提案でソリを持って雪山を登り森の中のソリスポットに繰り出しました。
慣れない雪道や急な斜面に戸惑いながら、まるで登山家のように果敢に山奥に進んでいきました!

  

スポットに着くとようちゃんから面白い提案が。それは「雪を食べよう!!」。
バッグから何を出すかと思ったらカルピス。
みんなフカフカの雪の場所を探して、手のひらいっぱいにすくって、カルピスかけてモグモグ。
山登りでノドも乾いていたのでみんな雪カルピスに夢中。
山の中の誰も足を踏み入れない場所の雪だからこそできる荒業!ようちゃんさすがです!!

急な山道でのソリはスピードも出るし、ソリに慣れてきた子どもたちは一心不乱に登っては滑り、登っては滑りの繰り返し。
スタッフは子どもの体力がうらやましいと思いました!

あっという間に2日間の雪あそびはおしまい。
ようちゃんとなおちゃんにお礼を言って、最後はみんなでハイチーズ!

 

NPO法人あるきんぐクラブネイチャーセンターさんのブログにも載せていただきました!
キッズバレイな雪遊び~その壱~
キッズバレイな雪遊び~その弐~

 

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2019-01-22
【きりゅうアフタースクール】2月開催プログラムのご案内

こんにちは!きりゅうアフタースクールです。
先週末は「ちびっこ冒険隊!雪あそび2019」のプログラムのため、元気いっぱいの子どもたちと川場村で雪あそびを楽しんできました♪
まさに大冒険!の2日間(^^)
近日中に、こちらのキッズバレイHPにて詳細をアップしますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

さて、2月のアフタースクールも楽しく学べるプログラムがそろっています!
参加希望の場合は各プログラムの申込フォームからお申し込みください。

——————————————————————————————–
 2月2日 なりきり!お仕事体験「ジェラート屋さん」
——————————————————————————————–
あまくておいしいジェラートは、どうやって作られるのかな?
ジェラートをのせるワッフルカップも自分で手作りするよ。
カラフルなジェラートたちを、上手に盛りつけちゃおう!!

日 時:2月2日(土) 10:00~12:00(受付9:45~9:55)
対 象:小学1年(7歳)~6年(12歳)
定 員:16名【お子さん預かりのプログラム】
参加費:800円(体験代・材料費含む)
市民先生:依田元先生(イタリアンジェラートミラノ)
会 場:イタリアンジェラートミラノ(桐生市相生町4-74-1)
持ち物:マスク・エプロン・三角巾・手拭き用タオル・飲み物

▼注意事項
※【カーナビを利用してお越しになる場合】店名を入力すると旧店舗に案内されることもあるようです。カーナビでは「桐生市相生町4-74-1」の住所での検索をお願いいたします。
※アレルギーのある方は、お申込みの際、記入欄に詳細をご記入ください。

♪お申込みはコチラ♪

 

——————————————————————————————–
 2月23日 出張版 お金の小学校
——————————————————————————————–
毎回大人気!お金の大切さをみんなで学ぶ、子ども金融教室です。
お金って一体何だろう? お金に関するいろいろを、一緒に学んで体験しよう!!

日 時:2月23日(土) 10:00~11:30(受付9:45~9:55)
対 象:小学1年(7歳)~6年(12歳)
定 員:20名【お子さん預かりのプログラム】
参加費:300円
市民先生:齋藤先生・高橋先生(桐生信用金庫)
会 場:ココトモ(桐生市本町5丁目51番地 東武桐生ビル1階)
持ち物:筆記用具、飲み物

♪お申込みはコチラ♪

 

どちらのプログラムも、普段はなかなかできない経験ができるかも?!
みなさんのご参加、心よりお待ちしています!

 

Posted on 2019-01-07
【きりゅうアフタースクール】1月開催プログラムのご案内

あけましておめでとうございます。
本年もきりゅうアフタースクールをよろしくおねがいいたします!

新しい年が始まり…小学校は今日から3学期、次の学年に向けての大切な時期ですね。
自分の思うようにいかなくて、ムカムカ…
いろいろ頑張ってほしくて、つい小言を言って親子でイライラ…
大事な時期だからこそおすすめしたい、1月開催プログラムのご案内です!

参加希望の場合は各プログラムの申込フォームからお申し込みくださいね。

 

—————————————————————————————-
1月26日 もっとわかりあえる!!親子で学ぶアンガーマネジメント
—————————————————————————————-
自分の気持ちをありのままに感じてみよう!
怒った気持ちを上手に伝えられるようになろう!!
日 時:1/26(土) 10:00~12:00(受付9:40~9:50)
対 象:未就学児(4歳)~小学校6年生(12歳)とその保護者
定 員:親子10組
参加費:【参加費】親子1組1,000円     
    【材料費】子ども1人につき500円(※テキスト代等)
会 場: ココトモ(桐生市本町5-51東武桐生ビル1階)
市民先生:齋藤由起子先生(アンガーマネジメントファシリテーター)
持ち物:色鉛筆・クレヨン・手ふきタオル・筆記用具・飲み物

※プログラムでチョコレートと風船を使いワークをする予定です。アレルギーのある方はご注意ください。

※駐車場はココトモ近くにあります「桐生中央パーキング」をご利用ください。開催時間分の無料チケットをお渡しいたします。他のパーキングは対象外ですのでご注意ください。

♪お申し込みはこちら♪

 

みなさんのご参加、心よりお待ちしています!

 

Posted on 2018-10-25
【きりゅうアフタースクール】11月プログラムのご案内

 森の学校「ティピーテントをつくってみよう!」

「ティピ―テント」とは、ネイティブアメリカンが使った移動式のおうちのこと。
みんなで協力してティピ―をつくってみよう!!
「イーグルアイ」のクラフトづくりもするよ!

日 時:11/10(土) 10:00~12:00(受付9:40~9:50) ※雨天決行
対 象:未就学児(4歳)~小学校6年生(12歳)
    【お子さん預かりのプログラム】
定 員:20名
参加費:500円(体験代、材料費含む)
会 場:桐生市青少年野外活動センター(桐生市梅田町5-7423)
市民先生:加藤正幸先生、加藤まり子先生(NPO法人チャウス)
持ち物:★汚れてもいい、動きやすい服装と靴でご参加ください★
   ・帽子・手ふきタオル・肩から下げられる水筒(温かい飲み物)
   ・筆記用具・雨具(カッパ)
   ・上履き(雨天の場合室内で活動するため使用します)
   ・防寒着(屋外での活動ですので、寒さ対策をお願いします)  

※雨天決行です。荒天の場合は中止となります。 
♪お申し込みはこちら♪

 

クリエーターになろう「ワンミニットムービー」

タブレットを使って、1分間のショートムービーを作ってみよう!

日 時:11/17(土) 10:00~16:00(受付9:40~9:50) 
対 象:【保護者同伴のプログラム】小学校1年(7歳)~3年生(9歳)     【お子さんお預かりのプログラム】小学4年(10歳)~6年生(12歳)
定 員:20名
参加費:500円(体験代、材料費含む)
会 場:桐生市社会福祉センター(桐生市新宿3丁目3−19)
市民先生:北阪昌人先生(脚本家)、ミニット先生(株式会社 教育と探究社) 持ち物:タブレット、昼食、飲み物、筆記用具、物語で登場させたいモノ

※タブレットをお持ちでない方には貸し出しを行います(先着10名)

※14:15~15:45の間で作品上映会を行います 
♪お申込みはこちら♪

 

皆さんのご参加、お待ちしております!

 

Posted on 2018-10-25
【アフタースクール】「バームクーヘンをつくろう!」を開催しました!

10月13日、黒保根村にあります、『キャンプ冒険仲間』を会場に、
13時半よりイベントスタートしました!
はじめに、スタッフ2名の紹介です。
キッズバレイからは、私(*^-^*)みい がバームクーヘン指導をさせて頂きます。
もう一人は今回のアウトドア体験の重要な先生、
『キャンプ冒険仲間』の松本恒春先生から、 ごあいさつです。

「ONE FOR AII. 一人はみんなの為に!! AII FOR ONE. みんなは一人の為に!!」

この言葉はラグビーで使われる言葉ですが、今回の活動においても、
松本先生は「みんなの為に、一生懸命に指導をするので、みんなもしっかり応えてほしい。」という気持ちを込めているそうです。
そして、『キャンプ冒険仲間』における「い」「ろ」「は」を伝授頂き、
かけ声合わせて『Let’s ぼうけん!!』

バームクーヘンを作るにあたっての最初の工程、「火おこし」を学びます。
各ご家庭から用意して頂いた、新聞紙と割りばし。大きな薪に火をつけるための下準備を施します。
実際に先生が目の前で実演して下さり、その後は各家庭がそれぞれの釜戸で火おこしをするとあって、
こどもも大人も真剣な表情で熱心に見入っておりました。

先ほど学んだ「火おこし」を忘れないうちに、各親子釜戸へ移動して作業をスタート!
目標は、目じるしの高さにあるタコ糸が、燃えて切れること

みんな教わった順番通りに釜戸に薪を並べて、形作った新聞紙に着火!
小刀で加工した割りばしや、杉の枝、葉を足していきます。
勢いよく吹き竹を吹くと、火力はどんどん増していきます。

 

あっという間に、目標のタコ糸が切れて、ミッションクリア!

……と思ったら、薪をくべ過ぎて、火力強すぎ!! 
これでは、バームクーヘンの生地が一瞬で丸焦げになってしまいます……。

火力を抑えたくても、釜戸にはレバーもスイッチもありません。火が落ち着くまで、しばし待ちます。

 

しかし!子どもたちはじっと待ってはいられません……
ここ、『キャンプ冒険仲間』の敷地内には子どもたちの興味をそそるものがいっぱい!!
火の見守りは、お父さんお母さんにお願いして、子どもたちが駆け出したその先は…

手づくりのブランコや、シーソー! 
ハンモックに揺られてくつろいだり、やぎに夢中になる子がいたり。
少しの間、思い思いの自由時間を過ごしました。  

 

さて。釜戸の火も落ち着いてきたところで、バームクーヘン焼きを始めます。
今回のイベント時間と釜戸のサイズを考慮して、みなさまに作っていただくのは、
細い竹に15センチほどのバームクーヘンです。  
えっ?  思っていたのと違います?

そうガッカリされませんように、我がキッズバレイチームは、
今回クルーとしてご協力下さいました3家族と、大学生のお二方😊
さらにはキャンプ冒険仲間の皆様と協力して、太さ5センチの竹を使い、
午前中から大きな釜戸でビッグサイズのバームクーヘンを準備しておきました。
こちらの完成は今しばらくお待ちください。

 

家族釜戸の様子はと言うと、
生地の入ったタッパー容器に竹を投入→釜戸の火に近づけて→竹をくるくる回しながら焼く。

この一連の作業を、熱い釜戸の前に、じっと座ってひたすらに繰り返します。
ひとり、またひとり…と子どもたちが離れていきます…
先ほどの自由時間が楽しすぎたのか?単調な作業に飽きてしまったのか?
気がつけば、釜戸の前には大人がズラリ(・・)

 

楽しそうにシーソーで遊ぶ子どもたちを連れ戻すべく、
ビッグサイズバームクーヘンのお披露目でーす!!

こちらは、試食用とあって、子どもたちが一斉に集まってくれました。
ゆっくり竹を抜いて、大きくやわらかく焼けたバームクーヘンを、
切ってみたい!と志願してくれた子と、みいさんで一緒にカット(^^♪) 
まるで結婚式の儀式のような緊張感でした。

試食用バームクーヘンは、あっという間に終了。
釜戸の前から離れずに、一生懸命に焼き続けてくれているお父さんお母さんと一緒に、
嬉しそうに食べる姿が印象的でした♪

今焼いているミニサイズのバームクーヘンも、どのくらいまで大きくするか悩みながらも…時間終了‼
皆さんさまざま形に仕上がりました。 こちらは、ラッピングをして、ご家庭にお持ちかえりです。

 

予想以上に根気のいる作業で、少し疲れたかと思いきや、
アンケートを書き終えると、また思い思いに遊び始める子どもたち
木の実を拾ったり、走り回ったり。
そんな魅力いっぱいな『キャンプ冒険仲間』♪

松本先生を始め、スタッフの皆様、大変お世話になりました。
『火おこし』体験の緊張感をあじわいながらも、
大自然の中で、子どもたちがのびのびと安全に活動できましたこと、
クルーの皆様の見守りのおかげです!

日常生活から少し離れて、自然の暮らしを感じたくなったら、
是非!また『キャンプ冒険仲間』へ足を運んでみてくださいね。

合い言葉は『Let’s ぼうけん!!』

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2018-10-18
【アフタースクール】「ハロウインでお菓子を入れるPumpkin bag を作っちゃおう♪」開催しました

10月14日(日)年齢別に2回に分けてハロウインの英語イベントを開催しました。

講師はままのWAきりゅう外国語チームの川村美弥先生

美弥先生はアメリカ在住16年。本場でのハロウインを何回も経験されています

第1部は未就学児とその保護者の方
 まずはハロウインって何かな?何をするのかな?ということを英語の絵本を見ながら楽しく学びました  
 
 
 
 
次にハロウインにちなんだ英単語の練習をしてから
ハロウインバック作り
 
  
 
 
 
最後にまとめ&さっそく今作ったバックにお菓子を入れて終了です
参加いただきありがとうございました。
ママ&パパと協力して素敵なバックができました♪
 
 
 
第2部は小1~小6 定員を超えるたくさんの方に参加いただきました
 
 
  
 
工作では1人1人個性を発揮していました
 
 
 
   
 
最後に記念撮影
ハロウイン当日もぜひ活用してくださいね
 
 
 ココトモでも10月28日(日)にハロウインイベント開催します
次回の英語イベントはクリスマスです☆
 
 
 
RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2018-10-10
【アフタースクール】「森の学校・木の実を探して食べよう」開催しました

10/6(土)に相生町の市民広場にて、「森の学校・木の実を探して食べよう」を開催しました。

当日は熱中症が心配になるくらいのいいお天気。
タープを設営し、火おこしをして参加者を待ちます。

「森の学校」を担当してくださるのは、NPO法人チャウス自然体験学校の加藤先生ときたまり先生です。
今日もよろしくお願いします!

 

あいさつがすんだら、まずはアイスブレイク。
初めて顔を合わせる子がほとんどなので、心と身体の緊張をほぐしてからプログラムを始めます。

雰囲気が和んだところで木の実探しのスタートです!!

 

 

この前の台風の影響で、広場の地面には木の実がたくさん!
倒木もちらほらと…。
自然のエネルギーって凄いですね。それを目の当たりにして驚いてしまいました。

市民広場はクヌギがいっぱい。
カタチはコロンとしてかわいいけど、食べるにはちょっと…。

というのも、ドングリって種類によってエグミや味が異なるんです。
おいしさでいったら、「マテバシイ」「スダジイ」がツートップ。

ここにはない種類です。

なので、クヌギはクラフト制作用にとっておき、事前に準備しておいた「マテバシイ」をお菓子づくりに使うことにしました。
うれしいことに栗の木が近くにあったので、みんなで真剣に採取。

おいしいこと間違いナシだもんね!これはお菓子づくりに使わなきゃ。

クルミの木がね、そこにあるのよ。でも、伐採作業をしていて近寄れない!

くぅー、残念!!
これも事前に拾っておいたものを使いましょう。

 

次はみんなのお待ちかね、スコーンづくりに取りかかります。
まずは木の実をそのまま味わうことにしました。
ドングリを食べるなんてめったにないからね。お味はいかが?

みんなのビミョーな反応!
まあ、原始人の気持ちになったと思ってね。
体験することが大切です(笑)
ホットケーキミックスにそれぞれの木の実を入れて混ぜ、ダッチオーブンで焼いていきます。

焼き上がるまで、先ほど拾ったドングリを使って「トトロ」を作り待つことにしました。
ポスカを使い、お腹と目を白くぬりぬり。それぞれに個性的な作品の完成です!

  

 

クラフトづくりを楽しんでいると、オーブンのほうからいい香りが…

こんがりと、おいしそうなスコーンが焼けましたー。

 

さあ、試食タイムです!
「栗のスコーンがいちばん!」「ドングリもおいしいよ!!」と秋の実りを堪能しました。

小さいけれど、その中に大きなパワーがぎゅっとつまった木の実たち。
身近にあるけど、食べることはほとんどないと思います。

これをきっかけに、よかったら今度、おうちの人と挑戦してみてね!

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2018-09-25
【きりゅうアフタースクール】10月プログラムのご案内

10月6日 森の学校「木の実を探して食べよう」

身近にある木の実をたべてみよう!
どんな味がするのかな?おやつもつくるよ!!

日  時:10/6(土) 9:00~12:00(受付8:40~8:50) ※小雨決行
対  象:【お子さん預かりのプログラム】
     未就学児(4歳)~小学校6年生(12歳)
定  員:20名
参  加  費:500円(体験代、材料費含む)
会  場:桐生市市民広場(桐生市相生町3丁目地内【渡良瀬川河川敷】)
市民先生:加藤正幸先生、加藤まり子先生(NPO法人チャウス)

持  ち  物:★汚れてもいい、動きやすい服装と靴でご参加ください★・帽子・手ふきタオル・ビニール袋(木の実採取用)・肩から下げられる水筒・筆記用具・雨具(カッパ)・虫よけスプレー(必要な方)

※食物アレルギーのある方はご注意ください。
(ドングリ、クルミ、栗、小麦、卵、牛乳を使いお菓子を作ります)
※小雨決行です。荒天の場合は中止となります。

♪お申し込みはこちら♪

 

 

10月13日 アウトドア体験「バームクーヘンを作ろう」

電気もガスも水道もない、ちょっと昔へタイムスリップ。
力を合わせて火起こしをして、バームクーヘン作りに挑戦しよう!

日  時:10月13日(土) 13:30~15:30(受付13:10~13:20)※小雨決行
対  象:小学1年生~6年生(12歳) ※保護者同伴プログラムです。
市民先生:松本恒春先生(キャンプ冒険仲間)
参  加  費:【参加お子さま1名+ご家族1名】700円 (材料費・体験代・バームクーヘン持ち帰り代込)
定  員:10家族 
集合&会場:キャンプ冒険仲間(桐生市黒保根町下田沢2319)

持  ち  物:★汚れてもいい、動きやすい服装と靴でご参加ください★・手ふきタオル・筆記用具・ゴーグル・割りばし(薪かわり、使い古しOK)・新聞紙・防寒着・飲み物

※雨天決行です。荒天の場合は中止となります。
※食物アレルギーのある方はご注意ください。(バームクーヘンの生地に卵、牛乳を使用)
※【参加お子さま1名+ご家族1名】以外に参加されるご家族の人数分(未就学児も含みます)の入場料(500円)が別途かかります。ご了承ください。

♪お申し込みはこちら♪

 

 

10月14日 ハロウインでお菓子を入れるPumpkin bag を作っちゃおう♪ 

身近にある木の実をたべてみよう!
どんな味がするのかな?おやつもつくるよ!!

日時と対象: 未就学児 10月14日(日)  9:30-10:45 (保護者同伴)  
       小1~小6 10月14日(日) 11:00-12:15
定  員:各12組

参  加  費:500円
市民先生:川村美弥先生(ままのWA外国語チーム)
会  場:ココトモ(桐生市本町5-51 東武桐生ビル1階)
持  ち  物:飲み物、手拭タオル

※未就学児の参加は保護者同伴でお願い致します。

未就学児のお申し込みはこちら♪ 
 
小1~小6のお申し込みはこちら♪ 

 

 

10月20日 なりきり!お仕事体験「車の板金塗装」

みんなでデザインを考え、クルマ1台を好きな色でぬってみよう!
ドアのへこみやキズの修理も体験できるよ!!

日  時:10月20日(土) 9:00~12:00(受付8:40~8:50)※雨天決行
対  象:小学校1年生~小学校6年生
定  員:15名
参  加  費:500円
市民先生:(有)桜井ボデーのみなさん
会  場:(有)桜井ボデー(桐生市相生町3-537)
持  ち  物:★汚れてもいい、動きやすい服装と靴でご参加ください★ ・軍手・手ふきタオル・飲み物・筆記用具

※雨天決行です。
※安全に体験できるよう、車の塗装には水性絵の具を使用し、マスクとゴーグルを着用します。

♪お申し込みはこちら♪

 

 

10月27日 お米の学校「収穫祭」 

お米好き集合!!
みんなで作った黒保根のお米をおにぎりにしていただきます。
餅つきもやっちゃいますよ~ 

日  時:10月27日(日) 10:00~12:00(受付9:40~9:50)※雨天決行
対  象:【保護者同伴のプログラム】
     未就学児(4歳)~小学校6年生(12歳)
定  員:20名
参  加  費:300円(体験代、材料費含む)
市民先生:星野みどり先生(星定観光農園)
会  場:星定観光農園(桐生市黒保根町下田沢624)
持  ち  物:★汚れてもいい、動きやすい服装と靴でご参加ください★・エプロン・三角巾・手ふきタオル・持ち帰り用の容器(食べきれなかった場合・マスク・飲み物・筆記用具

※保護者同伴プログラムです。
※大人で食事を希望する方は、食材費として別途500円いただきます
※準備の都合上、当日申し込みはできません。

♪お申し込みはこちら♪

 

みなさんのご参加、お待ちしております!

 

Posted on 2018-09-24
【アフタースクール】「お米の学校 稲刈り」開催しました

9/16(日)に、黒保根で稲刈り体験をしてきました!

当初は15日に開催する予定でしたが、あいにくの雨。
一日延期しての開催となりました。
予報では、日曜日の天気はくもりマーク。
これは快適に作業できるとホッとしていましたが、
いや~思った以上にいいお天気になりました。

めっちゃめちゃ暑い!!
熱中症に気をつけて、がんばって刈っちゃいますよー

お米の学校ではおなじみの、遠藤先生にお世話になります。
よろしくお願いします!

まず、先生から稲刈りの仕方について教わります。
今回は稲刈り初心者がほとんど。
よく説明を聞いておこうね!

鎌で手を切ると、他の刃物でけがする以上に痛いこと、
稲は刈るよりも束ねる方が難しいことを教えてもらいました。

さあ、水分補給したら稲刈り始めるよー!

 

ぎこちない様子で鎌を持ち、田んぼに入っていく子どもたち。
一株刈るのに、最初は数回鎌を入れます。
何度か繰り返すうちにだんだんと上達して…
そのうちに、一回できれいに刈り取ることができるようになりました!!

やった~

うまく刈れるようになると楽しいようで、夢中になって作業していきます。
休憩も入れながらやっていこう!

 

稲穂でおおわれていた田んぼでしたが、少しづつ地面が見えるようになってきました。

Tくん:「ねえ、見て!貝がいるよ!!」
しのさん:「んっ、何?貝??」

水のない田んぼに貝とはどういうこと?と思って、
指さす方に目をやると…はい、いました。タニシです(笑)
いろんな生き物が生活する田んぼかー。
そんなことも思いつつ、稲刈りを続けます。

 

大人も子どもも汗だくになり、力を合わせての農作業。
家族で協力しながら作業をする姿は、見ていて心が温かくなります。
普段なかなかできないことを、いつも忙しくしているお父さんお母さんといっしょに体験する。
いい思い出になったかな?

 

今回の参加者は、田植えのときも来てくれていた子たちです。
ちょっと質問してみました。
「ねえ、田植えと稲刈り、どっちが大変?」
みんなの答えはひとつ。

「稲刈りー!!」

そうだよね、しのさんもそう思う(笑)
農作業の大変さ、お米がたべられることのありがたさ、みんなで協力することの大切さなどなど、
自分で体験するからこそわかることがあるよね。

稲でかゆくなりながら、汗をふきふき。
今年の稲刈りを終えました。
「はやくお米がたべたーい!」って、ちょっと気が早いかも。

 

10/27(土)は待ちに待った「収穫祭」です。
農作業した、しないに関係なく、おいしいお米をたべたい人は黒保根に集合!

来月、またお会いしましょう!

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL | No Comments »

 

1 / 1812345...10...最後 »