AFTER_SCHOOL

Posted on 2018-04-10
【アフタースクール】「親子でシアワセになるヨガ」を開催しました!

桐生では“お地蔵さま”で親しまれている日限地蔵尊・観音院さんで、
3/25(日)に親子ヨガを開催しました。

今回は「気持ちいい、心地いいを感じる」がテーマ。
市民先生はいつもお世話になっている「yoga studio ONE」のエリカ先生です。

この日は親子5組、12名の方が参加してくれました。
あいさつをしたら、ゆっくりとプログラムスタートです。

お母さんと向かい合い、ふれ合いながらのヨガ。
おでことおでこをくっつけます。
自然とほほえみがこぼれ、お寺の境内がやわらかく、あたたかな空気に包まれていきます。
次はうつ伏せにになり、やさしく背中を揺らします。
心地いいかどうか自分と相手に問いかけながら…

 

今回はリラックス系のヨガでいきましょうとエリカ先生と話していましたが、
急きょ予定変更。
先生の中で何かがピン!!ときたらしく、
子どもたちに大人気の「とび箱」と「トンネルくぐり」をすることに。
お母さんたちに「犬のポーズ」をとってもらい、その下をくぐっていきます。

全員が通過するまでポーズを保たなければならないので大変ですよー。
腕とかプルプルしちゃうかも(笑)

でもね、子どもたちはそんなことお構いなしです。
スイッチが入り、楽しくてしょうがないっていう感じ。
一気に場が盛り上がります。
これをきっかけに子どもたちはヨガに入り込めたようです。
その後もふれ合いを大切にしながら、
時おり腹筋を使うきついポーズも入れつつプログラムを終えました。

『気持ちいい、心地いいと感じることで幸せな気持ちになる。
それが周りに伝わり、他の人も幸せな気持ちになる。』
というエリカ先生の言葉がみんなの心に響き、やってみることで実感できたようです。

 

親子でシアワセになるヨガ。 
やさしい気持ちを広げていきたいですよね。

時おり聞こえてくる鐘の音。
豊かで、静かな時間が過ぎていきます。
おだやかな春のひととき、わたしのハートもポカポカになりました。

 

参加してくれたみなさん、ありがとうございました。
またここでお会いしましょうね!

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2018-03-23
【アフタースクール】「作って遊ぼう!竹とんぼ」を開催しました!

3/17(土)、桐生市総合福祉センターで「作って遊ぼう!竹とんぼ」を開催しました。

「国際竹とんぼ協会 群馬県本部 上州竹とんぼの会」の上岡義夫さん、中野力さんを講師として

お迎えしての開催です。

IMG_2960 左が中野さん 右が上岡さん

 

当日は、子どもたちとおじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さんも参加してくださいました。

初めは先生が竹とんぼの説明をしてくれます。

みなさん真剣に聞いています…

IMG_2954   IMG_2963

 

説明を聞いたら、順番にならんで道具を受け取ってさっそく竹とんぼ作りに取りかかります!

本格的な道具がたくさん。

削りかすが出るので、フリーペーパーを下敷きに。

竹を削って左右の羽のバランスを整えます。

これが結構難しい!!!

 

羽のバランスを整えられたら、次は竹を曲げる作業。

これは、一人づつ先生に持って行ってライターであぶってもらいます。

あぶったものを先生と一緒に両手でゆっくりひねると…

「くにゃっ!」

と竹が曲がります。

不思議な感覚です。

文章でこの感覚を伝えられないのが残念です…

IMG_2969  IMG_2967 

くにゃっ!!

 

曲げたらあとは竹ひごを通して接着剤で止めて固まるまでしばらく置いておきます。

 

 

 

「もう一つ作るよ~!子どもたち材料取りに来て~」

なんと、もう一つ作らせてもらえるみたいです!

 

その後、

「おとなの方~!材料取りに来て~!」

なんとなんと、おとなの分までありました!!

 

高学年で、できそうな子も、おとな用の材料にチャレンジしてもらいました。

竹をナイフで削るところから。

これもなかなか難しそう。

お母さんがハラハラしながらも見守ります。

IMG_2971 

おばあちゃんも取り組んでくださいました。

IMG_2968

 

思い思いに色付けをして、完成!

IMG_2976 こんなかわいい竹とんぼも!!

 

そしたら次はいよいよ飛ばしてみましょう!

 

的に入るかな?!

IMG_3381

これもなかなか難しい!

でも徐々に慣れて的に入れられるようになっていきました。

的に入った子には先生より風ぐるまのプレゼントがありました。

 

せっかくいいお天気なので、今度はグラウンドに出て飛ばしてみましょう!

少し風があるけど、のびのびできて子どもたちはとっても楽しそう。

竹とんぼが落ちた所が分かりにくくなってしまうのが難点でしたが、みんな自由に思い思いに飛ばします。

 

さて、練習が終わったところで、もう一つゲームです。

子どもたちに2チームに分かれてもらい、1番長い距離を飛ばせた子に先生特製ぐんまちゃん竹コプタープレゼント!!

IMG_2980 小さい子たちの部

IMG_2982 大きい子たちの部

IMG_2984 おとなの部も!!

 

最後は先生が競技用の竹とんぼでデモンストレーションを見せてくれました。

びゅーん!!と飛んで行って、おとなの目にはなにも見えません。

子どもたちはさすが見えているのか、落ちた先へダッシュ!

何メートル飛んだでしょうか。

さすが先生です。

IMG_3388 IMG_2986

 

今回は、竹とんぼの奥深さに驚きです!

みんな一生懸命作った竹とんぼ、お家でもたくさん遊んでくださいね!

IMG_3370

 

上州竹とんぼの会は、向井千秋記念子ども館他で活動していますので、ご興味あればそちらもぜひ参加してみてください。

上州竹とんぼの会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2018-03-04
【アフタースクール】「キズナを深める!! 親子で学ぶアンガーマネジメント」を開催しました!

2/24(土)にココトモで
「キズナを深める!!親子で学ぶアンガーマネジメント」を開催しました。
今回はアンガーマネジメントファシリテーターの齋藤由起子先生をお招きし、
「感情トレーニング」について学ぶという企画。
どんなことをするのかワクワクです!

まずは感情の再確認と再体験。
喜怒哀楽について、それを感じた時にどんな気持ちと表情になるのかを、
イラストを見ながら確認していきます。
丁寧に一つひとつ時間をかけ、子どもたちの気持ちをひろっていきます。

みんなで確認し共有できたら、
今度はテキストを使いその気持ちになった時のことを思い浮かべて感情を再体験していきます。

「怒ると頭はどうなるかな?」と先生が聞くと、「爆発しそう!!」と子どもたち。
「手がギューってなるよ」
「心臓がバクバクする」
「目が細くなってつり上がっちゃう」などなど、
体の変化をテキストのイラストに描き加えていくことにしました。

みんな真剣に色鉛筆を動かしています。
そーっとのぞき込むと、みんなの怒りに燃える絵が目に飛び込んできました。
おおっ、相当みなさんため込んでますね(笑)

ここで先生が、「ひとを傷つけない」「自分を傷つけない」「ものを壊さない」という
「怒るときのルール」を教えてくれました。
怒ることは決して悪いことではなく、
このルールを守りさえすれば怒ってもいいんだよというのがアンガーマネジメントのスタンス。

怒りの感情ってあまりいいイメージがなかったので、それを聞いてひと安心。
なんだか肩の力が抜けた感じです。
そして怒りを感じた時、その気持ちを和らげる方法をそれぞれで考えてみました。

「深呼吸する」
「手に力が入ったらその手をマッサージする」
「大丈夫、大丈夫と魔法の呪文をかける」などいろいろな対処法が出ました。

慣れないことをして、ちょっと疲れてきたかな~。
じゃあ、チョコレートとふうせんを使ったワークでリフレッシュしよう!!
チョコレートが出た瞬間、みんなの表情が一気に明るくなりました。

カラフルな色のついたチョコレートの袋を開けて、ひと粒だけ出してもらいます。
そしてテキストを使い、その色に合うお題にそって
もう一度自分の感情の再確認と対処の仕方についておさらいします。
あとは食べちゃっていいからねー。

チョコを食べて和んだら、ふうせん飛ばしをすることに。
ただふくらませるのではなく、
自分の中の嫌な気持ちや怒りの気持ちを一息ごとにふうせんに入れていきます。
あまりにも怒りの気持ちをため過ぎたのか、ふくらまし過ぎて割っちゃう子も!!
いろいろ大変だよね、心中お察しいたします。

で、大きくふくらませたら、
嫌な気持ちにさよならするという思いを込めてふうせんを飛ばしていきます。
もう、これが子どもたちに大ヒット!

とっても楽しかったようで、くり返しやってました。
しばらくするとある女の子が、
「最初はふうせんが割れそうなくらい嫌な気持ちが大きかったけど、今はしぼんだふうせんくらいになったよ。」と教えてくれました。
その言葉にグッときたわたし。

プログラム開始後、しばらくは硬い表情をしていましたが、
このときは柔らかな表情に変わっていました。
アンガーマネジメント開催してよかったー!

最後のふりかえりの時、保護者の方から
「子育て中に感じる不安や怒りの気持ちの原因が分かった」
「イライラした時の対処法が学べてよかった」
「子どもの気持ちがわかった」
「今後の子育てに活かしたい」と感想をいただきました。

 

今日学んだことが、親子の絆を深めるきっかけになってくれたならうれしいです。
ぜひ実践してみてくださいね!!
奥が深いアンガーマネジメント。来年度も開催したいと思っています。

齋藤先生、参加してくれたみなさま、今回も素晴らしい出会いに感謝です。ありがとうございました!

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2018-02-24
【アフタースクール】「イタリアンジェラート・ミラノで、プチ☆アイス屋さん体験」を開催しました!

2月3日(土)にイタリアンジェラート・ミラノで、プチ☆アイス屋さん体験を開催しました!
午前9時45分に店内へと受付に入ってきたこどもたちは、
みんなジェラートの入っているショーケースに釘付け!!
カラフルで美味しそうなジェラートを目の前に、
これから始まるお仕事体験に期待が高まっている様子です♪

はじめにキッズバレイスタッフ2名の紹介とスケジュール説明。
そして本日の先生、
イタリアンジェラート・ミラノの店長さん「依田 元(よだ はじめ)先生」からの自己紹介。
そこで本日みんなが作るジェラートをスタッフさんが見せてくださると、
子どもたちから思わず「わ~!!!」と歓声があがりました。

特製のワッフルカップに中に4種類ものまんまるジェラートが盛り付けられています。
本日用意してくださった20種類のジェラートから4種類の味を選べるそうです。
ますます子どもたちのワクワク♪は止まりません。

では、作業を始めましょう!
最初は、工場見学です。
ジェラートが並ぶショーケースの裏側へ…お店の奥へ入っていくと…
大きな冷凍庫や見慣れない機械が並んでいます。
工場内はとっても寒い?
と思いきや、そんなことはなく。快適に過ごせる室温でした。

ジェラートを作る機械を目の前に工程を学びます。
ジェラート・ミラノさんでの基本のジェラートの材料は、
〔牛乳・生クリーム・砂糖・スキムミルク〕の4つ。

それらを専用の機械に入れ、20分間混ぜ合わせると、
基本となるミルクジェラートが完成。
そこにチョコレートやいちごなどの果物を入れることによって、
様々な味のジェラートが作られていくそうです。

因みに、使用している牛乳は笠懸の牧場から毎日届くそうです。
美味しいジェラートの秘密はこの新鮮な牛乳も一役買っているのかも♪

続いては最初に見せていただいたワッフルカップ作りに挑戦!!
1人にひとつ自分でカップを作るのでここからは2チーム分かれての作業になります。

まずは最初にワッフルカップを作るチームの様子です。
特製の生地をワッフルメーカーに流し込み両面がしっかりと色づくまで焼きます。
年季の入ったワッフルメーカーで、ベテランスタッフさんが次々とワッフルを焼いてくださります。
その焼けたワッフルを熱いうちに形作る作業にみんなで挑戦です!

本来、お店に出しているものは三角コーンですが、
今日は円柱型にあてることでワッフルをカップに形作ります。
学年の小さな子から順番に熱さに気を付けながら真剣に取り組みます。

ワッフルが焼けてくる香ばしい香りが店内に広がって、もう一方のチームも気になる様子。
そのもう一方のチームは、何をしているかというと…
イタリアンジェラート・ミラノの新名物になるかも⁉
という期待を込めて、商品開発にチャレンジしてもらいました。

子どもたちが「あったらいいな♪」と思うジェラートの味や形、
こだわりなどを思い思いにシートに描いてもらいました。

チームの入れ替えがおわると待望のジェラートの盛り付け作業です!
20種類ものジェラートからなかなか4種類に決められない子どもたち。
それぞれどれも美味しそうで♪♪♪ 確かに悩みます…

2月はバレンタイン!ということで。
通常の【チーズケーキ】や【焼いも】のジェラートのなかに
チョコチップが加えられたフレーバーなど、
チョコレートたっぷりの盛り付けもできちゃいます。

先生にサポートしてもらいながら、楽しそうに盛り付けをする子どもたち。
そして、盛りつけたジェラートを食べているときの、
みんなの笑顔(^^♪)から、おいしさが伝わってきますね!

最後に「ふりかえり」でイベントの感想と、お礼を先生に伝えて。
無事に終了!…と言う予定だったのですが、
なんと!先生からのご厚意でレギュラーカップのジェラートのおみやげ付き♪

イタリアンジェラート・ミラノの皆様、ご指導とご支援、本当にありがとうございました。
実際の工場、実際の店内でお仕事の体験をさせて頂き、
子どもたちにとって、「仕事」をより身近に体感できたように思います。

 

Posted on 2018-02-22
パパのBAプレゼンツ!アフタースクール「凧あげ&上毛カルタ大会」

2018年2月21日(土)

凧あげ&上毛カルタ大会が開催され、8組の親子の参加がありました。

今回は、パパのBAが企画したため、メンバーは朝から準備に張り切っていました。

午前の部は、cocotomoで「せんちゃん」こと石田進一先生(日本凧の会)から凧があがる仕組みや作り方を分かりやすく教えてもらい、

凧揚げ①

 

そこでできた凧を持って新川公園にでかけました。新川公園では、すこし肌寒く感じましたが、ほどよい風が吹き、天気も良く、凧あげには最高のコンディションでした。せんちゃんからは、凧をあげる時は「走ってはダメ!前に少しずつ進んでいくのがコツ」とアドバイスを受け、子どもだけでなく、一緒に参加したパパママも子どもにかえって楽しみました。

凧揚げ②

お昼は、cocotomoで昼食。パパのBA企画ということもあり、パパの参加が多く、中には、手作りした弁当を子どもが残さず食べてくれるのか不安に感じながら見ているパパもいました。

凧揚げ③

午後の部は、そのままcocotomoで上毛カルタ大会を開催、パパのBAメンバーが進行しました。9名の子どもを3人ずつABCの3チームに分け、総当たり戦で勝敗を競いました。3チームあると毎回1チーム勝負ができないので、1組大人チームを作り、同時に2試合行いました。優勝チームは、たくさんのお菓子がもらえるとあり、みんな真剣。

凧揚げ④

凧揚げ⑤

大人が子どもに負ける場面が何度もありました。

3チームともなるべく同じレベルにしたため、僅差で勝負が決まった試合もありました。

優勝は、Aチーム。3戦全勝で圧倒的強さでした。

試合を通して喜ぶ子、悔しがる子、全然表情が変わらない子など様々でしたが、試合中は、どの子も集中力を発揮し、チームで協力し、声をかけ合っていました。その姿から「上毛カルタってやっぱり群馬県民にはなくてはならないもの」だと感じました。

「上毛カルタ婚活?」

なんて企画も面白いかも。結構盛り上がったりして。パパのBAで婚活企画どうですか?

パパのBAメンバーは、来年も同じ企画を立てたいと言っていました。今回のような企画が続いていけば凧あげや上毛カルタに興味を持つ子が増え、昔からの遊びが見直されるかもしれませんね。

みなさん、お家で眠っている上毛カルタはありませんか?もしあったら是非、お子さんと遊んでみてください。楽しい時間が過ごせること、間違いなしです!! 

 

Posted on 2018-01-30
【アフタースクール】「スーパー雪あそび2018」を開催しました!

川場村に一泊二日で雪あそびに行ってきました!
毎年大人気のプログラムで、今回もあっという間に満員御礼。
ありがたいことです!!

今年も「NPO法人あるきんぐ・ネイチャーセンター山の家」の
ようちゃんとなおちゃんにお世話になりました。
ようちゃんは子どもたちを楽しませる達人です。
一度遊びに行ったらファンになっちゃいます。

1/20(土)の朝、新桐生駅に集合。
みんな大きな荷物をかかえてやってきます。
ワクワクする気持ちもバッグの中身もパンパンだね。
お父さんお母さんに手をふりながら、バスは川場村に向けて出発。
いよいよ冒険のはじまりです!!

途中ちょっと道が混んでいたけど、ほぼ予定どおりに到着しました。
「山の家」では、看板娘のくまこがみんなを迎えてくれました。
(くまこは目のきれいな、子どもをこよなく愛するおりこうな犬です)

思ったほど雪はないけど、とりあえずそり遊びはできるということでひと安心。
ようちゃんが事前にそりすべり用コースを作ってくれていたので、安全に楽しく遊べます。
さあ、着がえたら雪あそびだ!!

ひたすらスコップで穴を掘る子。
ひとつのそりにてんこ盛りになってすべっていく子どもたち。
自分たちで考えて改良を重ね、素敵なかまくらを完成させるグループなどなど。
みんな思い思いに雪あそびを満喫しています。

スタッフも子どもたちといっしょになって雪あそび。
そりですべるなんて何年ぶりだろう?
これ、はまっちゃうね!たのしーーい!!


夕方まで思う存分あそび、「山の家」に帰ったらお風呂タイムです。
お腹がすいたけど、サッパリしてからごはんにしようね。
食事の準備を手伝ってくれた有志にお礼を言い、手を合わせていただきまーす!
今晩は親子丼です。
ようちゃんの奥さんのなおちゃんが作ってくれました。
やっぱりみんなで食べるとおいしいね!

食事のあとは、ゆるゆるとだんらんタイム。
パズルをする子、本を読む子、ボードゲームをする子と、
寝る時間になるまでのんびりと過ごします。

子どもたちに人気だったのが「上毛かるた」。
女子も男子も好きだね、これ。
久しぶりにやったけど、全然子どもたちに歯が立ちませんでした。残念!

おおっと、気がつけば就寝時間じゃないですか。
今日はここまでだね。おやすみなさい…

親元を離れての宿泊が初めてで、なかなか寝つかれなかった子もいましたが、
みんな朝から元気いっぱい。
ヒツジさんとくまこに、朝ごはんをあげるお手伝いをしてくれました。
寒い中ありがとうね!
思いっきり遊べるよう、みんなもしっかりとごはんを食べておこう。
食事がすんだら雪あそびの再開です。

今日はアイスづくりに挑戦します。
作り方は簡単。容器にジュースを入れて密封。
それをビニール袋に移し、雪と塩で袋をいっぱいにします。
中身が出ないように袋をしばり、最後にタオルをかぶせてテープでぐるぐる巻きにしたら、
あとは転がすだけ。だけって…いやいやこれ、かなり重いんですけど。

20分転がせるかな??うぅ、おいしいアイスを食べるためにがんばります!!
休憩しながら転がし、4個中3個は無事にアイスになりました。よかった~
その中でもオレンジジュースでつくったシャーベットが一番人気でした。

お昼まで遊び、カレーライスを食べたらもう帰る時間です。
楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。
最後、迎えのバスがきてくれるところまで、くまこといっしょに歩いていくことになりました。
名残惜しいですが、ここでお別れです。
ようちゃん、なおちゃん、くまこ、ありがとうございました!!
またあそびに来るね!

子どもたちは、ケンカをしたりみんなといっしょに笑い転げたりしながら、
ここでしかできないことをたくさん体験しました。

私たちスタッフも、子どもたちと過ごすことでたくさんの学びと気づきがありました。
いろいろなドラマが生まれる宿泊プログラム。また来年も開催したいです。

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2018-01-29
【アフタースクール】「明日からクラスの人気者!マジシャンになろう!」を開催しました!

1/13(土)に、ココトモで「明日からクラスの人気者!マジシャンになろう!」を開催しました。
マジシャンになりたい、たくさんの子どもたちが参加してくれましたよ~

市民先生は「桐生マジック」のキララさんとナッキー。
アッと驚くようなマジックで、子どもだけでなく、大人も夢中にさせちゃうお二人です。

先生を紹介する前の時間つなぎで、ナッキーがコインマジックをやってくれました。
みんな真剣になって見ています。
近すぎるとネタがばれてしまうので(笑)それ以上前には出ないでねー!

規制線をはってからのプログラムスタート。
先生によるマジックショーです!
軽快な音楽とともにナッキーがテーブルを空中浮遊させ、
キララさんがロープマジックを披露。
おもしろーい!!この昭和な感じがたまりません。

つかみはOK!ということで、今度は先生にマジックを教わることに。
今日は出血大サービスで
「トランプマジック」
「一瞬で色が変わるヒモ」
「割りばし磁石」
「バンダナを使った消えるおはじき」
と、4つもマジックを教えてもらえることになりました。
気合を入れていきましょう!

中でも子どもたちに人気だったのが「バンダナを使った消えるおはじき」。
バンダナを広げて真ん中におはじきを置き、そのおはじきを包むようにしてバンダナの四方を真ん中に向けて折りたたみます。
ここでおまじないをかけてバンダナを広げると、あら不思議!?
今まであったおはじきが消えてしまうというマジックです。

小さな子にはちょっと難しかったようですが、何度か練習するうちにできるようになりました。
ネタをバラしちゃうと桐生マジックさんがやりにくくなるかな(笑) 
興味のある方は、またプログラムに参加してみてください。

しのさん的には「わりばし磁石」がいちばん面白かったなー。
その名のとおり、木のわりばしが磁石になっちゃうんです。
なんででしょーか?

やり方をマスターしたので、他のプログラムで時間が空いてしまったときにでもやってみよう。
気になる人はアフタースクールのプログラムに参加して、しのさんに声をかけてください。

子どもたちの表情にたくさんの変化が見られたプログラム。
念願かなってマジシャンの仲間入りができました。
「楽しかったのでまた参加したい」
「たくさん練習して家族やお友達に見せたい」という感想が多くありました。

楽しんでもらえて何よりです。
先生、参加してくれたみんなありがとうございました!
 

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2018-01-29
【アフタースクール】Let`s Use English ハワイのカフェでクリスマスPARTYを開催しました!

昨年に引き続きクリスマスの英語イベントを12月17日(日)にHawaiian Cafe&Bar「 ラウレア」さん共催のもと開催しました
今年も満員御礼・大人気のプログラムとなりました♪

IMG_1131  IMG_1132

ハワイについて基礎知識を知ったあとに実際に英語で飲み物を注文する練習です

フレーズを学び、何度も練習しました

IMG_1175  IMG_1136

本番です!

店員役さんはエプロンをしてお客さん役が英語で注文をします

IMG_1134  IMG_1176

それぞれ自分で注文したジュースとともにパンケーキをいただきました

IMG_1137

その後は手話をしながら英語での歌の練習です

IMG_1140 

英語版「きよしこの夜」を手話とともにお迎えに来て下さった保護者の皆様の前で発表をしました♪

短時間でしたが素敵な発表ができました

IMG_1144

最後に今日の感想を書いて終了です。

IMG_1146

次回は4月22日(日)にイースターの英語イベントを開催予定です。

これからも楽しく英語を身近に感じられるようなプログラムを開催していきたいと思います

皆様のご参加を心よりお待ちしております

 

Posted on 2017-12-19
【アフタースクール】「お米の学校/収穫祭」を開催しました!

12/17(日)に「米粉と野菜のケーキづくり」を開催しました。
お米の学校最終回は、子どもたちに大人気のスイーツ作り。
たくさんの方にご応募いただきました。

今回は市民先生として「キッチンMVR」の粕川美智子先生をお招きしました。
先生は料理の腕はピカイチ、野菜のことなら何でも知ってる野菜ソムリエです。

エプロンと三角巾をつけ、いよいよプログラムのスタートです!

今日はフライパンでケーキを焼いた後、ホイップクリームでデコレーション。
そこに紫いもとニンジンのグラッセ、
じゃがいもとごぼうを素揚げした野菜チップスをトッピングします。
どんなケーキができあがるのか楽しみだね。
はりきっていきましょう!!

まずは卵を割ってボウルに入れ、砂糖とよく混ぜ合わせます。
ここで早くも試練が!!
卵が硬くてなかなか割れず苦戦しております。がんばれー!

20171217(3) - コピー 20171217(2) - コピー

そこへ油を少しずつ入れながらまぜまぜ。
手がつかれたら交代してみんなでやっていこうね。
米粉を入れてさらにかき混ぜていきます。

よく混ぜたらフライパンに流し込むのですが、
思った以上に生地が重くなかなかフライパンに入っていきません。
ボウルを持つ子、へらを使って流し込む子と連係プレーで対応。
最後はお母さんに手伝ってもらい、無事フライパンにおさまりました。

ふたをして弱火で焼くこと約30分。
待つ時間というのは長いですね。
子どもたちはフライパンの中が見たくてソワソワ。
もうちょっとのガマンです。

「ピッ、ピッ、ピッ、ポ~ン」はーい時間です、ふたを開けてもいいよー!
待ちに待ったご対面!!
ふたを開けるとココアの甘い香りが部屋中に広がります。
うう、はやく食べたい!!

20171217(7) - コピー 20171217(9) - コピー

でも、熱いままだとホイップクリームがのせられないので、
はやる気持ちを抑えつつ冷めるまで待つことに…うーん、道のりは長い。

この間にトッピングの野菜チップスをつくっちゃいましょう。
ごぼうをスライサーで薄切りにしていきます。
子どもたちは一列に並び、順番でスライスしていきます。
手を切らないように気をつけてね!

その後洗い物をし、テーブルをセッティング。
サンタのかわいい紙皿に、ニンジンと紫いものグラッセを盛りつけます。
先生がリンゴとニンジンでスムージーも作ってくれました。
色鮮やかでとてもキレイです。

ケーキが冷めたので、4等分に切り分けてデコレーションしていきます。
この作業がいちばん楽しいようで、みんな真剣。
それぞれにステキなケーキが完成しました。

20171217(10) - コピー 20171217(14) - コピー

先生に野菜についてのお話を聞きながらの試食タイム。
「スイカは野菜なの?くだものなの?」
「紫いもはどこでとれるの?」などなど、質問もたくさんしてました。

お米の粉でケーキが作れるということを初めて知って、
驚いているお子さんもいました。
そうだよね、お米といえばごはんとして食べるものっていうイメージが強いよね。

子どもたちにゴボウチップスが人気だったのは意外だったなー。
とてもおいしかったようで、あっという間に食べ終わっちゃいました。

「また参加したい」
「家でも作ってみたい」
「とても楽しかった!」という感想をいただきました。

20171217(17) - コピー 20171217 - コピー

お菓子作りをしながらお米や野菜について学べちゃうという贅沢なプログラム。
また来年度も開催する予定なので、よかったら参加してみてね!
先生、参加してくれたみなさん、ありがとうございました!!

 

Posted on 2017-11-27
【アフタースクール】「動物園で写そう!子ども写真教室」を開催しました!

11/26(日)に子ども写真教室を開催しました。
お天気にもめぐまれ、写真撮影にはもってこいの日でした。

朝9時すぎに、桐生が岡動物園の北門に集合。みんな元気いっぱいです。
今回は桐生を代表する写真家の齋藤利江先生をお招きしました。

先生よろしくおねがいします!
あいさつをすませたら撮影会のスタートです。
今日は動物園をぐるっとまわって、気に入ったものを写真におさめることにしました。
みんな思い思いに写真を撮っていきます。

ちょうどよくポーズをとってくれたライオン。
シャッターチャンスは逃しませんよ!みんな駆けよりパチリ!!
ステキな1枚が撮れました。

「動物はさ、動いちゃうから撮るのがむずかしんだよね」といいつつ、
慣れた手つきでカメラを使う子どもたち。イマドキの子ってスゴイな~。
わたしよりカメラについてよく知っているし、使い方もマスターしてます(笑)
こっちが先生に教わった方がいいみたい。

「もう50枚も撮っちゃった!」
「みて!うまく撮れたでしょ!!」
みんな撮影会を楽しんでいます。

今回は写真をうまく撮る方法にこだわるのではなく、
写真を撮ることの楽しさにポイントをおきました。
なので、先生も子どもたちも自由に、
自分にしか撮ることのできない写真をカメラにおさめていきます。

「あー、これはよく撮れたね!とってもいいよ」先生にほめられて、うれしそうな子どもたち。
あっという間に時間がたってしまいました。

撮影会のあとは、場所をココトモに移しての鑑賞会。
自分で選んだベストショットをその場でプリントアウトし、記念の1枚としておみやげにしました。

「さあ、みんなの撮った写真をみせて!」と先生。
子どもたちの撮った写真を一人ひとりみていき、アドバイスをしてくれました。
みんなよかったねー。

最後に参加者全員で記念撮影。
「楽しかった」「ほめられてうれしかった」「また参加したい」
と感想をくれた子どもたち。
今日は遊びにきてくれてありがとう!!
先生、お世話になりました!

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

1 / 1412345...10...最後 »