AFTER_SCHOOL

Posted on 2020-03-04
【きりゅうアフタースクール】お仕事体験「ジェラート屋さん」を開催しました!

2月8日(土)、今年も開催しました、お仕事体験「ジェラート屋さん」
毎年大人気のこの企画。
今年はなんと募集開始からおよそ数時間で定員に達してしまいました。
以前参加して今年の開催を心待ちにしていた子ども達にはごめんなさい!
また来年も企画あると思うので待っててね。

体験当日は2月とは思えないぽかぽか陽気。
絶好のジェラート屋さん日和となりました。
会場は桐生のジェラートといえばこちら「イタリアンジェラートミラノ」さん
講師の依田店長が今年も暖かい笑顔で15名の子ども達を迎えてくださいました。

色とりどりのジェラートを目の前に興奮気味の子ども達でしたが、
まずは普段は立ち入ることのできない調理場の見学からスタート。
初めて見るアイスクリーム専用の機械に興味津々。

調理場見学を終え、本日の手順の説明の後は、いよいよアイスをのせるワッフルコーン作りに挑戦です。
ひとり2個ずつ作ります。
1個目はゆっくりと慎重に、そして2個目は1個目より大きなコーンを作るべくちょっと大胆に。
焼きあがったコーンのあま~い香りに誘われ思わずジェラートをのせずに、そのままパクリといってしまいたくなるけど、
そこは我慢我慢。
ジェラートが溶けないようにコーンが冷めるのをしばし待ちます。

ワッフルコーンを冷ましている間は、みんなで「あったらいいな♪こんなアイス」を考えました。

みんな真剣。
そしてどんどん思いつく夢のアイス。
紙1枚では足りず、裏にも書いて、それでも足りず2枚目を書き始め、
ついに紙がなくなりお店でもらったカレンダーの裏紙にまで書き始める子まで。

こんなにたくさんのあったらいいなができました。
依田さんがこの絵を店内に飾ってくださるそうです。
いつか食べてみたいねこんなアイス。

さて、夢のアイスのあとはいよいよお待ちかねの本物のジェラート選び
ひとり3種類ずつ選んで自分で作ったコーンにのせていきます。
3種類ものせていいの?と大喜びの子ども達。
でもたくさんのジェラートをみて今度はどれにしようかと悩んでしまう。
結局同じチョコレート味を3つのせちゃう子もいたりして。
それぞれお気に入りのジェラートを選ぶことができました。

3つもジェラート食べて、あぁお腹いっぱい。
これで終わりですねと思いきや、そうだそういえばもう1つみんなコーンを作ってました。
さすがにもう1個をその場で食べられないのでそれはお持ち帰りですが、
ミラノさんは持ち帰りコーン用にジェラートのお土産を用意してくださいました。

作って食べて楽しくて、お土産までつく大満足のお仕事体験でした。

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2020-01-27
【きりゅうアフタースクール】「冬を楽しもう!雪あそび2020」を開催しました!

1/18、19に1泊2日の雪遊びプログラムを開催しました。

  
すでに恒例となったこの企画。
川場村の自然を五感で味わいつくす豪快な内容となってます。
でも、今年は川場にも雪がほとんどない状態で…
これじゃ、雪あそびにならないかも!! 
と本気で焦りましたが、みんなの祈りが通じたんでしょうね、そり遊びができる場所が見つかりました! 
ほんっっと、よかった~

今回も、あるきんぐクラブのようちゃんとなおちゃんにお世話になることに。
よろしくお願いしまーす!

 

首の後ろに白い富士山マークのある犬「ふじこ」と、
かわいいニワトリ3羽が新しく仲間に加わり、
にぎやかになったあるきんぐクラブ
動物とのふれ合いも楽しめそう♪

ワクワクした気持ちでバスに乗り込み、新桐生駅を出発! 
川場村に向かいます。
いつもなら、雪が多くて山の家までバスでは行けないんだけど、今年は横づけ(笑)
 
到着してビックリ! 
いつもそり遊びを楽しんでいる場所が茶色。あらら…
ということで雪をもとめ、沼田市と川場村にまたがる「21世紀の森」に移動することにしました。
山の家から車を走らせること25分。
さっきまでの茶色の世界が一変、あたり一面真っ白です。

さあ、雪あそびだ!
そりを担いで山の斜面を登っていく子どもたち。
たくましいねー ひゃっほー♪
これですよこれ、1年ぶりのこの感覚。
そり遊びはやっぱ楽しい!!

そりをスノーボードの代わりにしてすべる子、
ひたすら雪を集める子、
動物の足跡をどこまでも追う子
と、みんな桐生ではできない体験を満喫している様子。

 
 
 

のど渇いたのかな? 雪、食べてるし(笑)
たくさん遊んでお腹がへってきたから、今日はそろそろ終わりにしませんか-。

晩ごはんは何かな?
山の家に帰ったらまずはお風呂。
とりあえず、さっぱりしましょ。       
キッチンでは、なおちゃんがごはん作りに大忙し。
みんなでお手伝いします。
今晩は「親子丼」。うふふ、おいしそう。
手は洗ったかな? 
では、いただきまーす!
お腹がすいたとみえて、食べる食べる(笑)

 
 

夕食後は全員で、明日の作戦会議。
雪あそびとスモア(※たき火で焼いたマシュマロをクラッカーではさんだおやつ)、焼き芋もやりたいとのこと。
盛りだくさん過ぎません?? 半日でできるかな?

気がつけば21時。
みなさーん、消灯時間でーす!
って、すぐに寝るわけないか。
泊りだもん、ここからまた盛り上がるんだよね。
男子は土曜日のうちに夢の中へ。
女子は日付をまたいで楽しんでました。

 

2日目は、青空が広がる気持ちのいいお天気。


さあ、おもいっきり遊ぶぞー!

久しぶりにつくった大きな雪だるま。
おもーい!動かないよ~
雪に慣れてきて、そりすべりが上手になった子どもたち。
いい表情してます。

 
   
  

楽しい時間はあっという間に過ぎていき、そろそろ山の家に戻る時間。
つぎはスモアと焼き芋が待ってるよー
ほんとは2日間にわけてやろうと思っていたおやつ作り。
雪不足の影響で時間に余裕がなくなり、子どもたちの火おこし体験ができなくなってしまったのが残念です。
またの機会に挑戦しようね!
焼き芋は、ちょっと焼きすぎた感があるけど、ねっとりと甘みのある焼きあがり。
熱くてなかなか火に近寄れず、マシュマロを焼くのに一苦労したスモア。

 
 

どちらもおいしくいただき、ようちゃんたちとの別れを惜しみつつ川場村を後にしました。

みなさんのおかげで、ケガもなく無事に桐生に到着。
お疲れさまでした!
年はじめのいい思い出になったかな? 



ご参加いただき、ありがとうございました。

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2019-12-20
【きりゅうアフタースクール】「不思議な響きを楽しもう!~マトリョミン~」を開催しました

12月1日(日)、「不思議な響きを楽しもう!~マトリョミン~」を開催しました♪

いや、そもそもマトリョミンって、一体何だろう??
って不思議に思いますよね。

実は…
マトリョミンとは、「マトリョーシカ」+「テルミン」!!
マトリョーシカ人形の中に電子機器が隠れていて、その人形に手をかざすとなんとも不思議な響きが聴こえてきます。

参加してくれたみんな、「初めて見た!」って言っていたね。

さて、そんなマトリョミンを教えてくださる市民先生は、山口優美子先生です!

一緒に演奏してくださる皆さんも勢ぞろい。
先生方、どうぞよろしくお願いします!

まずは、『大きな古時計』の模範演奏です。
マトリョミンに手を近づけたり離したりすると、メロディーが聴こえてきます。
優しい響きに、みんなうっとり。。

素敵な演奏を聴いた後は、マトリョミンの成り立ちを学びます。
ロシアの民芸品「マトリョーシカ」とロシアの楽器「テルミン」が、
日本で出会った~~!
そう、実はマトリョミンは、ロシアの文化がここ日本で融合した新しい楽器なのです♪

そして、マトリョミンの合奏です♪
アラジンの「ホール・ニュー・ワールド」。
何台もの優しい響きが重なり、広がっていきます。

さあ!それでは実際に鳴らしてみよう!!
音は簡単になるけど、音程をとるのはなかなか難しいね。。

順番を待っているときも、休憩するときも、マトリョーシカ♪
 
先生と、おうちの人と一緒に練習するよ♪

実は、意外と大人の方が真剣に習っていたりして…(^^)

時間内に一曲を仕上げるのは難しかったですが、
みんな不思議な響きを存分に楽しむことができました♪

参加してくれた皆さん、
山口優美子先生、
本当にありがとうございました!!

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2019-11-17
【きりゅうアフタースクール】12月開催プログラムのご案内

こんにちは。きりゅうアフタースクールです♪
気温が低くなり、だんだんと足元が冷えてくる時期となりましたね。。
寒い冬にほっこりできる、12月開催のプログラムのご案内をお送りいたします。
参加希望の場合は各プログラムの申込フォームからお申し込みくださいね。

——————————————————————————————–
不思議な響きを楽しもう!~マトリョミン~
——————————————————————————————–
『テルミン』+『マトリョーシカ』=マトリョミン!!
どんな音がするのかな?不思議な響きとかわいい見た目を、一緒に体験してみよう♪

【日 時】12/1(日) AM10:00~12:00(受付9:45~)
【対 象】年長児(5歳)~小学校6年生(12歳) ※保護者同伴
【定 員】15人
【参加費】500円
【会 場】桐生市市民文化会館リハーサル室1
【市民先生】山口優美子先生(le jardin des matryomin)
【持ち物】筆記用具・飲み物
※保護者同伴プログラムとなります

★お申込みはこちら★

本当にかわいらしくてめずらしい楽器です♪
なかなか触れる機会もないかと思うので、ぜひ親子で体験してみてくださいね!
みなさんのご参加、お待ちしています(^^)

※もう少ししたら、冬の大人気企画「雪あそび」のご案内をお届けいたします。お楽しみに!!

 

Posted on 2019-10-27
【きりゅうアフタースクール】11月開催プログラムのご案内

こんにちは。きりゅうアフタースクールです♪
日が落ちるのも早くなり、いよいよ今年も残り約2ヶ月となりましたね。
秋の気分を盛り上げる、11月開催のプログラムのご案内をお送りいたします。
参加希望の場合は各プログラムの申込フォームからお申し込みくださいね。

———————————————-
お米の学校2019「収穫祭」
———————————————-
待ちに待った「収穫祭」!
みんなで育てたお米を、おにぎりにしていただきます♪ 
大人気の餅つきもやっちゃいますよー! 

【日 時】11/10(日) 10:00~12:00(受付9:45~)※雨天決行
【対 象】未就学児(4歳)~小学校6年生(12歳)※保護者同伴のプログラム
【定 員】15人
【参加費】600円(体験代、材料費含む)
【会 場】のうえん「めぐり屋」桐生市黒保根町宿廻651-3
【市民先生】梶山忠裕先生(めぐり屋)、桜井細香先生(和や)
【持ち物】・エプロン・三角巾・手ふきタオル・飲み物・筆記用具・持ち帰り用の容器(食べきれなかった場合)・マイ箸、カップ、皿など(食事の際に使用)

※保護者で食事を希望する方は、フォームから申込できるように設定をお願いします。(㊟準備の都合上、当日の申し込み、キャンセルはできません)  
▼お申込みはコチラ▼

 

 

———————————————-
つくろう!つかおう!!自分だけのキャンプアイテム
———————————————-
雨にも強い火おこしの道具〈ファイヤースターター〉を作ってみよう!
火おこしにも挑戦だ!!めざせ、アウトドアの達人☆

【日 時】11/17(日) 10:00~12:00(受付9:45~)※雨天決行
【対 象】年長(6歳)~小学校6年生(12歳)
【定 員】親子12組 
【参加費】子ども1人500円(体験代、材料費含む)
【会 場】桐生市青少年野外活動センター(桐生市梅田町5-7423)
【市民先生】上久保匡人先生(AZMBASE/Priret)
【持ち物】《汚れてもいい、動きやすい服装と靴でご参加ください》・手ふきタオル・飲み物・筆記用具・スリッパもしくは上履き(室内で使用)・防寒対策(※野外での活動もあります。各自、寒さ対策をお願いします)

※保護者同伴のプログラムです。お子さんと一緒にご参加ください。
※兄弟参加OKです!申し込みフォームに参加を希望される方全員のお名前を入力してください。

▼お申込みはコチラ▼

 

 

アウトドア感満載の充実のプログラムです!
ぜひご家族でお越しくださいね♪
みなさんのご参加、お待ちしています(^^)

 

Posted on 2019-10-08
【きりゅうアフタースクール】お米の学校2019「稲刈り体験」を開催しました!

9/28(土)に「稲刈り体験」を開催しました。
予報どおり、雲多めの天気。まさに稲刈り日和です!

今回も息がピッタリ合う、めぐり屋さん和や(なごみや)さんのおふたりにご指導いただきました。

 

まずは稲穂についてのお話から。
稲穂のお米をきちんととっておけば、来年の春の種まきに使えること。
それが苗になり、またお米がとれることを学びました。

「稲穂には、いくつお米がついていると思う?」
という先生のひとことから、みんなで数えることに。
これほど時間をかけてお米を観察したのは初めての経験です。
もみ殻から玄米をとりだしてみました。
みんながいつも食べるお米とおなじかな?

和や(なごみや)さんが絵本を読んでくれました。
みんなの気持ちが盛りあがったところで、稲刈りのスタートです!

 

田んぼまでは、虫取りタイム。
トンボやチョウ、テントウムシに夢中の子どもたち。
しっかり虫かご持参の参加者もいたりして(笑)

 

田んぼは黄金色に輝き、正しい日本の秋の風景って感じです。
今回は、未就学児もカマを持ち手刈りをすることにしました。
ケガしないように気をつけながら刈っていこうね!

 
 

最初はカマを持つのもぎこちない様子の子どもたちが、
何度かやっているうちに慣れてきて、
「サクッ、サクッ」という、稲を刈るときの感触を楽しめるようになる子もいました。
これが気持ちいいんだよね~。
稲を刈るペースがあがり、大人は※はぜ掛けに大忙し!
(※はぜ掛け…束ねた稲を竹などの支柱に干していくこと)

 

 

 

稲刈り体験を終えたら、お昼ごはんの材料になる野菜を収穫します。
長ネギ、ニンジン、里芋をアルミホイルに包んでピザ窯で焼いていきます。
ちなみにピザも作って焼きました(笑)

ネギを真っ直ぐに抜くのが難しくて苦戦する子、
採れた里芋の大きさに驚く子と、
どろんこになりながらの農作業を楽しみました。

 

 

 

今回も盛りだくさんなお昼ごはんで、子どもも大人も大満足!! 
黒保根の豊かな自然で育った野菜とお米をパクパクいただいちゃいます。

いい汗をかいた後のごはんは、なんておいしいんだろう! 
おかわりしちゃおう♪

 

 

お天気にも恵まれ、ケガもなく無事にプログラムを終了することができ、ホッとしています。
先生をはじめ、サポートして下さったスタッフの方たち、
そして参加してくれたみなさん、
ありがとうございました! 

 

 

 

「お米の学校2019」も折り返し地点。
次回は10/27(日)に「せんべい焼き体験」を開催する予定です。
楽しく学び、ココロとカラダが喜ぶ体験プログラム。
よかったらまた、ご参加くださいね!

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2019-09-29
【きりゅうアフタースクール】10月プログラムのご案内

こんにちは。きりゅうアフタースクールです♪
朝晩の気温がグッと下がってきて、いよいよ本格的な秋到来ですね。
10月開催のプログラムのご案内です。
参加希望の場合は各プログラムの申込フォームからお申し込みくださいね。

———————————————-
みんなの音をひびかせよう! 
———————————————-
今回のアフタースクールは連続講座!
プロのピアニストの先生に教わりながら、みんなで協力してひとつの舞台を作り上げるよ♪

【日 時】①~⑥10:00~12:00、⑦10:00~15:00   
 ①10/ 5(土)みんなで音を楽しもう!   
 ②10/19(土)ハーモニーって、どういうこと?   
 ③11/ 2(土)自分のパートをうたってみよう!   
 ④11/16(土)音楽の表現の仕方を学ぼう!   
 ⑤11/30(土)歌に合わせて身体を動かそう   
 ⑥12/ 7(土)舞台の裏側を知ろう   
 ⑦12/15(日)歌って踊って表現しよう≪発表日≫
【対 象】未就学児(5歳)~小学校6年生(12歳)
【定 員】15人
【参加費】3,500円
【会 場】①~⑥桐生市市民文化会館音楽練習室、⑦桐生市市民文化会館 小ホール
【市民先生】江原葵先生(ピアニスト/ピアノ講師)
【持ち物】筆記用具・飲み物 ※未就学児の練習は保護者同伴となります。
※原則として練習も全日程ご参加頂く事をお願いしておりますが、2回まで欠席可能です。(ただし、12/7最終練習・12/15午前中リハーサルは欠席不可)
※お申込み締切は9/30(月)となっております。
▼お申込みはコチラ▼

 

———————————————-
SMALL START CAMP!!
———————————————-
~学校では出来ない 新しいものづくり~
(※SMALL START CAMP!!特設サイト)
小さな思いやアイディアを、仲間と協力してカタチにすれば 世界を変える新商品を作れる!
“あったらいいな”という思いから 新商品をつくっていく2日間。
それがSMALL START CAMP!

【日 時】10/19(土)、20(日)   
 ①1日目10:00〜19:00(小学生17:00終了)   
 ②2日目10:00〜17:00
【会 場】コワーキング&コミュニティスペースCOCOTOMO(桐生市本町5丁目51東武桐生ビル1階)
【対象/定員/参加費】  
[小学生]
 対 象:小学5年生~6年生       
 定 員:15名       
 参加費: 6,000円(昼食持参)  
[中高生]
 対 象:中学1年生~高校3年生       
 定 員:20名       
 参加費:10,000円(昼食持参)

※どちらの地域の方も参加いただけます。
▼お申込みはコチラ▼

 

———————————————-
お米の学校2019「おせんべい焼き体験」
———————————————-
七輪(しちりん)でおせんべいを焼いてみよう!
焼きたてのおせんべいはどんな味がするかな?

【日 時】10/27(日)13:00~15:00 (受付12:50~) ※雨天決行
【対 象】未就学児(4歳)~小学校6年生(12歳)※未就学児は保護者同伴
【定 員】15人
【参加費】600円(体験代、材料費含む)
【会 場】桐生市青少年野外活動センター(桐生市梅田町5-7423)
【市民先生】山根久男先生(新浜せんべい)
【持ち物】《汚れてもいい、動きやすい服装と靴でご参加ください》・手ふきタオル・軍手・飲み物・筆記用具

※未就学児のみ保護者同伴(希望があれば小学生の親御さんも参加OKです♪)
▼お申込みはコチラ▼

 

芸術の秋、食欲の秋…いろいろな秋を存分に楽しみましょう♪ 
みなさんのご参加、お待ちしています(^^)

 

Posted on 2019-07-31
【きりゅうアフタースクール】「みんなで走る!出張うごキッズ!!」を開催しました

7月13日(土)、「みんなで走る!出張うごキッズ!!」を開催しました♪

実はこのプログラム、ひとつ伝説を残していまして…
なんと定員が20人のところ、多数お申込みいただき、キャンセル待ち人数が30人…!!
大人気のプログラムでした。

前日までグズグズの天気で「ちゃんと開催できるかな…?」とスタッフはやきもきしていましたが、
当日は見事な梅雨の晴れ間!
よし!これで思いっきり遊べるぞ!!

今日教えていただく市民先生は、吉田恵美子先生と大祐先生のお二人です。
 
そして強力なサポートメンバーも揃っています!
(何かを持ったり、付けたりしてますね~ワクワク♪)
先生方、よろしくお願いします!

まずは、早く走れる方法を習います。
準備運動を終えたら…
よーいドン!!

スタートダッシュの姿勢、腕の振り方、身体の動かし方…
みんな、すごい真剣だね。

 

さて、みんなで速い走り方をマスターしたら、
次は活用編。
みんなお楽しみの「水鉄砲バトル」!!
さぁ~、もう待ちきれません!よーいスタート!!

 
大人についている的をめがけて、走れ走れーー!!
 

みんなびちょびちょになりながら、思いっきり笑顔(^▽^)!
飛び入り参加してくれたパパさんたちもいらっしゃいました♪
みんなでいっぱい速く走れたね。

参加してくれた皆さん、
吉田恵美子先生と大祐先生、
ありがとうございました!!

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2019-07-04
【きりゅうアフタースクール】「親子で味噌作り教室」を開催しました!

 6月 15 日(土)に「親子で味噌作り教室」を開催しました!
講師は、インナービューティー美腸マイスターの資格をお持ちの佐藤広美先生です。

アフタースクールでは二度目となる味噌作り教室。
今回も、あっという間に定員数に達するほどの大人気プログラムです。

人気の秘密は、小さなお子さまでも親子で一緒に参加できること。
私たちにとって、身近な食材である味噌を手作りできること。
そして、最大の魅力は、幸せオーラがキラキラ輝く!さとう先生のポジティブパワー♡

早速、さとう先生手作りの人体の臓器を模したエプロンを使って、腸のお話からスタートで す。
「腸内には、幸せ物質が 90%もあるのです。
私たちが食べたものは全て腸を通りますから、
体に良い発酵食品を食べることで、腸が元気 に!笑顔で過ごせます!」と。

なんと!人間の脳ではなく、腸で幸せを感じとっているとは!意外でした!
そして、味噌作りの工程説明ののち、いよいよ味噌作り開始です。

前日に、さとう先生が下茹でしてくださり柔らかくなった大豆を、ジップつきのビニール袋 に入った状態で、手でつぶしていきます。
子供でも簡単につぶせますが、元気いっぱいの男の子が握りこぶしのパンチングつぶして いたり、
ひとつぶひとつぶ丁寧につぶしている親子など…潰し方はさまざまですね。
一見簡単にも見えますが、今回は一キロ分の大豆をひたすらに潰す、根気のいる作業です。

   

 

そんな頑張る皆様の為に、さとう先生から【手作りあま酒】の差し入れです(^^♪)
糀のつぶの甘さと、トロトロした冷たさが口の中いっぱいにに広がり、力が湧いてきます!!

 

十分に大豆がつぶれたら、 塩と糀(こうじ)を殺菌したボウルに入れ、
その中に先程つぶした大豆を袋から出して入れ、 こねるようにさらによく混ぜていきます。
「おいしくな~れ♪ おいしくな~れ♪」
と、大豆、糀、塩をよーく混ぜ合わせていきます。

 

 

この時、まだつぶされていない状態の大豆が残っている場合も。
それを『ラッキービーンズ』と呼ぶのだそうです!
完成した味噌を料理に使った時に、偶然この大豆のままの状態がでてきたら、ラッキー!と いうことで。
あえて、ラッキービーンズを多めに残してみたり… こねる加減によってもお味噌の出来ばえは変わってくるそうです。
完成するお味噌が、親子それぞれに違ってできあがるというのも、手作りならではですね!

こねの作業が終わると、いよいよ保存容器へ移していきます。
消毒したタッパー容器に移す際、なるべく空気が入らないよう気を付けながら。
空気に触れるとカビが生えやすくなるそうで、皆さん慎重にとりかかっていましたね。

 

移し終わったら、蓋をする前にラップで密閉、上部の隙間に袋詰めの塩をいれて、最後に蓋 を閉めます。
これで完成!! ……ではありません。
お味噌は発酵食品ですから、これからおよそ 3 か月…
日の当たらないところで、ゆっくりじっくり寝かせることで、美味しいお味噌になっていきます。

3 か月後のお味噌がどうなるのか…
出来上がりを心配している親御さんに、さとう先生が出来上がりの写真を見せてください ました。
お味噌の上に白カビが!!
『カビ』と聞いて、ビックリする子もいましたが、ご安心ください。
この状態が正常に発酵している証だそうです。
しかも白カビは食べても大丈夫!?
ですが、先生いわく「あまりおいしくないので、取り除いてもいいです。」と。

3 か月後の出来上がりが楽しみになったところで、 最後にさとう先生との写真撮影!
さらに!
体に良い『ま・ご・わ・や・さ・し・い』の食材が入った『特製みそまる』がさとう先生か ら、プレゼント!!

みんな大満足の表情で今回の味噌作り教室は終了!!
さとう先生、下準備から、あま酒やみそまるのプレゼントまで♪
本当にお世話になりました。

親子で力を合わせて、楽しく!お味噌作りが出来ました!!

ありがとうございました!

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2019-06-23
【きりゅうアフタースクール】7月開催プログラムのご案内

こんにちは。きりゅうアフタースクールです♪
6月のアフタースクールは、田植えと味噌づくりを親子で楽しむ充実したプログラムとなりました!
キッズバレイHPに随時様子を更新しているので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね♪

それでは、7月のプログラムのご案内です。
参加希望の場合は各プログラムの申込フォームからお申し込みください。

 

———————————————-
7月13日  みんなで走る!出張うごキッズ!! 
———————————————-
高崎の運動教室「うごキッズ」が桐生にくるよ!
速く走るためにはどうすればいいのかな?速く走るコツをつかんだら、いざ実践!
後半は、おとなVS子どものかけっこ&水鉄砲バトル!みんなで一緒にかけぬけよう!

【日 時】7/13(土)10:00~11:30(受付9:45~)
【対 象】未就学児(4歳)~小学校6年生(12歳)
【定 員】20人
【参加費】500円
【会 場】桐生市野外活動センター(桐生市梅田町5丁目7423番地)
【市民先生】吉田恵美子先生・吉田大祐先生(NPO法人ソーシャルグッド)
【持ち物】動きやすい服と靴・帽子・バンダナ・多めの水分・タオル・着替え一式

※未就学児は親子同伴となります。(小学生の保護者の方も大募集!ぜひぜひご参加ください♪)
※水鉄砲はこちらで用意いたします。

☆お申込みはコチラ☆

 

 

———————————————-
7月27日  事前説明会「みんなの音をひびかせよう!」
———————————————-
「みんなの音をひびかせよう!」は10月から始まる全7回の連続講座!
プロのピアニストの先生に教わりながら、みんなで協力してひとつの舞台を作り上げよう♪
12/15日(日)には、練習の成果を発表する場を設けています!
プログラムの詳細の説明とともに、市民先生であるプロピアニスト・江原葵先生のミニコンサート付きです♪

【日 時】7/27(土)・8/31(土)10:30~11:45(受付10:15~)
【対 象】未就学児(4歳)~小学6年生(12歳)
【定 員】20名
【参加費】なし
【会 場】桐生市市民会館音楽練習室
【市民先生】江原葵 先生(ピアニスト・ピアノ講師)
【持ち物】筆記用具、飲み物

※どちらの日程の説明会に参加されるかを申し込みの際にお選びください。
※事前説明会ですので、保護者同伴となります。
※講師によるミニコンサートがあります♪プログラム参加がまだ未定の方も、ぜひお越しくださいね。

☆お申込みはコチラ☆

 

思いっきり動いて、ゆったりと聴く…静と動の7月プログラムです(^^)
ぜひ、ご家族で一緒にご参加くださいね。