AFTER_SCHOOL

Posted on 2016-08-17
【アフタースクール】夏休みの宿題応援 絵画教室

7/25(月)夏休みの宿題応援 絵画教室を開催しました。

先生は森村美術研究所こども造形教室ポレポレキッズ!の落合清美先生です。

DSC04451

ポスター、夏休みの思い出、着物を来た人など、それぞれ課題の絵を描きます。

まずは、先生から描くポイントを教わりました。

DSC04453

人を描くときは頭の形を丸くする。頭より肩幅を大きくする。首を描くのを忘れない。など。

当たり前のことのようですが、確かに子どもの描く絵は頭が平で頭が大きかったり、首がなかったり。

アニメの影響なのかな??

しかし先生のアドバイスのおかげでみんな格好良くかけています。

DSC04455 DSC04462

DSC04465 DSC04483

下書きのできた子は色塗りです。

色塗りのポイントは薄い色から塗っていくことだそうです。

DSC04471 DSC04473 DSC04474 DSC04475 DSC04506 DSC04509

細かい所まで繊細に描く子、ダイナミックな絵を描く子、それぞれの個性を発揮して描いていました。

 

ステキな絵が描けて、宿題も早く終わって、こどもたちは嬉しそうでした。

落合先生、どうもありがとうございました。

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, BLOG, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2016-08-15
【きりゅうアフタースクール】海の不思議を探しに行こう!2016

7月18日(月)の海の日に【海の不思議を探しに行こう!2016】が開催されました。

 

長引く梅雨で天気が心配でしたが、当日は見事な程の晴天!

ひたちなか市 平磯海岸を目指して出発です。

先生はチャウス自然学校の加藤正幸先生、まり子先生です。

大学生リーダーたちも沢山参加してくれました。

DSC04220 DSC04227

バスをおりると海の香り!ワクワクします。

DSC04230 DSC04234

磯遊びでは班に分かれて、海の生き物を集めました。

どれだけ多く集められるかみんなで競争。

「ヤドカリ」や「ヒトデ」がたくさん!岩にかくれた「カニ」を見つけた子もいました。

DSC04259 DSC04266
DSC04293
DSC04251

中には服をびしょびしょにしてまで一生懸命探してくれた子も。

みんな「こんなにとれたよ!」と笑顔でおしえてくれました。

DSC04269 DSC04268

暑い日のひんやりとした海はとっても気持ちよさそうでした。

 

お弁当を食べたあとは「わくわく科学館」を見学しました。

DSC04314 DSC04316

不思議な装置にみんな興味深々の様子。

DSC04339 DSC04343 DSC04347 DSC04356

「次はぼくの番!」と積極的なこどもたちの姿がみられました。

この中から将来の科学者誕生の予感…!?

 

最後に今日一番楽しかったことをひとりずつ絵日記にかいて、本日は終了。

DSC04381 DSC04383

「もっと遊びたいよー…」と名残惜しそうな声も。。

DSC04386 DSC04387

群馬にはない海に大興奮の一日になりました。

たくさん遊んで、帰りのバスではみんなグッスリおやすみでした。

_DSC3345

また海の生き物をたくさん見つけたいね!

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, BLOG, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2016-08-05
【アフタースクール】『DIYで僕たちの秘密基地をつくろう!』動画アップのお知らせ

きりゅうアフタースクール『DIYで僕たちの秘密基地をつくろう!』の様子を

プロのカメラマンが撮影してステキな動画にしてくれました!

子どもたちの真剣な表情、そして溢れる笑顔!

市民が先生となって子どもたちに沢山の学びを提供する。

アフタースクールの楽しさが沢山詰め込まれた映像です。

DIYで作ったのは、地元桐生の木材、そして釘をつかわず伝統的な技法で作ったステキな秘密基地です。

しばらくココトモに置いてありますので、ぜひ遊びに来てください。

先生をしていただいた、宮島工務店の宮島先生・園田さま、木材を提供いただいた株式会社前林さま、

そして撮影いただいた白藤さま本当にありがとうございました。

 

Posted on 2016-08-02
【アフタースクール】桐生れきし調査隊

7月31日(日)桐生れきし調査隊を開催しました。

桐生れきし調査隊とは…
桐生の昔の風景を写真とともに振り返りながら桐生の歴史を学んでいく調査隊です。
講師は法政大学デザイン工学研究科の堀尾 作人さんと株式会社桐生再生の津久井明さん。

織物のまちとして栄えた桐生には理由がありました。
それは水が豊かだったこと。

昔の天満宮や新宿、元宿近辺にはたくさんの水路が流れており、これを活用して染めや撚糸(糸を結ったもの)の技術が発達し、桐生の代表的な産業として栄えていきました。

DSCF1649 DSCF1705

▼回遊ポイント
①四辻の齋嘉
②旧書上家(書上商店)
③新川遊園地
④撚糸水車
⑤発電所址

子ども達の中には夏休みの自由研究の題材にするということで、写真をたくさん撮ったり、ノートにメモしたりと目を輝かせていました。

DSCF1689 DSCF1788

桐生のまちを巡ると意外な発見があります。
昔ながらの赤レンガや水路の跡、昭和以前にできた建造物や看板。
どれもインターネット上では探すことのできない歴史的な宝物。
画面を見るのもいいけど、たまには外の桐生に触れるのも良い。

なぜ桐生に住んでいるのか、なぜ桐生が好きで移住する人がいるのか分かることがたくさんあります。
長年住んでいると当たり前になってしまうこともたくさんあります。
それらに疑問を持つことで生まれる桐生への愛。

さらに理解していくには自分の足で桐生に触れること、桐生を考えること。
こういうひとつひとつが大人になった時の故郷を思い返すいい機会になると思います。

「桐生はなにもない」「桐生はつまらない」が半分でもいいから減ってくれたら桐生はさらに良くなるんじゃないのかなと思います。

 

Posted on 2016-07-10
【アフタースクール】ヨガ教室

5/14とても居心地の良い素敵なお寺、日限地蔵尊さん本堂にて、ヨガ教室を開催いたしました。
講師はyoga studio ONEのErica先生です。

IMG_4503

午前中は親子ヨガ。
ますはじめに、お互いのお腹に順番に手を置いて、呼吸を感じてみます。
腹式呼吸では、お腹が吸う息で風船のように膨らんで、吐く息で薄くなります。
呼吸をしているだけなのに、お腹を触っている方も、触られている方も、
なぜだかとても癒されてリラックス。

DSC03780

その後は、動物などの様々なポーズに挑戦しました。
くじゃく、ねこ、おじいちゃんの犬、元気な犬、戦士、三角、木、舟、バッタ、テーブル、しかばね
みんな集中して頑張りました。子どもたちが頑張ってポーズを取る様子はとっても可愛かったです!

DSC03783 IMG_4506
親子でのペアワークでは、2人で力を合わせて、親子の微笑ましい時間となりました。

IMG_4509 DSC03792
お母さんがバッタのポーズをすると、子どもが上に乗ってきて、親子バッタになってしまったり
可愛すぎるオリジナルなペアワークもありました~。

DSC03793

木のポーズは1人でとるとフラフラして安定しなかったけど、
みんなで円になって手をつないでポーズをとると、
全くフラフラせず、みんなで協力すると安定して強くなるということが分かりました。
最後のポーズは親子で手を繋いでしかばねのポーズです。

DSC03799

ヨガの後、みんなで感想をシェアしました。
「前はお腹の中に居たのに、今はお腹に手を置いてくれてるのかと思うと不思議な気持ちだった」
そんな素敵な感想に感動!親子ってステキだなあと改めて感じました。

DSC03801

 

午後は子どもヨガ。完全呼吸法というお腹、あばら、胸で行う呼吸法に挑戦!
お腹と胸に手を当てて、呼吸を感じてみます。手を当てる子は言葉で呼吸を誘導します。
背中を合わせる方法だと、お互いの呼吸を感じることができました。

DSC03807 DSC03811

まずは太陽礼拝です。太陽に感謝して挨拶します。

DSC03813

その後も、様々なポーズに挑戦しました。
犬、戦士、三角、半月、舟、バッタ、ねじり、開脚、前屈、しかばね
ペアワークでは子供同士、そしてお母さんと、力を合わせて、楽しくポーズ!

DSC03820 IMG_4521

DSC03831 IMG_4524

少し難しいポーズにもチャレンジ!
1人では難しくてもアシストしてもらえると、こんなに綺麗にポーズがとれます。
今回参加者は2人だけでしたが、
運動神経抜群で上手にポーズをとる子、安定感抜群でアシスト上手な子
それぞれの良さを発揮した名コンビでした!

DSC03827

少人数だったこともあり、リラックスして楽しくヨガができました。

DSC03834

先生の隣に座ってまねをする可愛い2人。

DSC03845 IMG_4534

感想シェアタイムでは、子どもたちからは「心が穏やかになった」
「身体の曲げ方が分かって良かった」と大人な発言がでてびっくり。
お母さんたちには、自分の心が落ち着くと子どもの気持ちも落ち着くことに気づいてもらえたようです。

呼吸に意識を向けることで、気持ちを落ち着けることができること、協力して力を合わせることで
安定し強くなること。ヨガを通して、たくさんの気づきがありました。
このヨガ教室が親子の絆を深めるきっかけになってくれたら嬉しいです。
お母さんと子ども、みんなで作り出したとても素敵な時間でした。
先生、そして参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

 

Posted on 2016-07-09
【アフタースクール】かけっこ教室

6月11日(土)「もう夏?」というくらい暑い日差しの中、
境野水処理センター屋上運動公園で「かけっこ教室」を開催しました。

DSC03956 DSC04005
「かけっこで速くなりたい!」と思う子は多く、毎年大人気の講座です。
プロの先生から速く走るコツを学べるとあって今回も参加者満員御礼。
講師はCoco-Loリハビリジムの西目直樹イケメン先生。

DSC03959 DSC04016
低学年(幼児~小学2年)、高学年(小学3年~6年)2部に分けて開催。
速く走るコツを身体に覚えさせるために数々のトレーニングを行いました。

DSC03980 DSC04010

DSC03990 DSC04062
低学年は、ゲームを取り入れ楽しみながら行い、高学年はより実践的な内容でした。
速く走るポイントは、腕をしっかり振ること、足を高く上げることをどれだけ意識してできるか。
まず腕は腕、足は足という感じで部分ごとに分けて練習し、
その後、それらを同時に行えるようにミニハードルなどを使い練習しました。
また、スタートはできるだけ体を前に倒し、重心をかける練習もしました。
どの子も1時間の練習に飽きることなく、真剣でした。

DSC04002 DSC04057
最後に、子どもたちは今日習ったこと全てを活かして先生とかけっこ競争。
しかし、そこはプロ、先生の全勝でした。
講座終了後、会場の後片付けをしていると子どもたちは残ってかけっこの競争をしていました。
その子たちにインタビューしてみると「なんか、前より速くなったみたい!」と言っていました。
この言葉を聞いて、今回のかけっこ教室が子どもたちにとって自信を持つきっかけになったかと思うと
我々スタッフにとっても大満足のプログラムとなりました。

DSC04004

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2016-06-04
【アフタースクール】田植え教室

5月21日土曜日 まさに五月晴れの中「田植え教室」が開催されました。

講師は、黒保根の美味しいお米を作る会の遠藤先生です。

0521逕ー讀・IMG_6622 0521逕ー讀・IMG_6623

カエルさんチームとホタルさんチームに分かれて、田んぼの真ん中から一斉に田植えスタートです。

赤いひもに沿ってきれいに植えていきます。

DSC03861 0521逕ー讀・IMG_6629

DSC03887 DSC03858

最初は順調に進みましたが、子供たちが次第に泥の中にいた「ゲンゴロウ」や「カエル」に気を取られ、

いつの間にか昆虫観察になる子や、又、泥の中に全身入ってまるでプールの様に遊んでいる子供もいました。

0521逕ー讀・IMG_6676 DSC03862 DSC03899 0521逕ー讀・IMG_6690

それでも、お父さん、お母さんたちの頑張りのお陰で、何とか田植えは終了。

DSC03874 0521逕ー讀・IMG_6665 0521逕ー讀・IMG_6657 0521逕ー讀・IMG_6667

最後の感想を聞くと、ほとんどの子供が「楽しかったけど 疲れた・・」と、

でも中には「お弁当を食べたことが楽しかった」と言う子も!!

一仕事終えた後のご飯、田んぼを眺めながらのお弁当は格別だよね!

0521逕ー讀・IMG_6706 0521逕ー讀・IMG_6711

今回の田植えで、お米を作るのが、どれだけ大変かを知ってもらえたかな?

きっとこれからはお米を食べる時、作った人へ感謝の気持ちを感じられるのではないでしょうか。

頑張って作ってくれたお米、1粒も残さず食べたいですね!

DSC03902 0521逕ー讀・IMG_6696

秋には収穫があります。元気に育つことを祈ります。とても楽しみです。

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, BLOG | No Comments »

 

Posted on 2016-05-22
【アフタースクール】自然遊び教室

5月7日土曜日「自然遊び教室」を実施しました。先生はチャウス自然体験学校の加藤まり子先生です。

DSC03735

参加者は、21人でした。まずは、参加者同士が仲良くなるようにじゃんけんを用いた簡単なゲームをしました。

DSC03737 DSC03738

ゲームを繰り返し、最初緊張していた子どもも笑顔が増え、全体が楽しい雰囲気になったところで今日の本題「自然遊び教室」がスタート。先生は子どもたちに「遠くにいくときは大人に許可をとる」などの簡単なルールと終了時間を決めましたが、その他は特にルールを設けず、子どもたちにやりたい遊びを考えてやるように話しました。

DSC03740

すると高学年の男の子を中心に秘密基地を作るグループができ、女の子や低学年の子どもたちはスタッフを誘って公園内の探検を始めました

秘密基地グループは、落ちている木の枝を大きな木の幹に何本も立てかけてそこに草をのせて基地を作りました。子どもたちは、材料集めをする子、集めた材料で基地づくりをする子、みんなに指示を出す子に自然に役割分担し協力して作業していました。

DSC03745 DSC03750DSC03758 DSC03761

一方、探検グループは、木の枝を杖代わりにし、
でこぼこ道もつまずくことなく歩き、大きな穴があると「猪がほったのかな」とワクワクしていました。

DSC03743 2DSC03744DSC03748 DSC03754

どの子どももテーマがないことで自分で遊びや注意すべきかとができていました。

また遊びに夢中になっている子どもの表情は、とても生き生きてしていました。

DSC03742 DSC03752

DSC03753

 

この活動を通して、外遊びの魅力を少しでも感じてもらえれば嬉しいです。

DSC03764 DSC03765

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, BLOG | No Comments »

 

Posted on 2016-05-22
【アフタースクール】英語DEイースター

4/23(土)「英語DEイースター」開催しました。

講師は、篠原久美子先生です。

初めは幼児~2年生の子達の部です。

受付が終わったら、名札に名前を書いてもらいます。それと、スタッフがお誕生日を聞いて、シールに記入して名札にペタリ。何に使うのかな?

DSC03356 DSC03358

 

イースターってなんだろう? 先生が初めに説明をしてくれます。

DSC03367 DSC03374

イースターとは、イエス・キリストが死後3日後によみがえった「復活」を祝う日のことです。日本語では、「復活祭」として、春の訪れを祝う行事ともなっています。イースターエッグは、イースターのシンボル。イースターバニーは、「うさぎがたまごを持ってくる」という言い伝えから、イースターバニーもイースターの登場人物です。

 

お話を聞いた後は、ディズニーのイースターパレードの映像に合わせて、「ジャンプ」「バニー」など、動きと連動で英単語も覚えていきます。

DSC03386 DSC03390

 

イースターエッグの絵付けをします。「アトリエ けるびむ」の、小松原藤子さんがおしえてくれます。エッグを、1つ取ったらお隣へ「Here You Are」。受け取ったら、「Thank You」のやり取りをします。エッグはそのままだと転がってしまうので、下にネジを入れて安定させます。その後、みんな好きなように、テープを巻いたり、色を塗ったりして、カラフルなイースターエッグが出来上がりました。

DSC03396 DSC03428

 

次は英語の絵本の読み聞かせ。

その後、先生がチョコレートを配ります。ここでも、「Here You Are」「Thank You」のやり取り。

最後はみんなの誕生日シールを集めて、1月~12月の英単語を読み上げて無事終了です。

DSC03431 DSC03435

 

次は3年~6年の子たち。姉妹で参加の子たちは、お姉ちゃんにバトンタッチです。

同じく名札に名前と誕生日シール。今度は何に使うのかな?

 

イースターの説明をした後に紙を配ります。紙に線を引いて9マスにします。先生の指示で、マスに、自分の誕生日やお隣さんの誕生日を記入していきます。

なんと誕生日を使ってビンゴ大会! いくつビンゴできるかな?

DSC03462 DSC03459

 

次はエッグハントをします。「エッグハント」とは、イースターに行う、たまご探しの遊びのこと。何個あるかも分からないよ…という先生の言葉も言い終わるか終わらないかのうちに、すぐ見つけられちゃいました! さすが高学年の子たちです。

DSC03469 DSC03471

 

その後、イースターエッグ作り。 取り組むまでに、考える時間はかかりますが、取り掛かると、みんなそれぞれ個性的でなかなか凝ってます。耳を付けたり、色を塗ったり、テープでグルグルしたり、カラフルで見ていて楽しい。

DSC03529 DSC03535 DSC03541 DSC03545

 

その後、英語の絵本の読み聞かせ。「最後に絵本の内容について質問します。」その一言で、真剣な顔になります。

DSC03547 DSC03552

 

次は、またディズニーの映像に合わせて踊ったり、跳ねたり。映像を見て、「カワイイ!」の声も飛び出します。最後は先生からチョコレートをもらって、無事に終了です。

DSC03563 DSC03566  DSC03574

 

日本ではまだ馴染みの薄い、イースターのことや、イースターにまつわる英単語を楽しく学べた一日になったのではないかなと思います。みんなそれぞれ思いのこもったイースターエッグをお家に飾って、家族でイースターをお祝いできたらいいですね。

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, BLOG | No Comments »

 

Posted on 2016-04-29
【アフタースクール】レゴで桐生のまちをつくろう!~桐生青年会議所60周年事業~

IMG_2501[1]

子どもたちが大好きなLEGOブロック。

そのLEGOブロックで、なんと!桐生の街並みをつくっちゃおうという壮大なプロジェクトが始まりました。

これは、桐生青年会議所の60周年事業として行っているもので、子どもたちが作った桐生の街並みは、10年間、市民文化会館に展示されます!

IMG_2527[1]

先生は、TVチャンピオンでレゴ選手権で三連覇した、秋長さちこさん。

秋長先生がつくるLEGOは、びっくりする作品ばかりです。

http://www.lets-brick.com/jpn/my/top_commis.html

 

この日は、40人の子どもたちが参加してくれました。

IMG_2486[1]

はじめは、練習に三角屋根のお家をつくりました。

IMG_2492[1]

これ、簡単に作れそうに見えて、意外と複雑なんです!

ブロックを適当に重ねてしまうと、下の板から外した時にバラバラになってしまうんです。

屋根を乗せたら、家がつぶれちゃったりとか。

だから、建築でも使われるレンガ積みの技法が用います。

よく見てください!ブロックとブロックのつなぎ目が、一直線になってないでしょ!?

IMG_2513[1]

この積み方をマスターしないと、この後のステップには進めないのです!

 

次は、子どもたちに桐生の町にありそうな建物を自由に作ってもらいます。

さあ、どんな町ができていくのか、盛り上がってきました!

IMG_2503[1]

LEGOブロックのパーツって、ものすごい種類があります。

この日、用意したものだけでも何十種類もあります。

子どもたちには、このブロックを自由に使ってもらいました。

IMG_2515[1]

IMG_2516[1]

IMG_2518[1]

2時間半のワークショップですが、子どもたちはすごい集中力で、休憩もとらずに熱心に取り組んでいます。

友達同士で相談しながら建物を作る子たち、一人で黙々と作業を続ける子。

大胆に大きな建物を作る子もいれば、繊細なて建物を作る子も。

一人ひとりの素敵な個性が垣間見えてきます。

 

完成しました!

子どもたちが作った、桐生の街並み(仮)です。

_DSC3053-2

住宅やコンビニ、消防署や警察署。

車やトラック、船までありますね。

 

この街並みはまだ途中なので、家などはまだこれから動かしますが、2時間半でこんなにもたくさんの建物が出来上がりました!!

子どもたちの集中力と創造性の豊かさには、びっくりです。

 

完成した「桐生のまちなみ」は7月23日に市民文化会館でお披露目されます。

みんな楽しみにしていてね!

集合写真

 

4月24日(日)「レゴで桐生の町をつくろう!」(場所:ココトモ)

キッズバレイ ねね

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »