AFTER_SCHOOL

Posted on 2016-05-30
【アフタースクール】水辺と竹の教室

4/30(土)「水辺と竹の教室」を開催しました。 DSC03581   当日は、気持ち良い青空が広がる晴天。 絶好の活動日和となりました。   今回は、清流が見事な桐生川沿いで「流しそうめん」と「たけのこ汁」でランチ。 そこで使う器と箸を自分たちで作ってしまおうという教室です。   講師は、やまちゃんこと、山岸先生。 まずは、流しそうめん用のマイカップとマイ箸を 竹から切り出して作ります。   太くてかたーい竹をノコギリで切る作業は、大人でも大変。 はじめてノコギリに触れる子も多くて、みんな四苦八苦。 スタッフや先生に手伝ってもらいながら、 節のところで竹を切って、マイカップをつくりました。 DSC03629 DSC03635 DSC03626 DSC03641   次は出来上がったマイカップに自由にお絵かき。 好きな色を使ってお花や似顔絵を描いていきます。 真剣な眼差しでイラストを描き終えると、 オリジナルのお手製マイカップの完成です! DSC03657 DSC03674   続いてマイ箸づくり。 手頃な長さに切った細い竹を ナイフやカッターを使ってお箸の形にしていきます。 刃物を片手に、時にはドキリとする手つきの子どもも… 「何事も経験」と、先生や大人が優しく見守りながら 上手な箸を完成させました。   DSC03602 DSC03661 DSC03642 DSC03654     手の空いた人からタケノコ汁用の野菜を切ったり、おにぎりを握ったり。 タケノコ汁の火の番をする子たちは見事なチームワークを発揮していました。 DSC03668 DSC03682 遊びながらも、自主的に、 興味のあるものからお手伝いする 子どもたちの頼もしい姿がありました。   作ったばかりのマイカップとマイ箸で食べるタケノコ汁は、 格別に美味しかったようです。   IMG_6330 IMG_6312   さあ、次はみんなのお楽しみ! クライマックスの流しそうめんです。 DSC03683   清流流れる桐生川の岸辺に 竹をつなげた長い流しそうめん台が設置されました。 なんと、やまちゃんによれば、この周辺は 6月にはホタルが飛び交うそうです! 子どもたちも驚いた様子でやまちゃんの説明に 興味津々で耳を傾けていました。   DSC03680 DSC03689   さあ、いよいよ流しそうめんのはじまります。   勢い良く流れるそうめんを上手につかめるかな? みんな顔も真剣です。 DSC03696 DSC03700 DSC03701 DSC03706   そうめんを流す人も、大忙し。 流したそばから食欲旺盛な子どもたちが いっしょうけんめい平らげていきます。   お腹いっぱいになったら、 今日の感想を絵や言葉にして発表してもらいました。 DSC03710 DSC03711 DSC03714 DSC03716   どうやらみんなやっぱり流しそうめんが楽しかったようです。 お兄ちゃんが発表している姿を見て、 「もう一度発表させて~!」と叫んでいる子も(笑) 賑やかな声が飛び交う発表会になりました。   DSC03723 DSC03726   強い日差しの中での作業だったので、 みんな疲れた様子。 でも最後は自分たちで作ったマイカップとマイ箸をお土産に みんな笑顔で帰っていきました。 また楽しい時間をみんなで過ごしましょうね。 DSC03732  

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2016-05-22
【アフタースクール】自然遊び教室

5月7日土曜日「自然遊び教室」を実施しました。先生はチャウス自然体験学校の加藤まり子先生です。

DSC03735

参加者は、21人でした。まずは、参加者同士が仲良くなるようにじゃんけんを用いた簡単なゲームをしました。

DSC03737 DSC03738

ゲームを繰り返し、最初緊張していた子どもも笑顔が増え、全体が楽しい雰囲気になったところで今日の本題「自然遊び教室」がスタート。先生は子どもたちに「遠くにいくときは大人に許可をとる」などの簡単なルールと終了時間を決めましたが、その他は特にルールを設けず、子どもたちにやりたい遊びを考えてやるように話しました。

DSC03740

すると高学年の男の子を中心に秘密基地を作るグループができ、女の子や低学年の子どもたちはスタッフを誘って公園内の探検を始めました

秘密基地グループは、落ちている木の枝を大きな木の幹に何本も立てかけてそこに草をのせて基地を作りました。子どもたちは、材料集めをする子、集めた材料で基地づくりをする子、みんなに指示を出す子に自然に役割分担し協力して作業していました。

DSC03745 DSC03750DSC03758 DSC03761

一方、探検グループは、木の枝を杖代わりにし、
でこぼこ道もつまずくことなく歩き、大きな穴があると「猪がほったのかな」とワクワクしていました。

DSC03743 2DSC03744DSC03748 DSC03754

どの子どももテーマがないことで自分で遊びや注意すべきかとができていました。

また遊びに夢中になっている子どもの表情は、とても生き生きてしていました。

DSC03742 DSC03752

DSC03753

 

この活動を通して、外遊びの魅力を少しでも感じてもらえれば嬉しいです。

DSC03764 DSC03765

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL | No Comments »

 

Posted on 2016-05-22
【アフタースクール】英語DEイースター

4/23(土)「英語DEイースター」開催しました。

講師は、篠原久美子先生です。

初めは幼児~2年生の子達の部です。

受付が終わったら、名札に名前を書いてもらいます。それと、スタッフがお誕生日を聞いて、シールに記入して名札にペタリ。何に使うのかな?

DSC03356 DSC03358

 

イースターってなんだろう? 先生が初めに説明をしてくれます。

DSC03367 DSC03374

イースターとは、イエス・キリストが死後3日後によみがえった「復活」を祝う日のことです。日本語では、「復活祭」として、春の訪れを祝う行事ともなっています。イースターエッグは、イースターのシンボル。イースターバニーは、「うさぎがたまごを持ってくる」という言い伝えから、イースターバニーもイースターの登場人物です。

 

お話を聞いた後は、ディズニーのイースターパレードの映像に合わせて、「ジャンプ」「バニー」など、動きと連動で英単語も覚えていきます。

DSC03386 DSC03390

 

イースターエッグの絵付けをします。「アトリエ けるびむ」の、小松原藤子さんがおしえてくれます。エッグを、1つ取ったらお隣へ「Here You Are」。受け取ったら、「Thank You」のやり取りをします。エッグはそのままだと転がってしまうので、下にネジを入れて安定させます。その後、みんな好きなように、テープを巻いたり、色を塗ったりして、カラフルなイースターエッグが出来上がりました。

DSC03396 DSC03428

 

次は英語の絵本の読み聞かせ。

その後、先生がチョコレートを配ります。ここでも、「Here You Are」「Thank You」のやり取り。

最後はみんなの誕生日シールを集めて、1月~12月の英単語を読み上げて無事終了です。

DSC03431 DSC03435

 

次は3年~6年の子たち。姉妹で参加の子たちは、お姉ちゃんにバトンタッチです。

同じく名札に名前と誕生日シール。今度は何に使うのかな?

 

イースターの説明をした後に紙を配ります。紙に線を引いて9マスにします。先生の指示で、マスに、自分の誕生日やお隣さんの誕生日を記入していきます。

なんと誕生日を使ってビンゴ大会! いくつビンゴできるかな?

DSC03462 DSC03459

 

次はエッグハントをします。「エッグハント」とは、イースターに行う、たまご探しの遊びのこと。何個あるかも分からないよ…という先生の言葉も言い終わるか終わらないかのうちに、すぐ見つけられちゃいました! さすが高学年の子たちです。

DSC03469 DSC03471

 

その後、イースターエッグ作り。 取り組むまでに、考える時間はかかりますが、取り掛かると、みんなそれぞれ個性的でなかなか凝ってます。耳を付けたり、色を塗ったり、テープでグルグルしたり、カラフルで見ていて楽しい。

DSC03529 DSC03535 DSC03541 DSC03545

 

その後、英語の絵本の読み聞かせ。「最後に絵本の内容について質問します。」その一言で、真剣な顔になります。

DSC03547 DSC03552

 

次は、またディズニーの映像に合わせて踊ったり、跳ねたり。映像を見て、「カワイイ!」の声も飛び出します。最後は先生からチョコレートをもらって、無事に終了です。

DSC03563 DSC03566  DSC03574

 

日本ではまだ馴染みの薄い、イースターのことや、イースターにまつわる英単語を楽しく学べた一日になったのではないかなと思います。みんなそれぞれ思いのこもったイースターエッグをお家に飾って、家族でイースターをお祝いできたらいいですね。

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL | No Comments »

 

Posted on 2016-04-29
【アフタースクール】レゴで桐生のまちをつくろう!~桐生青年会議所60周年事業~

IMG_2501[1]

子どもたちが大好きなLEGOブロック。

そのLEGOブロックで、なんと!桐生の街並みをつくっちゃおうという壮大なプロジェクトが始まりました。

これは、桐生青年会議所の60周年事業として行っているもので、子どもたちが作った桐生の街並みは、10年間、市民文化会館に展示されます!

IMG_2527[1]

先生は、TVチャンピオンでレゴ選手権で三連覇した、秋長さちこさん。

秋長先生がつくるLEGOは、びっくりする作品ばかりです。

http://www.lets-brick.com/jpn/my/top_commis.html

 

この日は、40人の子どもたちが参加してくれました。

IMG_2486[1]

はじめは、練習に三角屋根のお家をつくりました。

IMG_2492[1]

これ、簡単に作れそうに見えて、意外と複雑なんです!

ブロックを適当に重ねてしまうと、下の板から外した時にバラバラになってしまうんです。

屋根を乗せたら、家がつぶれちゃったりとか。

だから、建築でも使われるレンガ積みの技法が用います。

よく見てください!ブロックとブロックのつなぎ目が、一直線になってないでしょ!?

IMG_2513[1]

この積み方をマスターしないと、この後のステップには進めないのです!

 

次は、子どもたちに桐生の町にありそうな建物を自由に作ってもらいます。

さあ、どんな町ができていくのか、盛り上がってきました!

IMG_2503[1]

LEGOブロックのパーツって、ものすごい種類があります。

この日、用意したものだけでも何十種類もあります。

子どもたちには、このブロックを自由に使ってもらいました。

IMG_2515[1]

IMG_2516[1]

IMG_2518[1]

2時間半のワークショップですが、子どもたちはすごい集中力で、休憩もとらずに熱心に取り組んでいます。

友達同士で相談しながら建物を作る子たち、一人で黙々と作業を続ける子。

大胆に大きな建物を作る子もいれば、繊細なて建物を作る子も。

一人ひとりの素敵な個性が垣間見えてきます。

 

完成しました!

子どもたちが作った、桐生の街並み(仮)です。

_DSC3053-2

住宅やコンビニ、消防署や警察署。

車やトラック、船までありますね。

 

この街並みはまだ途中なので、家などはまだこれから動かしますが、2時間半でこんなにもたくさんの建物が出来上がりました!!

子どもたちの集中力と創造性の豊かさには、びっくりです。

 

完成した「桐生のまちなみ」は7月23日に市民文化会館でお披露目されます。

みんな楽しみにしていてね!

集合写真

 

4月24日(日)「レゴで桐生の町をつくろう!」(場所:ココトモ)

キッズバレイ ねね

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2016-04-04
【アフタースクール】裁判のお仕事 2日目

「裁判のお仕事」2日目です。

DSC03292

家に帰ってからも、裁判のための質問を一生懸命考えてきてくれた子がたくさんいましたよ。

 

裁判についてのDVDを見たあと、実際に働いているところ(書記官室)や、いろいろな法廷を見せてもらいました。

『ラウンドテーブル法廷』は、裁判官や弁護士さんも同じ高さのテーブルに座って裁判や調停ができるそうです。

どれも初めて見るものばかりで、子ども達はびっくりしていました。

 

次に、『法服』を着て記念撮影!!

裁判官のイスに座って写真を撮ることができたのですが、恥ずかしがってお互いゆずりあっていた子ども達。

みんなの貴重な写真をお見せしたいところですが、残念ながら裁判所内は公開NG!

気になる方は、「裁判のお仕事」を体験してみてくださいね。(次回あるかは未定です)

 

そして、待ちに待った『模擬裁判』

みんな緊張しながらも、ハキハキした口調で被害者(アリ)や被告人(コオロギ)に質問していきます。

●娘を人質に取られ、コオロギがパニック状態だったこと

●見張りをつけると脅され、アリの家で強盗をはたらいたこと

●アリに拳銃をむけた時は、引き金に手がかかっていたこと

など、質問したことで、より多くの情報を得ることができました。

結果は有罪でしたが、刑務所には行かなくてもよいことになりました。(3年の懲役、3年の執行猶予)

 

模擬裁判の後は、弁護士の先生や、見学にきてくれた本物の裁判官に

いろいろ質問したり、お話をうかがうことができました。

どの質問にも正確に答えてくれて、子ども達も納得した様子…。

 

この2日間は、子ども達にとって貴重な体験になったと思います。

弁護士の先生方、裁判所のみなさん、ありがとうございました!!

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | 2 Comments »

 

Posted on 2016-04-04
【アフタースクール】裁判のお仕事 1日目

3月29日(火)、3月30日(水)に「裁判のお仕事」を開催しました。

講師は、弁護士の中田太郎先生、矢田健一先生、森田陽介先生、草薙篤先生、山本和徳先生です。

 

DSC03248

1日目は、先生達がおもしろい劇で登場!!

鹿のお面をかぶった人間が、間違えて撃たれました。

「あっ!人間だった…」と猟師さん。

とってもユニークな登場の仕方に、子ども達は大喜びでした。

 

DSC03249

『鹿と間違えて、人間を撃ってしまった猟師の裁判』

先生が「裁判って何?」と聞くと、さすが高学年の子ども達!

正確にしっかり答えていきます。

「有罪?無罪?どっち?」

1人1人の意見はちがいますが、どの子も、説得力のある意見を言ってくれました。

 

DSC03265 (1)

続いて、明日の裁判の準備。

ストーリーは「アリとキリギリス事件」です。

登場人物は

●働き者のアリ

●怠け者のキリギリス

●キリギリスの知り合いのコオロギ

冬の間、暮らすのに困ったキリギリスが、コオロギの娘を誘拐して脅し、自分のかわりに強盗をさせます。

被害者は「アリ」、被告人は「コオロギ」、「キリギリス」は逃亡してしまったという設定です。

弁護士と検事役をくじで決め、それぞれ秘密の作戦会議!!

みんなでいろいろな意見を出しあっていました。

 

あっという間の2時間でした。

みんなヘトヘトになって最後のあいさつ。

いつもより、頭をつかった1日だったと思います。

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2016-03-24
【アフタースクール】鹿さんの皮でアクセサリーづくり

3月21日(月)「鹿さんの皮でアクセサリー作り」を開催しました。

講師は尾瀬鹿プロジェクトの小山抄子先生です。

DSC03192

これが鹿の皮です。安全な植物性タンニンで丁寧に加工された革。

やわらかく、暖かい肌触りに子どもたちもびっくりしていました。

DSC03195

「野生の動物を見たことがある?」先生が問いかけると、

多くのこどもたちが猪や鹿を見たことがあると答えました。

おじいちゃんが農家をしているこどもは、動物に作物を食べて悲しんでいるおじいちゃんを想います。

道路でひかれた動物を見たこどもは、可愛そうな動物を想います。

DSC03196

どうして鹿が町にくるのか?そしてなぜ駆除されるのか。

絵本を見ながらそんなお話をしてくれました。

動物とヒトとの答えのない問題。こどもたちに理解してもらうのは難しいことですが

ヒト、動物、自然のつながりを意識し、考えるきっかけになればと思います。

 

そして、駆除された鹿を害獣としてではなく、大切なものとして活用できるように

鹿さんにありがとうの気持ちをこめてアクセサーをつくりました。

まずは、どんなものをつくろうか、デザインを考えます。

IMG_5117 IMG_5120

そしてデザインしたものを鹿さんの皮で形にしていきます。

IMG_5126 IMG_5127

こどもたちはどんどん作りたいもの考えて形にしていきました。

DSC03208 DSC03210

自分だけのアクセサリー!みんなあっという間にこんなに可愛いものを作りました。

IMG_5145 IMG_5154

こどもたちのアイデアには本当に驚かされます。

IMG_5165 IMG_5137 IMG_5160

 

つづいては、高学年の子どもたち

DSC03229

高学年になると色々考えてしまうのか初めは中々デザインを描けなかったこどもたちも

作り始めるとアイデアがどんどんと沸いて来るようです。

DSC03232 DSC03236

IMG_5181 IMG_5198

そしてやっぱりお姉ちゃんたち!作業が細かいですね。素敵なアクセサリーができあがりました。

IMG_5210 IMG_5213

IMG_5222

素敵なアクセサリー作りを通して、自然とのつながりを感じてもらえたかな?

今はあまり理解できなくても、大きくなって思い出したり、家族と話したり、

今回触れたものが、きっかけとなってくれたらと思います。

IMG_5166 IMG_5219

先生ありがとうございました。

 

 

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2016-03-15
【アフタースクール】まきまみ先生のひな祭り巻き寿司レッスン

2月27日(土)「まきまみ先生のひな祭り巻き寿司レッスン」を実施しました。

先生は飾り巻き寿司インストラクターの巻真美先生です。

DSC03108 DSC03111

今回きりゅうアフタースクールで教えていただくのは、ひな祭りのお雛様の巻き寿司です。

みんな上手に作れるかな?

まずはパーツをつくります。

台は、卵焼き。

胴は、緑と桃色でんぶを混ぜた酢飯。

冠は、きゅうりとヤマゴボウ。

顔は、チーズかまぼこ。

髪は黒すりゴマを混ぜた酢飯。

で、作ります。

DSC03118 DSC03125 DSC03126 DSC03130 DSC03134 DSC03138 DSC03139

海苔には裏と表があるのです。

DSC03149

各パーツが出来たら組み立てです。

DSC03151

ちゃんとお雛様の柄になってるー!

DSC03164

切り分けたら、ゴマの目をつけて、かまぼこの扇とひしゃくを飾ります。

DSC03173 DSC03178

可愛くできたね~!作ったお寿司はお持ち帰りいただきました。

でも待ちきれずに一切れ味見~!味もバッチリだそうです!

DSC03179 DSC03183

可愛い巻き寿司づくりを通して、料理の楽しさ、日本食への興味を持ってもらえたら嬉しいです。

DSC03188 DSC03189

まきまみ先生、貴重な体験をありがとうございました。

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2016-03-14
【アフタースクール】パン工場に行こう!

2/20(土)パン工場見学に行って来ました。

見学させていただいたのは、桐生のおいしいパン屋さん、STYLE BREADさんの工場です。

12789922_1735238963379271_319782588_o

今回沢山の応募があり、午後のみの開催予定でしたが、急遽午前にも実施させていただきました。

小麦文化の桐生で育った子どもたち、パンが大好きなんですね。

 

さて、子どもたちには2班に分かれてもらい、工場見学とパン作り体験をさせてもらいました。

パン作りでは、ロールパンとねじりパンに挑戦!

DSC03018 DSC02994

工場の職員さんに丁寧に教えていただいて

DSC03000 DSC03052

みんなパン作りに夢中!

 DSC03077 DSC03054

集中して取り組んで

DSC03009  DSC03072

上手にできました。焼きあがったパンは良い香り!とっても美味しそうー!

DSC03069 DSC03097

自分たちで袋詰め。みんな上手にできてとても嬉しそうでした!

DSC03042 DSC03049

DSC03100 DSC03099

 

工場内は撮影禁止のため、写真はこちらのですが

DSC03092

粉を捏ねる機械や切り分ける機械を見たり、お酒のような匂いのする醗酵室に入らせていただきました。

パンを焼く場所はとっても暑いけれど、凍らせる部屋はとっても寒くて、

こどもたちは、働くことの大変さ、食べ物の大切にする気持ちを学ぶことができました。

こどもたちが驚いていたのは、工場にも人が沢山いて、手作業でひとつひとつ丁寧に作られているところでした。

そして働く人の作業の早さ、にこにこ楽しそうにお仕事されているのが、印象的だったようです。

DSC03036 DSC03104

スタイルブレッドさん、貴重な経験をさせていただきありがとうございました。

これからも美味しいパンを作りつづけてくださいね。

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2016-03-06
【アフタースクール】食事のバランス感覚を身に着けよう!

『親子DE学ぶ!桐生版フードソムリエ塾』 今回は第5回目で最終回でした。 これまで学んできたことの総まとめとして、桐生第一高校の調理科の先生に、「栄養バランス」について教えてもらいました。 food9 「さて、”たべる”を漢字で書ける人はいますか?」 元気よく手を挙げ、大きな「食べる」を書いてくれました。 「食べるという字には、2つの感じが隠れているのが分かりますか? そうです”人”と”良”という字です。つまり、食べるは人を良くするもの。だから、今日は幸せの授業です!」 そんな先生からの素敵なお話からはじまります。 Image まずは、グループに分かれて「おうちでよく食べているもの」「好きな料理」を話し合って模造紙に書き出します。 food2 そして、先生からバランスの良い食生活のために3つのことを教えてもらいました。  

1.朝ごはんを食べよう!

食べ物は、人間が活動するためのエネルギーの源!! 車で例えるなら、ガソリンみたいなもの。 朝、眠いかもしれないけど、しっかりたべて、すっきりした気持ちで学校へいこうね。  

2.砂糖の取り過ぎには注意!

みんなの大好きな、ジュース。 たとえば、1.5ℓのジュースには150gの砂糖が含まれています。先生が、実際に150gの砂糖を見せてくれました。 「うわ!こんなに入ってるの!?」 実際に見てみると、実感が湧きますね。 food10  

3.1日に必要な野菜の摂取量について

「野菜もしっかり食べなさい」 そんな風にお母さんに言わた経験は、誰しもあるはず。 では、1日に必要な野菜の量ってどのくらいでしょうか? そこで先生が見せてくれたのが、カット野菜。 food11 このカット野菜は350gあります。 ひとり、一日350gの野菜の摂取が必要だそうです。 もちろん、煮たり、焼いたり、いろいろな食べ方で、何回かに分けてOKです。  

4.バランスの良い食生活の「キーワード」

そして、最後に先生から、『孫は優しい』というキーワードを教えてもらいました。 ま・・・豆類 ご・・・ゴマ わ・・・わかめ(海藻類) や・・・野菜 さ・・・魚 し・・・しいたけ(きのこ類) い・・・イモ類 バランスの良い、食生活には、このキーワードを意識することが大切とのことです。     先生から4つのポイントを教えてもらって、最後には、自分たちで「バランスの良い食事メニュー」について考えてみます。 授業の初めに書いた、自分たちの好きな食べ物の中から、選んだり、付け加えたりして、「どうしたら、さらにバランスの良い食事になるか」グループごとに考えて発表してもらいました。   food7   food12   food6   food4     味噌汁に具材を増やしてみたり、おひたしを増やしたり、みんなでアイディアを出し合ってメニューを考えてくれました! 最後は集合写真。   今回は、『親子DE学ぶ!桐生版フードソムリエ塾』 の最終回ということで、認定証をお渡ししました。 見事に5回すべてに参加し子は「フードソムリエゴールド」、3~4回参加してくれ子は「フードソムリエシルバー」ということで、認定されました! これからは、フードソムリエとして、家庭で、学校で、活躍してくれることを期待しています。   food8

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »