2016-08

Posted on 2016-08-16
【インターン生のほのぼの活動日記】 8/15 ‐3日目‐

前回の投稿ではご迷惑をおかけしました。 キッズバレイのスタッフの方に指摘を受け、訂正できました。 インターンを初めて1週間たちましたが、周りの方々に助けられ、 少しずつですが成長しています。 image 今回はキッズバレイの法人会員であるトライプラス桐生校様の親子セミナーで 「勉強する意味」についての講演会を開くことになり、 自分は現役大学生のゲストとして登壇することになったので、 その講演会で使用する資料作成を行いました。 僕自身は大学生になった理由やその経緯を話す予定です。 大学生の魅力を120%以上伝えられるように頑張ります。   この講演会に登壇するにあたって、自分なりに 「中学生や高校生にとって勉強するってなんだろう…。」 と考えてみました。 あの頃の僕にとっては「テストでいい点をとる」が一番の答えでした。 その理由はテストで点が取れれば、先生や親に褒められ、 勉強する意欲がわきます。 受験の時は志望する学校に合格するためにも点数は重要となってきます。   今の中高生も同じような気持ちで受験に臨んでいる子も少なくないと 思います。 しかし、 実際に合格できるかわからないと言うプレッシャーに耐えられない。 周りが受験勉強に励んでるのにやる気が起きないなど、 受験勉強を避けてしまう子もいると考えます。 それなので、今回の講演は中学生には勉強する意味を 考える良い機会だと思います。 受験勉強で余裕がなくなる前に、 「ふと立ち止まって、自分と向き合って考える時間です。 1人だけでは引き出せない子もいると思います。 周りからのサポートがあって答えを出せるかもしれません。   中学生が自分の受験勉強と向き合うことができるためにも、 前述の通り、先に述べましたが、 大学生の魅力を伝えられるように頑張ります。                                            

RSS Feed  Tags:
Posted in Archives | No Comments »

 

Posted on 2016-08-15
【きりゅうアフタースクール】海の不思議を探しに行こう!2016

7月18日(月)の海の日に【海の不思議を探しに行こう!2016】が開催されました。   長引く梅雨で天気が心配でしたが、当日は見事な程の晴天! ひたちなか市 平磯海岸を目指して出発です。 先生はチャウス自然学校の加藤正幸先生、まり子先生です。 大学生リーダーたちも沢山参加してくれました。 DSC04220 DSC04227 バスをおりると海の香り!ワクワクします。 DSC04230 DSC04234 磯遊びでは班に分かれて、海の生き物を集めました。 どれだけ多く集められるかみんなで競争。 「ヤドカリ」や「ヒトデ」がたくさん!岩にかくれた「カニ」を見つけた子もいました。 DSC04259 DSC04266 DSC04293 DSC04251 中には服をびしょびしょにしてまで一生懸命探してくれた子も。 みんな「こんなにとれたよ!」と笑顔でおしえてくれました。 DSC04269 DSC04268 暑い日のひんやりとした海はとっても気持ちよさそうでした。   お弁当を食べたあとは「わくわく科学館」を見学しました。 DSC04314 DSC04316 不思議な装置にみんな興味深々の様子。 DSC04339 DSC04343 DSC04347 DSC04356 「次はぼくの番!」と積極的なこどもたちの姿がみられました。 この中から将来の科学者誕生の予感…!?   最後に今日一番楽しかったことをひとりずつ絵日記にかいて、本日は終了。 DSC04381 DSC04383 「もっと遊びたいよー…」と名残惜しそうな声も。。 DSC04386 DSC04387 群馬にはない海に大興奮の一日になりました。 たくさん遊んで、帰りのバスではみんなグッスリおやすみでした。 _DSC3345 また海の生き物をたくさん見つけたいね!

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2016-08-15
【インターン生のほのぼの日記】 8/12 -2日目-

先日、学童クラブにお邪魔したのですが、 何人ものこどもに抱きつかれたので、 2日間ほど首から、肩甲骨にかけて凄まじい筋肉痛に 悩まされました…笑 子育てに奮闘している親御さんの大変さを感じます。   今回は「きりゅうアフタースクール」の、 「かけっこ特訓教室」のお手伝いをさせていただきました。 DSC04659 「きりゅうアフタースクール」とは、 まちの誰もが先生となり、こどもたちに多様な体験の場を 提供することで、学びあい、地域社会とつながることで、 生きる力を育むプログラムです。 作家の方が絵本朗読コンサートを開いたり、 農家の人が先生になり、実際の畑をつかって農業体験をするなど、 バリエーションに富んだプログラムです。   今回の教室は毎回満員御礼の「かっけこ特訓教室」で、 広沢町にある、Coco-Loリハビリジムから、 理学療法士の西目直樹(にしめ なおき)さんが先生として、 こどもたちに速く走るコツを教えてくれました。 DSC04608DSC04625 準備体操から始まり、西目先生がこどもたちに腕ふりや脚の動作などの 基礎動作を教えた後に、実際に走ってみて、 教えてもらったことを実践するトレーニングを行いました。 こどもたちの中には熱心に先生の話を聞いて、 頑張っている子もいて、とても応援したくなりました。 DSC04660 そして最後は、こどもたち西目先生でなくが こどもたちと全力で競争して終了!!(写真一番奥) なぜ、西目先生でなく僕が走ったかというと…、 実は前回のブログで桐生第一高等学校出身と言いましたが、 その時の部活が陸上競技部だったからです。 そのため、西目先生がこどもたちに指導していたトレーニングは 陸上競技部にとって基礎中の基礎で、僕自身もとても参考になりました笑   ただ、一つだけ疑問に思うことがありました。 それは、西目先生がこどもたちに「速く走る必勝コツ」を教えないことです。 TVや書籍で「5分でわかる速く走るコツ」となづけて 紹介していることがあります。 この教室は全部で2回ですが、それでも2時間程度…。 こどもが速く走れるようになるために、短時間で 以上のようなコツを教えるのが一番と感じました。   西目先生に教えない理由を尋ねたとこと…、 「教えるのは簡単だが、正しい基礎的な動作を身に着けないと 走る時の悪い癖が治らず、偏ったフォームやバランスが原因で 怪我の原因につながる。」 と、こどもの健康を第一に考えた答えをいただきました。 しかし、同時に… 「ただ、基礎的なトレーニングは地味で、こどもたちが飽きてしまう。 次回の教室ではゲームを取り入れて、こどもが楽しくできるトレーニングを したい。」とおしゃっていました。   西目先生のお話と桐生アフタースクールのコンセプトを踏まえて、 この活動はこどもたちが、「自分の一番好きなこと」を見つける、 「きっかけづくり」と考えます。 今回の教室のように難しい分野もあると思います。 しかし、教える側はこどもたちが興味関心を持って、 身を乗り出しやりたがるような工夫を考えることは、 自分自身を成長させる「きっかけ」になると考えます。 「教えることは学ぶことである」とは、こういうことかもしれません。

 
 
 

 

RSS Feed  Posted in Archives | No Comments »

 

Posted on 2016-08-12
申し込み受付は終了しました。【全5回連続講座】スモールビジネスDIY講座を行います。

kanban ※申し込み受付は終了しました。 起業はハードルが高いけど、自分のスキマ時間を活用し、趣味や特技を生かしたい!という方を対象としたおこづかい稼ぎのノウハウを確立する全5回の連続スタートアップ講座を開催します。各回のワークを通じて自分の魅力、小商いの面白さを深掘りしていきましょう!あなたのライフスタイルに合わせた自分にしかできない商品やサービスをDIY(Do It Yourself)しませんか? ■プログラム 第1回 9月10日(土)10:00~15:00 「ガイダンス&セルフプロデュースをしよう!」 第2回 9月17日(土)10:00~15:00 「ビジネスアイデアをだそう!」 第3回 10月1日(土)10:00~15:00 「スモールビジネスモデルをつくろう!」 第4回 10月15日(土)10:00~15:00 「集客方法・チラシ作成のコツ」 最終回 11月5日(土)「仮想ブースで出店してみよう!」※ココトモ内にブースを設けます ■対象 全5回のプログラムに参加できる方 ※単発受講の受付はしていません。 ■受講料 10,000円(全5回/教材諸経費込) ※初回にて現金支払い ■申込締切 2016年9月3日(土)まで ■募集定員 5名 ■メイン講師 北村正貴(ココトモ所長) 桐生市出身。ファシリテーター兼地域づくりコーディネーター。 糸満市地域おこし協力隊を退任後、桐生市に戻り、協働地域づくりに関する研修、講座、会議、 参加者主体のワークショップの企画・運営・進行を行う。 ■申込方法 キッズバレイにて申込書を入手、または下記からダウンロードして、 必要事項をご記入の上、持ち込みまたはメール(kitamura@kids-valley.org)にてお申し込みください。 スモールビジネスDIY講座申込書.xslx ■会場 cocotomo(桐生市本町5丁目51 東武桐生ビル 1F) 【問い合わせ・申し込み先】 NPO法人キッズバレイ(担当:北村) TEL 0277-46-7486 MAIL kitamura@kids-valley.org 【主催・運営】 NPO法人キッズバレイ 376-0031 桐生市本町5丁目51 東武桐生ビル 1F

RSS Feed  Tags:,
Posted in EVENT | No Comments »

 

Posted on 2016-08-09
【インターン生のほのぼの活動記録】 8/9 -1日目-

本日からインターン生としてお世話になる、 東洋大学2年 新井悠利(あらいゆうり)といいます。 実は、僕は野球などのスポーツで有名な桐生第一高等学校出身です。 また、僕の家系が桐生市の黒保根に住んでいたので、 桐生市にはちょっとしたルーツを感じています。   このインターンでは最後に総括として、 地元の方に地元を知ってもらう地元学」をやります。 どんな地元学になるかは、これからの僕の活動次第です! 学生なりの目線で聞き手が、わくわくするような地元学が できるように頑張ります!   初回で長くなってしましたが、この活動記録は インターン中の日々の活動の記録です。 五感をフル回転させて、おもしろい記事を書けるように頑張ります。 期間限定なので是非是非読んでください♫   さて、初日の活動は広沢小学校の学童クラブにお邪魔しました! 夏休みなので、なんと140人ほどの子供が毎日のように来るそうです。 これがまたとっても元気元気で…笑 男性だからでしょうか、たくさんの子供からおんぶやだっこを せがまれました笑 児童クラブの先生方にお話を聞くと男性の先生がいなく、 こどもたちは長く遊んでくれる相手がいて、とても嬉しいそうです。 半日だけでしたが、先生に対する負担の大きさが伺えます。   しかし、こどもたちの無邪気な笑顔を見ていると、 とても愛おしい、この笑顔を守ってあげたいと感じました。 半日だけでしたが、こどもたちの活力とそれに負けない先生方の 活力は素晴らしかったです!! また、エネルギーをもらいにいきたいです♫   P.S 星野さんに「わびさびや」のジェラートをおごってもらいました。 とてもおいしくて、こどもたちに囲まれた熱くなった体を冷やしてくれました笑 ご馳走様でした! ここまで読んでくださりありがとうございました。                

RSS Feed  Posted in Archives | No Comments »

 

Posted on 2016-08-05
【アフタースクール】『DIYで僕たちの秘密基地をつくろう!』動画アップのお知らせ

きりゅうアフタースクール『DIYで僕たちの秘密基地をつくろう!』の様子を

プロのカメラマンが撮影してステキな動画にしてくれました!

子どもたちの真剣な表情、そして溢れる笑顔!

市民が先生となって子どもたちに沢山の学びを提供する。

アフタースクールの楽しさが沢山詰め込まれた映像です。

DIYで作ったのは、地元桐生の木材、そして釘をつかわず伝統的な技法で作ったステキな秘密基地です。

しばらくココトモに置いてありますので、ぜひ遊びに来てください。

先生をしていただいた、宮島工務店の宮島先生・園田さま、木材を提供いただいた株式会社前林さま、

そして撮影いただいた白藤さま本当にありがとうございました。

 

Posted on 2016-08-05
2016/8/5 上毛新聞オピニオン21

キッズバレイの星野が連載させていただいている

上毛新聞のオピニオン21が掲載されました。

オピニオン8月5日

RSS Feed  Tags:
Posted in MEDIA | No Comments »

 

Posted on 2016-08-04
【8~10月】<ままのWAきりゅう>イベント情報

【8~10月 イベント参加者募集中!】

factory+station

————————————————–

【在宅就労説明会】 ※男性のご参加もお待ちしております!

インターネットを使って働く新しい働き方「クラウドソーシング」についての説明会です。

クラウドソーシングの基本的なしくみ、クラウドソーシングサイトの紹介、

受発注される仕事内容・基本的な流れ・方法、必要な環境と知識、

クラウドソーシングの市場規模、キッズバレイのサポートと案件紹介などを行います。

 

【ライティング企画会議】

※「在宅就労説明会」参加者の中からライティングを希望する方が対象(企画会議のみの申込も可)

すぐに取りかかれるライティング案件の説明会です。

ライティングルール・WordPress入稿ルールを説明後、文章の書き方について学びます。

実際に1人1つのテーマを企画し、「構造シート」を作成するワークを行うことで、

自宅に帰ってすぐに執筆に取かかれるようにします。

 

●日程: 8月24日(水) / 9月20日(火) / 10月25日(火)  (※各回とも同じ内容です)

●時間: 在宅就労説明会 10:00~11:00 / ライティング企画会議 11:00~12:00

●会場: cocotomo(桐生市本町5-51)

●参加費: 無料

 

————————————————–

【第6回ままのWAステーション】

●テーマ: ひとり親

●日時: 9月7日(水) 10:00-12:00

●場所: cocotomo (桐生市本町5-51 東武桐生ビル1階)

●参加費: cocotomoドロップイン料金(参考:2H利用430円ドリンク・駐車券付き)

ママひとりの忙しい生活の中で生じる日々の悩みを同じ境遇の方々と

お茶を飲みながらお話ししてみませんか?

話をしたり、聞いたりすることで少し肩の荷がおりて新たな解決方法がみつかるかもしれません。

現在離婚を考えている方、普段パパの手伝いが得られない方、パパが単身赴任中の方の

ご参加もお待ちしております。

————————————————–

【お申込み方法】

参加希望プログラムをタイトルに明記し、

①お名前(ふりがな) ②連絡先電話番号 ③当日お子さまと一緒に来られる場合はお子様の人数と年齢

を本文中に記載して、以下のアドレスまでメールをお送りください。

 在宅就労説明会・ライティング企画会議 ⇒ work@kids-valley.org

 ままのWAステーション ⇒ mamanowa@kids-valley.org

【お問い合わせ】

NPO法人キッズバレイ

℡:0277-46-7486

RSS Feed  Tags:
Posted in EVENT | No Comments »

 

Posted on 2016-08-02
【参加者募集中 アフタースクール】8/23(火)「和の寺子屋」

【参加者募集中】
8/23(火)「和の寺子屋」
私たちの住む日本の文化についてみんなは知っているかな?
昔ながらのステキな日本家屋で日本のことを学んでみませんか?

岡福亭1 32

●日程:8月23日(火)10:00~14:00(受付9: 30~9:50)
●対象:小1(6歳)~小6(12歳)対象
※お子さまをお預かりしてのプログラムです。
●定員:10人(先着順)
●料金:3000円(和のランチ付き)
●場所:岡福亭(桐生市錦町2-9-13)
●先生:ウーリィ妙教先生(僧侶)、中村晴代先生、高石知枝先生(ゆいの家)
●持ち物:筆記用具/手拭タオル/飲み物/はさみ/ゴミ袋/2ℓの空のペットボトル(半分に切ってくる)/汚れていいタオル/新聞紙(朝刊分)
●内容:
1時間目 華道教室 (身近な花で空間を彩ろう)
2時間目 味わい教室 (「五味」について学ぼう)
3時間目 作法・礼法 (美しい作法を身に着けよう)
4時間目 座禅教室 (心を穏やかに集中してみよう)

【申込方法】
メールにてお申込みください。
メールアドレス : sanka@kids-valley.org
記入事項 : ①参加希望プロブラム名 ②参加者氏名(ふりがな)
③年齢・学年 ④保護者名 ⑤緊急連絡先の電話番号

RSS Feed  Tags:
Posted in EVENT | No Comments »

 

Posted on 2016-08-02
【アフタースクール】桐生れきし調査隊

7月31日(日)桐生れきし調査隊を開催しました。 桐生れきし調査隊とは… 桐生の昔の風景を写真とともに振り返りながら桐生の歴史を学んでいく調査隊です。 講師は法政大学デザイン工学研究科の堀尾 作人さんと株式会社桐生再生の津久井明さん。 織物のまちとして栄えた桐生には理由がありました。 それは水が豊かだったこと。 昔の天満宮や新宿、元宿近辺にはたくさんの水路が流れており、これを活用して染めや撚糸(糸を結ったもの)の技術が発達し、桐生の代表的な産業として栄えていきました。 DSCF1649 DSCF1705 ▼回遊ポイント ①四辻の齋嘉 ②旧書上家(書上商店) ③新川遊園地 ④撚糸水車 ⑤発電所址 子ども達の中には夏休みの自由研究の題材にするということで、写真をたくさん撮ったり、ノートにメモしたりと目を輝かせていました。 DSCF1689 DSCF1788 桐生のまちを巡ると意外な発見があります。 昔ながらの赤レンガや水路の跡、昭和以前にできた建造物や看板。 どれもインターネット上では探すことのできない歴史的な宝物。 画面を見るのもいいけど、たまには外の桐生に触れるのも良い。 なぜ桐生に住んでいるのか、なぜ桐生が好きで移住する人がいるのか分かることがたくさんあります。 長年住んでいると当たり前になってしまうこともたくさんあります。 それらに疑問を持つことで生まれる桐生への愛。 さらに理解していくには自分の足で桐生に触れること、桐生を考えること。 こういうひとつひとつが大人になった時の故郷を思い返すいい機会になると思います。 「桐生はなにもない」「桐生はつまらない」が半分でもいいから減ってくれたら桐生はさらに良くなるんじゃないのかなと思います。

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

2 / 212