INFORMATION

【プレスリリース】日本初!!株式会社スペースマーケットとの業務提携による桐生市の遊休施設活用について


2015年5月15日

日本初!株式会社スペースマーケットとの

業務提携による桐生市の遊休施設活用について

NPO法人キッズバレイ 代表理事  赤石 麻実

  若者・子育て世代の「くらし」と「仕事」を支援するNPO法人キッズバレイ(代表理事 赤石 麻実)は、地域経済活性化に資する新規事業として、桐生市内の魅力溢れる施設の遊休時間を活用し、市外から人を呼び込み新たな交流を生み出すことを目的に、WEB上でユニークな空きスペースの貸し借りができるサービス「 スペースマーケット 」を運営する株式会社スペースマーケット(東京都新宿区 代表取締役重松 大輔)と業務提携いたします。   [ 背景と目的 ]  現在、世界中でソーシャルメディアやスマートフォン等IT技術を活用した、サービス・人材・プロダクトなど、有形無形のものを共有し、利用者が必要な時に利用できる「シェアリングエコノミー」と呼ばれる非所有型の仕組みが急速に拡大しています。  中でもシェアリングエコノミーの草分け的存在であるアメリカの「Airbnb」は、自宅の空き部屋を貸したい人と、部屋を借りたい旅行者をWEB上で仲介する宿泊仲介サービスで、2008年の設立以来、190カ国以上でサービス展開し、通算ゲスト数として2,500万人以上の実績をあげています。  また、スマートフォンのGPS機能や専用アプリを利用し、登録している近くのドライバーを即時配車できるライドシェアサービス「Uber」は、2009年に設立以降、54カ国、280都市以上の都市でサービス展開をしています。  どちらの仕組みも、提供側は、空き部屋・空車等の稼働率をあげ有効利用することができ、利用側は、WEBやスマホを使って、簡単かつ安価にサービスを利用できるという価値を提供しています。  この波は国内にも及んでおり、印刷設備の非稼働時間を活用して、WEB上で全国から集めた受注をマッチングすることで安価な印刷サービスを提供する「ラクスル」など、日本独自のサービスも次々に生まれています。  今回、キッズバレイが提携する株式会社スペースマーケットは、映画館やお寺、野球場等といったユニークな場所の遊休時間を貸し借りできる「 スペースマーケット 」を展開しており、全国各地にある遊休施設の有効活用を推進する仕組みとして大きな注目を集めています。  統一地方選も終わり、国が掲げる地方創生もいよいよ実行フェーズに移行する中、キッズバレイは、桐生創生の取組みの一つとして、先日、文化庁の「日本遺産(※)」にも認定された桐生市そのものを一つのスペースと見立て、スペースマーケットのプラットフォームを全国に先駆けて活用し、市内の魅力的な施設等を日本中に発信していきます。  更に、スペースマーケットは、東京オリンピック開催の2020年を視野に入れ、各地域への外国人旅行者のインバウンドニーズを取り込むため、2016年には英語サイトを公開する予定なので、桐生の魅力をいち早く世界に向けてアピールし、世界中から桐生に旅行者を呼びこみたいと思います。  本提携を通じて、キッズバレイは、桐生市及び施設オーナー等と連携し、桐生市内の魅力的なスペースの有効活用を推進するともに、市外から人を呼び込み新たな交流及び経済循環を生み出し、地域経済活性化につなげていきます。 (※)日本遺産・・・「歴史的経緯や地域の風土に根ざし世代を超えて受け継がれている伝承、風習等を踏まえた明確なストーリーをもった文化財等」を基準に文化庁が認定。2015年4月24日に、全国で18件が初めて認定された。生市は、甘楽町、中之条町、片品村と4地域合同で申請した「かかあ天下-ぐんま絹物語-」で認定され、構成される12件の文化財のうち6件(白瀧神社、旧模範工場桐生撚糸合資会社事務所棟、桐生新町重要伝統的建造物群保存地区、後藤織物、織物参考館〝紫〟、桐生織物会館旧館)が市内。   [ 提携概要 ] スペースマーケットは、「 スペースマーケット 」上に地域活性化を目的とした桐生市まとめ特設ページを作り、キッズバレイは桐生市対象物件の総括オーナーとなり、対象施設の選定・企画・登録・コンシェルジュサービス(利用者に対し、桐生市内の観光名所等の総合案内サービス)等を提供します。 ※キッズバレイは、旅行業法に抵触する業務を行うことはありません。   [ 掲載施設 ] 5月15日(金)現在においては、以下の3施設を掲載しています。なお、掲載施設は順次増やしていきます。 ①わたらせ渓谷鐵道 桐生駅から栃木県日光市の間藤駅までを結ぶ、渡良瀬川上流の渓谷に沿って走る鉄道です。四季折々の季節感を体一杯に感じながら、渓谷の絶景を堪能できます。また、沿線には37箇所の国の登録有形文化財があり景色とともに楽しむことができます。本鉄道の列車を丸ごと貸し切りするプランもあります。 ②四辻の斎嘉 歴史ある織物の街である桐生で営まれた旧斎嘉織物の主屋であり、木造二階建ての重厚な建物は、国から重要伝統的建造物群保存地区エリアに指定されたエリアに隣接しており、明治11年に建てられた蔵と大正12年に上棟した主屋、蔵前の座敷に囲炉裏のある土間、1階に5部屋、2階に2部屋という広い居宅です。 ③コワーキング&コミュニティスペース「 cocotomo 」 JR桐生駅から徒歩10分。桐生の商店街の中心に位置する本町5丁目交差点にココトモはあります。 「ここからともに」を合い言葉にスタートしたココトモは、地域初のコワーキング&コミュニティスペースとして、電源、WiFi、コーヒーマシン等を完備しています。   [ スペースマーケット 桐生市特設サイトURL ] https://spacemarket.com/features/kiryu   [ 提携及びサイト公開日時 ] 5月15日(金)10:00   [ プレスリリースお問い合わせ先 ] NPO法人キッズバレイ  TEL :0277-46-7486 E-Mail : contact@kids-valley.org

RSS Feed  Tags:
Posted on 2015-05-15 | Posted in INFORMATION | No Comments »

Related Posts

 

Comment

コメントを書くにはログインが必要です