AFTER_SCHOOL, REPORT

【アフタースクール】「ちびっこ冒険隊!雪あそび2019」を開催しました!


きりゅうアフタースクールの冬の風物詩といえば…雪あそび!!
1月19日(土)~20日(日)で「ちびっこ冒険隊!雪あそび2019」を実施しました。
今年も群馬県川場村のNPO法人あるきんぐ・ネイチャーセンター山の家にお世話になりました。

毎年、雪がちゃんと積もっていますように、
当日は良い天気でありますようにとスタッフ一同で願っていましたが今年は晴れが続きました。

子どもたちの中には雪あそびをしたことのない子や久しぶりの子もいて、
道中のバスはテンションが高い高い!
お世話になる辻田洋介さん(ようちゃん)と直子さん(なおちゃん)に
はじめましての挨拶をして、いざ雪のフィールドへ出発!

みんなソリをしたり子どもが4人乗れるゴムチューブに乗ったり、かまくら作ったり、
ブランコしたり、雪合戦したり…我慢していた分みんな大いに楽しんでいました。


夕方になり今年はなんと雪原の中で五右衛門ぶろに入りました。
子どもが4人は入れるサイズのためお湯を沸かすのに薪をくべる子、
水をバケツリレーする子、あったかさをチェックする人、
子どもたちが率先して役割分担し、約2時間で完成♪

入るのは参加者の中で1人いればいいだろうとスタッフみんなが思っていたが…なんと希望者は8名!
男の子も女の子も、寒い寒い言いながら、五右衛門風呂を満喫していました!

2日目は午前中だけ雪あそび。
ようちゃんの提案でソリを持って雪山を登り森の中のソリスポットに繰り出しました。
慣れない雪道や急な斜面に戸惑いながら、まるで登山家のように果敢に山奥に進んでいきました!

  

スポットに着くとようちゃんから面白い提案が。それは「雪を食べよう!!」。
バッグから何を出すかと思ったらカルピス。
みんなフカフカの雪の場所を探して、手のひらいっぱいにすくって、カルピスかけてモグモグ。
山登りでノドも乾いていたのでみんな雪カルピスに夢中。
山の中の誰も足を踏み入れない場所の雪だからこそできる荒業!ようちゃんさすがです!!

急な山道でのソリはスピードも出るし、ソリに慣れてきた子どもたちは一心不乱に登っては滑り、登っては滑りの繰り返し。
スタッフは子どもの体力がうらやましいと思いました!

あっという間に2日間の雪あそびはおしまい。
ようちゃんとなおちゃんにお礼を言って、最後はみんなでハイチーズ!

 

NPO法人あるきんぐクラブネイチャーセンターさんのブログにも載せていただきました!
キッズバレイな雪遊び~その壱~
キッズバレイな雪遊び~その弐~

 

RSS Feed  Tags:
Posted on 2019-01-23 | Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

Related Posts