AFTER_SCHOOL, REPORT

【きりゅうアフタースクール】お米の学校2019「田植え体験」を開催しました!


「きりゅうアフタースクール」プレゼンツ《お米の学校2019》が始まりました!

まずは田植えということで、6/1(土)に黒保根の「めぐり屋」さんで体験プログラムを開催。
今回はうれしいことに満員御礼
たくさんの親子にご参加いただき、ありがとうございました!

市民先生として「のうえん・めぐり屋」の梶山忠裕先生「和や(なごみや)」の桜井細香(さやか)先生のおふたりにご協力お願いし、みんなでいい汗かいてきました。

青空の下、黒保根の豊かな自然のなかを吹きぬける風はとってもさわやか。
なんにもせずに、ただボーっとしているだけで癒されます(笑)
梶山先生が、タネからお米ができるまでをわかりやすく説明をしてくれました。

お米のタネをじっと観察する子どもたち。初めて目にする子が大半です。
ミジンコを観察 できるように準備してくれたので、田んぼの中の生きものについても知ることができちゃいました。

お米について学んだところで、いよいよ田植え体験です!
ドキドキしながら田んぼに入っていく子どもたち。
泥に足を取られてなかなか進みません。
がんばれー!!

だんだんとぬかるみにも慣れ、苗を植える姿がサマになってきました。


一度水没したら吹っ切れるんですよね、田んぼの中で座っちゃう子もいたり。
田植えより、カエルを捕まえるのに必死な子も(笑)

 

田んぼの半分まで苗を植えたところで、飽きちゃった子たちはごはん作りを手伝うことにしました。
まずは畑に行ってスナップエンドウを収穫。
ぷっくりとしておいしそう。

 

今日のお昼ごはんはここで採れた野菜が中心。
そして釜で炊き上げた黒保根産のお米をおにぎりにしていただきます。
ちょうど田植えを終えた子たちも戻ってきて合流。
みんなでお昼ごはんの用意です。


お野菜たっぷりのホイル焼きはピザ窯でじっくり焼きます。
湯むきしたトマトをつぶしてゼリーも作りました。
かなりおなかが空いていたらしく、待てずにできたところからモグモグ(笑)
おにぎりはとてもおいしかったようで、あっという間にお釜がカラになりました。

 

「田植えは難しかったけど楽しかった」
「水が冷たかった」
「ごはんがおいしかった」
「泥が楽しい」
と、大人も子どもも五感をフルに使い黒保根の自然を満喫したようです。

参加してくれたみんな、先生、クルーのみなさん、
本当にお疲れさまでした!!

《お米の学校2019》は全4回のプログラム。単発でのお申し込みもOKです。
次回は「稲刈り体験」
またここでお会いしましょう!

【のうえん・めぐり屋】https://meguriyafarm.com/
【和や(なごみや)】http://nagomiyavege.com/

RSS Feed  Tags:
Posted on 2019-06-06 | Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

Related Posts