AFTER_SCHOOL, REPORT

【きりゅうアフタースクール】お米の学校2019「稲刈り体験」を開催しました!


9/28(土)に「稲刈り体験」を開催しました。
予報どおり、雲多めの天気。まさに稲刈り日和です!

今回も息がピッタリ合う、めぐり屋さん和や(なごみや)さんのおふたりにご指導いただきました。

 

まずは稲穂についてのお話から。
稲穂のお米をきちんととっておけば、来年の春の種まきに使えること。
それが苗になり、またお米がとれることを学びました。

「稲穂には、いくつお米がついていると思う?」
という先生のひとことから、みんなで数えることに。
これほど時間をかけてお米を観察したのは初めての経験です。
もみ殻から玄米をとりだしてみました。
みんながいつも食べるお米とおなじかな?

和や(なごみや)さんが絵本を読んでくれました。
みんなの気持ちが盛りあがったところで、稲刈りのスタートです!

 

田んぼまでは、虫取りタイム。
トンボやチョウ、テントウムシに夢中の子どもたち。
しっかり虫かご持参の参加者もいたりして(笑)

 

田んぼは黄金色に輝き、正しい日本の秋の風景って感じです。
今回は、未就学児もカマを持ち手刈りをすることにしました。
ケガしないように気をつけながら刈っていこうね!

 
 

最初はカマを持つのもぎこちない様子の子どもたちが、
何度かやっているうちに慣れてきて、
「サクッ、サクッ」という、稲を刈るときの感触を楽しめるようになる子もいました。
これが気持ちいいんだよね~。
稲を刈るペースがあがり、大人は※はぜ掛けに大忙し!
(※はぜ掛け…束ねた稲を竹などの支柱に干していくこと)

 

 

 

稲刈り体験を終えたら、お昼ごはんの材料になる野菜を収穫します。
長ネギ、ニンジン、里芋をアルミホイルに包んでピザ窯で焼いていきます。
ちなみにピザも作って焼きました(笑)

ネギを真っ直ぐに抜くのが難しくて苦戦する子、
採れた里芋の大きさに驚く子と、
どろんこになりながらの農作業を楽しみました。

 

 

 

今回も盛りだくさんなお昼ごはんで、子どもも大人も大満足!! 
黒保根の豊かな自然で育った野菜とお米をパクパクいただいちゃいます。

いい汗をかいた後のごはんは、なんておいしいんだろう! 
おかわりしちゃおう♪

 

 

お天気にも恵まれ、ケガもなく無事にプログラムを終了することができ、ホッとしています。
先生をはじめ、サポートして下さったスタッフの方たち、
そして参加してくれたみなさん、
ありがとうございました! 

 

 

 

「お米の学校2019」も折り返し地点。
次回は10/27(日)に「せんべい焼き体験」を開催する予定です。
楽しく学び、ココロとカラダが喜ぶ体験プログラム。
よかったらまた、ご参加くださいね!

RSS Feed  Tags:
Posted on 2019-10-08 | Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

Related Posts