AFTER_SCHOOL, REPORT

【アフタースクール】お米の学校・稲刈りを開催しました!


9/24(日)にお米の学校「稲刈り」を開催しました。
当初は23日に予定していましたが、あいにくの雨。
かなりの雨量だったようでなかなか水が引かず、日曜日も無理か…
とハラハラしましたが、お天気が回復!ホッと一安心です。

今回も群大の未来創生塾のみなさんと一緒にいい汗をかいちゃいますよ~
よろしくお願いします!!

あいさつをしたら、遠藤先生に稲刈りのやり方を教えてもらいます。
作業はとっても簡単で、「稲をカマで刈る→8株くらいにまとめてヒモでしばる→干す」の流れ。
去年は2,000束くらいできたんですって。

うーん、2,000束か…がんばろう!まずはストレッチから。
去年は見事に筋肉痛になり、1週間動けなかったんだよね(笑)

長靴にはきかえ、軍手をしたら準備完了。
カマで刈る人と束ねる人、1組になって作業をします。
乾燥した稲を刈る時の、ザクッという感触。
1回で上手に刈れたときの気持ちよさったら。これ、けっこう楽しいんですよ。
稲刈り2年目のわたし、去年より断然手際がよくなってる!

たくさんの稲穂で黄金色だった田んぼ。作業が進むにつれて茶色に変わっていきます。
いいペース。みんな真剣すぎて、熱中症が心配です。
水分補給は忘れずにね!

とはいえ、単純でキツイ農作業。
おひさまの動きとは反対に、子どもたちの集中力とやる気は下がっていきます。
ここまでやれたじゃん!もう少しだよ、がんばろう!!

気がつけば予想以上のスピードで作業が進んでいたようで、あとは干すだけ。
小さな子には届かないので、ここは大人の出番です。
もうひと踏んばり!

稲を干し終ると、目の前にはよき田舎の風景が広がっていました。
春の種まきからちょうど5か月。終わってみるとあっという間だったな。

お米の学校は、天候に左右されるプログラムです。
自然の大きなふところの中で生き、人間のチカラではどうにもならないことがあるということを知る。
その偉大さを感じ、自然の恵みに感謝するきっかけになれたらうれしいです。

10/29(日)は、お待ちかねの「収穫祭」。
おいしいおにぎりとお餅が食べたい人、この指とーまれ!
「今までの農作業に参加していません」っていう方も遠慮なく。
両手を広げてウエルカムですよ!

来月も、黒保根の山の中でお待ちしております!!

RSS Feed  Tags:
Posted on 2017-09-30 | Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

Related Posts