AFTER_SCHOOL, REPORT

【アフタースクール】「お米の学校/収穫祭」を開催しました!


10/29(日)待ちに待った「収穫祭」を開催しました。
春の種まきからちょうど半年。おいしい黒保根の新米とご対面です!!

そして正月でもないのに“餅つき”もやってしまおうという、
とってもしあわせな一日です(笑)
今回も黒保根の「星定観光農園」さんにお世話になります。
星野みどり先生、よろしくお願いします!

先週に引き続き、今日も雨。
かまどになかなか火がつかず、どうなることかと心配でしたが、どうにか火入れに成功。
餅つき用のもち米を炊いていきます。

子どもたちはめったに見ることのないかまどの火と煙のにおいに興味深々。
雨などものともせず、何度も様子を見にいきます。
杵(きね)と臼(うす)も気になって仕方がありません。
うん、わかる~、思わず触りたくなっちゃうよね!

20171029(3) 20171029(5)

お餅はあとでのお楽しみにとっておき、まずは新米DEおにぎり。
手を洗ってから、みんなでおにぎりをにぎっていきます。
お水を手につけ過ぎてごはん粒がバラバラと落ちてしまう子。
どんな形でにぎろうか、いろいろと試してみる子。
味わい深いおにぎり作品集ができあがりました。

そうこうしているうちに、もち米が炊き上がったようです。
さあ、餅つき大会のはじまり、はじまり~!
最初に力持ちのお父さんたちにがんばってもらいましょう。
臼にもち米を入れ、杵で上手にこねていきます。
これは力もいるし、こどもたちには難しいな。

程よくまとまったところで子どもたちの出番です。
小さい子でもつけるようにと、子ども用の杵も用意していただきました。
高学年のお兄さんを中心に、子どもたち自身で順番を決め、餅つきをしていきます。

小さな子には「大丈夫?手伝ってあげるよ!」と声をかけ、進んで面倒をみてくれます。
いいですね、こういうの。
自主的に取り組んでもらえるっていいなあ。
大人も子どもにかえり、みんなで餅つきを楽しみました。
お腹がすいた!はやく食べたい!!

20171029(13) 20171029(1)

ついたお餅はきな粉と大根であえることに。
子どもたちはお餅をひと口大の大きさにちぎるのが難しいようで苦戦しています。
ひもかわのような形だったり、大きなかたまりだったり(笑)。
あとちょっとだよ、がんばろう。
ふぅ、やっと終了!!お疲れさまでした!

さあ、みんなでいただきましょう!
白く輝くおにぎり。半年間、いろいろな人の手で大切に育てられました。

20171029(14) 20171029(10)

無事に実り、それをいただけるしあわせ。これはひと粒も残せないよね。
自分で育ててみてはじめてわかる苦労。
みんなで協力しなければつくることはできないということ。
人間には到底及ぶことのできない自然のチカラ。

子どもたちと一緒に、いろんなことを学ばせてもらいました。
そうそう、待つことの大切さもね!
あー、おいしかった!!ごちそうさまでした。

お米の学校も残すところあと一回となりました。
最終回は12/17(日)「米粉のケーキづくり」です。
まだまだ参加者募集していますよ。
一足早くクリスマスを味わいたい方、ぜひ一緒にお菓子づくりしましょう!

RSS Feed  Tags:
Posted on 2017-11-15 | Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

Related Posts