AFTER_SCHOOL, REPORT

【アフタースクール】「スーパー雪あそび2018」を開催しました!


川場村に一泊二日で雪あそびに行ってきました!
毎年大人気のプログラムで、今回もあっという間に満員御礼。
ありがたいことです!!

今年も「NPO法人あるきんぐ・ネイチャーセンター山の家」の
ようちゃんとなおちゃんにお世話になりました。
ようちゃんは子どもたちを楽しませる達人です。
一度遊びに行ったらファンになっちゃいます。

1/20(土)の朝、新桐生駅に集合。
みんな大きな荷物をかかえてやってきます。
ワクワクする気持ちもバッグの中身もパンパンだね。
お父さんお母さんに手をふりながら、バスは川場村に向けて出発。
いよいよ冒険のはじまりです!!

途中ちょっと道が混んでいたけど、ほぼ予定どおりに到着しました。
「山の家」では、看板娘のくまこがみんなを迎えてくれました。
(くまこは目のきれいな、子どもをこよなく愛するおりこうな犬です)

思ったほど雪はないけど、とりあえずそり遊びはできるということでひと安心。
ようちゃんが事前にそりすべり用コースを作ってくれていたので、安全に楽しく遊べます。
さあ、着がえたら雪あそびだ!!

ひたすらスコップで穴を掘る子。
ひとつのそりにてんこ盛りになってすべっていく子どもたち。
自分たちで考えて改良を重ね、素敵なかまくらを完成させるグループなどなど。
みんな思い思いに雪あそびを満喫しています。

スタッフも子どもたちといっしょになって雪あそび。
そりですべるなんて何年ぶりだろう?
これ、はまっちゃうね!たのしーーい!!


夕方まで思う存分あそび、「山の家」に帰ったらお風呂タイムです。
お腹がすいたけど、サッパリしてからごはんにしようね。
食事の準備を手伝ってくれた有志にお礼を言い、手を合わせていただきまーす!
今晩は親子丼です。
ようちゃんの奥さんのなおちゃんが作ってくれました。
やっぱりみんなで食べるとおいしいね!

食事のあとは、ゆるゆるとだんらんタイム。
パズルをする子、本を読む子、ボードゲームをする子と、
寝る時間になるまでのんびりと過ごします。

子どもたちに人気だったのが「上毛かるた」。
女子も男子も好きだね、これ。
久しぶりにやったけど、全然子どもたちに歯が立ちませんでした。残念!

おおっと、気がつけば就寝時間じゃないですか。
今日はここまでだね。おやすみなさい…

親元を離れての宿泊が初めてで、なかなか寝つかれなかった子もいましたが、
みんな朝から元気いっぱい。
ヒツジさんとくまこに、朝ごはんをあげるお手伝いをしてくれました。
寒い中ありがとうね!
思いっきり遊べるよう、みんなもしっかりとごはんを食べておこう。
食事がすんだら雪あそびの再開です。

今日はアイスづくりに挑戦します。
作り方は簡単。容器にジュースを入れて密封。
それをビニール袋に移し、雪と塩で袋をいっぱいにします。
中身が出ないように袋をしばり、最後にタオルをかぶせてテープでぐるぐる巻きにしたら、
あとは転がすだけ。だけって…いやいやこれ、かなり重いんですけど。

20分転がせるかな??うぅ、おいしいアイスを食べるためにがんばります!!
休憩しながら転がし、4個中3個は無事にアイスになりました。よかった~
その中でもオレンジジュースでつくったシャーベットが一番人気でした。

お昼まで遊び、カレーライスを食べたらもう帰る時間です。
楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。
最後、迎えのバスがきてくれるところまで、くまこといっしょに歩いていくことになりました。
名残惜しいですが、ここでお別れです。
ようちゃん、なおちゃん、くまこ、ありがとうございました!!
またあそびに来るね!

子どもたちは、ケンカをしたりみんなといっしょに笑い転げたりしながら、
ここでしかできないことをたくさん体験しました。

私たちスタッフも、子どもたちと過ごすことでたくさんの学びと気づきがありました。
いろいろなドラマが生まれる宿泊プログラム。また来年も開催したいです。

RSS Feed  Tags:
Posted on 2018-01-30 | Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

Related Posts