REPORT, STUDY MEETS

【スタディミーツ 】ぐんまの家庭教育応援フォーラムに参加しました(11月17日/土)


11月17日(土) ぐんまの家庭教育応援フォーラムに参加!

 

「ぐんまの家庭教育応援フォーラム」が、11月17日(土)に群馬県生涯学習センターで開催されました。
このフォーラムは、基調講演やパネルディスカッション、ポスターセッションなどを通して、群馬県内で家庭教育の支援に関する活動をしている各団体の活動を知ったり交流できるような場でした。

 

 

家庭とこどもを取りまく環境は、社会の変化に伴い形を変えていっています。地域における人間関係の希薄化、こどもをもつ家庭の孤立、児童虐待相談件数の増加など、家庭教育における問題は様々。

基調講演では、問題解決のきっかけに“ゆるいつながり”をキーワードとし、人と人が知り合うハードルを低く、幅広く交流できるような関係性を提案していました。“ゆるいつながり”は、強制的なつながりや協調による関係ではなく、「共感」しあう者同士が繋がり、支え合ったり行動しあう関係性であること。スタディミーツにおいての小・中学生と大学生、大学生同士の関係性に通じるところもあり、こうした考え方と関係が広まればいいなぁと感じました。

 

4団体の代表者がファシリーテーターの問いかけに応える「パネルディスカッション」では、各団体の成り立ちや活動・課題などを拝聴しました。それぞれの団体さんが、地道で真摯に課題解決のために取り組んでこられてきたこと、今後の発展についてお話を伺う良い機会でした。一緒に話しを聞いた学生スタッフも、普段は触れ合うことのない分野の方々の話を真剣に受け止めている様子でした。

 

フォーラムのラストは、スタディミーツが参加した「ポスターセッション」。

こども食堂や無料学習支援など含む家庭教育支援に取り組む13団体が、思い想いのポスターを作成し、来場者に日頃の活動や課題、質疑応答に答えました。発表は、スタディミーツ 学生スタッフの成田さんと石川くんが担当。関心を寄せていただいた方から、良い評価や反応をいただいたことに嬉しそうな2人でした。また、他団体さんの取り組みも見学し、刺激をいただいてきました。

 

今回が初開催だという「ぐんまの家庭教育応援フォーラム」。
団体の交流の場として、他団体の活動を知る場として、また支援を必要としていたり活動をはじめたいと思う人のきっかけ作りの場として、これからも継続した開催を期待しています。(スタディミーツ担当:阿部)

RSS Feed  Posted on 2018-11-18 | Posted in REPORT, STUDY MEETS | No Comments »

Related Posts