AFTER_SCHOOL, BLOG, REPORT

【アフタースクール】DIYで僕たちの秘密基地を作ろう!


8/1(月)に「DIYで僕たちの秘密基地を作ろう!」を開催しました。

これは『桐生で育った木を使い、伝統的な方法で作る建物について学んじゃおう』というプログラム。

定員20人で募集をしたところ、開けてみてビックリ!!

30人を超える、たくさんの子どもたちが参加してくれました。

 

今回は“市民先生”として、設計士の宮島章さんと大工の園田棟梁をお招きしました。

お二人は桐生市境野町にある「宮島工務店」でお仕事をする“家づくり”のプロ。

息もピッタリの名コンビです。

DSC04525

まずは受付でチーム分け。

今日は6チームに分かれて作業をします。

秘密基地の設計図も用意してくれたんですよ。かなり本格的です。

 

安全に作業するため、ヘルメット(自転車用の)と軍手をしてスタンバイOK。

設計図を持った姿はまさに職人です。

みんなかっこいい!

 

先生にあいさつをした後はお勉強タイム。

章先生から釘を使わない「木組」という技で作る家のこと、その材料となる地元梅田産の木材のことや「上棟式」というお祝いについて、プロジェクターの映像を見ながらわかりやすく教えてもらいました。

DSC04513 DSC04517

基本を学んだら、待ちに待った秘密基地作りのスタートです。

チームごとに、みんなで力を合わせて木材を運びます。

自分の身長よりも大きい材料がいっぱい。ケガをしないよう気をつけて。

DSC04548

そして園田棟梁の指示のもと、慎重に木を組み合わせていきます。

子どもたちの一生懸命な姿。

女の子も重たい木づちを使ってしっかりとはめ込みます。

DSC04528 DSC04529

組み立て作業は土台作りから始まり、柱、梁(はり)、桁(けた)と順調に進んでいきます。

DSC04541 DSC04543 DSC04552 DSC04565

みんな疲れてきたかな?完成まであと少し、がんばろう。

作業も大詰め。交代で足場に上り、垂木(たるき)を組んでいきます。

DSC04564 DSC04568

最後の1本を組んだら……ふぅ、無事完成です!

DSC04570 DSC04589

すごーい!!こんなに立派な秘密基地になるなんて!

ベンチまで備え付けられていてナイス。

完成度、高すぎます。

 

秘密基地で遊びたい気持ちを押さえつつ、お土産用の“ネームプレート”も作りましたよ。

DSC04579 DSC04592

木の端材をデコって、ぶら下げるための麻ひもを付ければできあがり。

一人一人の持ち味が出ていて、素敵な作品になりました。

DSC04577 DSC04586

 

その“ネームプレート”を秘密基地にぶら下げたら、次は「上棟式」です。

「上棟式」とは、建物の骨組みができあがったことへの感謝と、その建物が無事に完成することを願って行うもの。

 

章先生と園田棟梁が秘密基地の一番上に登ってお菓子をまいてくれました。

みんな楽しそうに拾ってるね~。(いや、真剣にかな?)

DSC04597 DSC04598

 

そしてプログラムのラスト、拍手して終わり…ではなく、心温まるサプライズで締めくくりました。

なんと8/1は章先生のお誕生日。

“今日はありがとう”と“お誕生日おめでとう”の両方の気持ちを込めて、『ハッピー・バースデー』をみんなで歌いました。

DSC04603

なかなか味わえない、貴重な体験ができた1日。

みんなよくがんばったね。

章先生、園田棟梁、本当にありがとうございました。

 

これをきっかけに、大工さんになりたいっていう子が出てくるかもしれないですね。

 

そんな、思い出に残る1日をムービーにまとめたのでご覧ください!!

 

 

RSS Feed  Tags:
Posted on 2016-08-28 | Posted in AFTER_SCHOOL, BLOG, REPORT | No Comments »

Related Posts

 

Comment

コメントを書くにはログインが必要です