AFTER_SCHOOL

Posted on 2018-01-16
【きりゅうアフタースクール】 2月・3月プログラムのご案内

2月・3月のプログラムが揃いました!

以下のプログラムをご覧いただき、
ご希望のプログラムがある場合は、sanka@kids-valley.orgまで
下記の明記事項を参照の上、メールをお送りください。
申込み締切は開催日の3日前です。

【明記事項】
1.参加プログラム名
2.参加者名(ふりがな)
3.年齢と学年
4.保護者氏名
5.緊急連絡先電話番号
※ドメイン設定されている場合は、sanka@kids-valley.orgからのメールを受け取れるように
 設定をお願いします。
※端末によっては、迷惑メールフォルダに受信される場合もございます。

*キッズバレイからメールが届かないお客様へ*
http://kids-valley.org/information/post-7533/

きりゅうアフタースクールチラシおもて きりゅうアフタースクールチラシうら 

【アフタースクール2月~3月プログラム】
▼イタリアンジェラート・ミラノでプチ☆アイス屋さん体験!▼
 もうすぐバレンタイン!ジェラートづくりの工程を学んで、イベントだけの限定チョコレートフレーバーを自分でカップに盛り付けちゃおう!
  日時:2月3日(土)10:00~12:00(受付9:45~)
  対象:小学1年生~6年生
  定員:16名(先着順)
  参加費:700円
  会場:イタリアンジェラート・ミラノ(桐生市相生町4-74-1)
  市民先生:イタリアンジェラート・ミラノのみなさん
  持ち物:ハンカチ/エプロン/三角巾/マスク/飲み物
  ※お子さまをお預かりするプログラムです。保護者で見学希望の方は事前にお知らせください。
  ※アレルギーのある方はお知らせください。

▼大人気!STYLE BREADパン工場見学▼
 美味しいパン屋さんの工場を見学してみよう!簡単パン作り体験もあります!
  日時:2月10日(土)
     ①午前枠:10:00~12:00(受付9:40~)
     ②午後枠:15:00~17:00(受付14:40~)
  対象:小学1年生~小学6年生
  定員:①②各20名(先着順)
     ※人気プログラムのため、過去にスタイルブレッド工場見学に参加経験のある方は
      各回最大10名までと制限させていただきます。
  参加費:500円
  会場:スタイルブレッド本社工場(桐生市広沢町1-2525-2)
  市民先生:スタイルブレッドのみなさん
  持ち物:手拭きタオル/飲み物

▼キズナを深める!親子で学ぶアンガーマネジメント▼
 自分の気持ちを見てみよう。怒ると体はどうなるかな?気持ちを上手に伝えられるようになろう!
  日時:2月24日(土)10:00~12:00(受付9:30~)
  対象:未就学児(4歳)~小学6年生(12歳)と保護者
  定員:親子10組(20名程度・先着順)
  参加費:親子1組1000円
  材料費:子ども1人につき500円※テキスト代等
  会場:cocotomo(桐生市本町5-51東武桐生ビル1F)
  市民先生:齋藤由起子先生(アンガーマネジメントファシリテーター)
  持ち物:色えんぴつ/クレヨン/筆記用具/手拭きタオル/飲み物
    ※プログラムでチョコレートと風船を使いワークをする予定です。
    ※アレルギーのある方はご注意ください。

▼作って遊ぼう!竹とんぼ▼
 軽くてよく飛ぶ「スーパー竹とんぼ」。達人に作り方を習って自分だけの竹とんぼを作って飛ばしてあそぼう!パパとの参加大歓迎♪
  日時:3月17日(土)10:00~12:00(受付9:40~)
  対象:未就学児(4歳)~小学6年生(12歳)と保護者
  定員:20名(先着順)
  参加費:300円
  会場:桐生市総合福祉センター(桐生市新宿3-3-19)
  市民先生:上岡義夫先生(国際竹とんぼ協会群馬県本部上州竹とんぼの会)
  持ち物:レジャーシート/飲み物/防寒着
   ※動きやすい汚れてもいい服装で来てください。

▼親子でシアワセになるヨガ▼
 親子で背中を揺らしあったり、やさしく体にタッチします。「気持ちがいい」という感覚を大切にしてもらう、親子でシアワセになるヨガです。ゆっくりと丁寧に相手と向き合うことで絆が深まります。
  日時:3月25日(日)10:30~11:45(受付10:00~)
  対象:未就学児(4歳)~小学6年生(12歳)と保護者
  定員:親子8組
    ※参加する保護者とお子さんの名前を明記しお申し込みください。
    ※ヨガマットの貸し出しを希望される方はその旨を明記してください。
  参加費:親子1組800円
  会場:日限地蔵尊観音院(桐生市東2-13-18)
  市民先生:Erica先生(Yoga Studio ONE)
  持ち物:タオル/動きやすい服装/大きめのブランケット(体が隠れるくらいで1人1枚)/
      ヨガマット/手拭きタオル/飲み物
    ※会場(お寺本堂)は寒いのでレッグウォーマーなどの防寒対策をお願いします。
    ※ヨガマットのない方は貸出いたします。お申し出ください。(先着10名)

ご希望のプログラムがある場合は、sanka@kids-valley.org(担当:蓼沼)まで
下記の明記事項を参照の上、メールをお送りください。
申込み締切は開催日の3日前です。

【明記事項】
1.参加プログラム名
2.参加者名(ふりがな)
3.年齢と学年
4.保護者氏名
5.緊急連絡先電話番号
※ドメイン設定されている場合は、sanka@kids-valley.orgからのメールを受け取れるように設定をお願いします。
※端末によっては、迷惑メールフォルダに受信される場合もございます。

*キッズバレイからメールが届かないお客様へ*
http://kids-valley.org/information/post-7533/

申し込みお待ちしています!

 

Posted on 2017-12-19
【アフタースクール】「お米の学校/収穫祭」を開催しました!

12/17(日)に「米粉と野菜のケーキづくり」を開催しました。
お米の学校最終回は、子どもたちに大人気のスイーツ作り。
たくさんの方にご応募いただきました。

今回は市民先生として「キッチンMVR」の粕川美智子先生をお招きしました。
先生は料理の腕はピカイチ、野菜のことなら何でも知ってる野菜ソムリエです。

エプロンと三角巾をつけ、いよいよプログラムのスタートです!

今日はフライパンでケーキを焼いた後、ホイップクリームでデコレーション。
そこに紫いもとニンジンのグラッセ、
じゃがいもとごぼうを素揚げした野菜チップスをトッピングします。
どんなケーキができあがるのか楽しみだね。
はりきっていきましょう!!

まずは卵を割ってボウルに入れ、砂糖とよく混ぜ合わせます。
ここで早くも試練が!!
卵が硬くてなかなか割れず苦戦しております。がんばれー!

20171217(3) - コピー 20171217(2) - コピー

そこへ油を少しずつ入れながらまぜまぜ。
手がつかれたら交代してみんなでやっていこうね。
米粉を入れてさらにかき混ぜていきます。

よく混ぜたらフライパンに流し込むのですが、
思った以上に生地が重くなかなかフライパンに入っていきません。
ボウルを持つ子、へらを使って流し込む子と連係プレーで対応。
最後はお母さんに手伝ってもらい、無事フライパンにおさまりました。

ふたをして弱火で焼くこと約30分。
待つ時間というのは長いですね。
子どもたちはフライパンの中が見たくてソワソワ。
もうちょっとのガマンです。

「ピッ、ピッ、ピッ、ポ~ン」はーい時間です、ふたを開けてもいいよー!
待ちに待ったご対面!!
ふたを開けるとココアの甘い香りが部屋中に広がります。
うう、はやく食べたい!!

20171217(7) - コピー 20171217(9) - コピー

でも、熱いままだとホイップクリームがのせられないので、
はやる気持ちを抑えつつ冷めるまで待つことに…うーん、道のりは長い。

この間にトッピングの野菜チップスをつくっちゃいましょう。
ごぼうをスライサーで薄切りにしていきます。
子どもたちは一列に並び、順番でスライスしていきます。
手を切らないように気をつけてね!

その後洗い物をし、テーブルをセッティング。
サンタのかわいい紙皿に、ニンジンと紫いものグラッセを盛りつけます。
先生がリンゴとニンジンでスムージーも作ってくれました。
色鮮やかでとてもキレイです。

ケーキが冷めたので、4等分に切り分けてデコレーションしていきます。
この作業がいちばん楽しいようで、みんな真剣。
それぞれにステキなケーキが完成しました。

20171217(10) - コピー 20171217(14) - コピー

先生に野菜についてのお話を聞きながらの試食タイム。
「スイカは野菜なの?くだものなの?」
「紫いもはどこでとれるの?」などなど、質問もたくさんしてました。

お米の粉でケーキが作れるということを初めて知って、
驚いているお子さんもいました。
そうだよね、お米といえばごはんとして食べるものっていうイメージが強いよね。

子どもたちにゴボウチップスが人気だったのは意外だったなー。
とてもおいしかったようで、あっという間に食べ終わっちゃいました。

「また参加したい」
「家でも作ってみたい」
「とても楽しかった!」という感想をいただきました。

20171217(17) - コピー 20171217 - コピー

お菓子作りをしながらお米や野菜について学べちゃうという贅沢なプログラム。
また来年度も開催する予定なので、よかったら参加してみてね!
先生、参加してくれたみなさん、ありがとうございました!!

 

Posted on 2017-12-15
【きりゅうアフタースクール】 12月・1月プログラムのご案内(追記あり12/15)

※各プログラムの12月15日現在の申し込み状況を反映しております。

こんにちは!きりゅうアフタースクール事務局です。

12月・1月のプログラムが揃いました!

以下のプログラムをご覧いただき、
ご希望のプログラムがある場合は、sanka@kids-valley.orgまで
下記の明記事項を参照の上、メールをお送りください。
申込み締切は開催日の3日前です。

【明記事項】
1.参加プログラム名
2.参加者名(ふりがな)
3.年齢と学年
4.保護者氏名
5.緊急連絡先電話番号
※ドメイン設定されている場合は、sanka@kids-valley.orgからのメールを受け取れるように
 設定をお願いします。
※端末によっては、迷惑メールフォルダに受信される場合もございます。
*キッズバレイからメールが届かないお客様へ*
http://kids-valley.org/information/post-7533/

きりゅうアフタースクールチラシ表 きりゅうアフタースクールチラシ裏

【アフタースクール12月~1月プログラム】
▼クリスマス英語イベント@ラウレア「Let’s use English ハワイのカフェでクリスマスPARTY」▼
 プチパンケーキ&ドリンクを1人1人英語で注文してクリスマスパーティーを開催します!
 ドルの使い方も一緒に学んじゃおう。英語でクリスマスソングを歌います♪
  日時:12月17日(日)9:30~11:00(受付9:15~9:25)
  対象:年中(5歳)~小学4年生
  定員:16名(先着順)※申し込みが定員を超えたため締切
  参加費:700円
  会場:Hawaiian Cafe & Bar「ラウレア」(桐生市本町5-52)
  市民先生:ままのWAきりゅう外国語チーム川村美弥・園田奈緒
  持ち物:手拭きタオル、飲み物(必要な方)
  共催:Hawaiian Cafe & Bar「ラウレア」

▼お正月遊びをエンジョイしよう!1DAY-English学童▼
 午前中は白熱上毛かるたバトル、プラネタリウム鑑賞、持参したお弁当を食べた後は、
 自分たちで凧を作って公園で凧あげです!ネイティブの英語の先生のレッスン付き!
  日時:1月6日(土)9:30~15:00(受付9:15~)
  対象:小学1年生~小学6年生
  定員:10名(先着順)※残り5名
  参加費:1200円(パパの参加は無料)
  会場:cocotomo他
  市民先生:センさん
  持ち物:お弁当、飲み物、タオル、あたたかい服装
  主催:キッズバレイぱぱのBAきりゅう

▼将来の夢は社長!?こども起業塾▼
 アイデアを形にしていく楽しさをゲーム感覚で体験してもらいながら、
 起業や経済の仕組みについて学んでいきます。
  日時:1月8日(月祝)9:30~12:30
  対象:小学4年生~小学6年生
  定員:15名(先着順)※残り11名
  参加費:500円
  会場:cocotomo(桐生市本町5-51東武桐生ビル1F)
  市民先生:キッズバレイ
  持ち物:筆記用具、飲み物

▼明日からクラスの人気者!マジシャンになってみよう!▼
 すぐに使えるマジックのテクニックを教わるよ!使った教材はおみやげに。
 これで明日からクラスの人気者まちがいなし!
  日時:1月13日(土)13:00~14:30(受付12:30~12:50)
  対象:未就学児(4歳)~小学6年生(12歳)
     ※未就学児は保護者同伴
  定員:20名(先着順)※残り1名
  参加費:1000円
  会場:cocotomo(桐生市本町5-51東武桐生ビル1F)
  市民先生:桐生マジックのみなさん
  持ち物:ハンカチ(バンダナの大きさ)、手拭きタオル筆記用具、飲み物

▼お米の学校/米粉と野菜のケーキづくり▼
 お米の学校最終回はケーキづくり!
 米粉と野菜を使ったヘルシーなケーキです。どんな味がするのかな?
  日時:12月17日(日)13:00~16:00(受付12:30~12:50)
  対象:未就学児(4歳)~小学6年生(12歳)
     ※未就学児は保護者同伴
  定員:20名(先着順) ※申し込みが定員を超えたため締切
  参加費:700円
  会場・集合:桐生市総合福祉センター調理室
  市民先生:粕川美智子先生(キッチンMVR)
  持ち物:エプロン、三角巾、ふきん(食器用・テーブル拭き用)、手拭きタオル、筆記用具、
      飲み物、持ち帰り用の容器(食べきれなかった場合)
     ※卵と牛乳を使用します。アレルギーのあるお子さまはご注意ください。

ご希望のプログラムがある場合は、sanka@kids-valley.orgまで
下記の明記事項を参照の上、メールをお送りください。
申込み締切は開催日の3日前です。

【明記事項】
1.参加プログラム名
2.参加者名(ふりがな)
3.年齢と学年
4.保護者氏名
5.緊急連絡先電話番号
※ドメイン設定されている場合は、sanka@kids-valley.orgからのメールを受け取れるように
 設定をお願いします。
※端末によっては、迷惑メールフォルダに受信される場合もございます。

*キッズバレイからメールが届かないお客様へ*
http://kids-valley.org/information/post-7533/

申し込みお待ちしています!

 

Posted on 2017-12-07
※満員御礼【きりゅうアフタースクール】 1月開催宿泊プログラムのご案内

※申し込みが定員を超えましたため受付は終了しました。

こんにちは。きりゅうアフタースクール事務局です。
来年1月開催の宿泊プログラムのご案内です!

参加希望の方は、sanka@kids-valley.org(担当:北村)まで
下記の明記事項を参照の上、メールをお送りください。
申込み締切は【2017年12月20日(水)】です。

【申込明記事項】
1.「スーパー雪あそび2018」と明記
2.参加者名(ふりがな)
3.年齢と学年、生年月日(旅行保険に加入するため)
4.保護者氏名
5.緊急連絡先電話番号
※ドメイン設定されている場合は、sanka@kids-valley.orgからのメールを受け取れるように
 設定をお願いします。
※端末によっては、迷惑メールフォルダに受信される場合もございます。
*キッズバレイからメールが届かないお客様へ*
http://kids-valley.org/information/post-7533/

 

【チラシ】スーパー雪あそび2018

▼スーパー雪あそび2018▼
お子さまをお預かりする1泊2日の雪あそびプログラムです。
親元を離れて自分たちのことを自分でする生活体験型の2日間。
食事の準備をしたり、布団をひいたり…今回はアイスづくりや宝探しゲームをやるよ♪
当日はキッズバレイスタッフ4名、あるきんぐクラブスタッフ2名と一緒に過ごします。

日時:2018年1月20日(土)~21日(日)の1泊2日
集合:1日目/午前7時45分に新桐生駅
解散:2日目/午後4時に新桐生駅 ※予定

宿泊先:あるきんぐクラブ「山の家」(群馬県川場村大字小田川18番地)
対象:小学1年生~6年生
定員:20名(最小催行人数10名/先着順)※満員御礼
参加費:8,000円(宿泊費、食事3食、教材費、保険料含む)

主な活動
あるきんぐクラブのみなさんとソリ遊び、かまくらづくり、アイスづくり、宝探しゲームをやります。

「あるきんぐクラブ」とは:
群馬県川場村にあるNPO法人で《森と人との関わり》を大テーマに、年間を通して四季折々の「地に足ついた生活密着型<自然体験活動>」を提供しています。
http://morigasuki.org/wp/

【持ち物(予定)】
・着替え一式
・防寒着一式(スキーウェアや撥水性のあるカッパ)
・洗面用具
・お風呂セット
・パジャマ
・常備薬
・健康調査票(事前説明会で配布)
・1日目の昼食
・水筒
※詳しくは事前説明会にてご案内いたします

【事前説明会】
日時:12月23日(土)14:00~15:00
会場:ココトモ
 ※旅のしおりを見ながら2日間の説明や持ち物のご案内をします
 ※親子で必ず参加してください
 ※お車でお越しの方は桐生中央パーキングをご利用ください
   (説明会後、駐車サービス券をお渡しします)

 

参加希望の方は、sanka@kids-valley.org(担当:北村)まで
下記の明記事項を参照の上、メールをお送りください。
申込み締切は【2017年12月20日(水)】です。

【申込明記事項】
1.「スーパー雪あそび2018」と明記
2.参加者名(ふりがな)
3.年齢と学年、生年月日(旅行保険に加入するため)
4.保護者氏名
5.緊急連絡先電話番号
※ドメイン設定されている場合は、sanka@kids-valley.orgからのメールを受け取れるように
 設定をお願いします。
※端末によっては、迷惑メールフォルダに受信される場合もございます。
*キッズバレイからメールが届かないお客様へ*
http://kids-valley.org/information/post-7533/

とても人気のプログラムです。
お申し込みをお待ちしております!

 

Posted on 2017-09-26
【きりゅうアフタースクール】 10月・11月プログラムのご案内

こんにちは!きりゅうアフタースクール事務局です。
10月・11月のプログラムが整いました!
以下のプログラムを参照していただき、
ご希望のプログラムがある場合は、sanka@kids-valley.org(担当:蓼沼)まで
下記の明記事項を参照の上、メールをお送りください。
申込み締切は開催日の3日前です。

【明記事項】
1.参加プログラム名
2.参加者名(ふりがな)
3.年齢と学年
4.保護者氏名
5.緊急連絡先電話番号
※ドメイン設定されている場合は、sanka@kids-valley.orgからのメールを受け取れるように設定をお願いします。
※端末によっては、迷惑メールフォルダに受信される場合もございます。

*キッズバレイからメールが届かないお客様へ*
http://kids-valley.org/information/post-7533/

表 裏

 

 

【アフタースクール10月~11月プログラム】
▼なりきり!お仕事体験「コンビニ定員~ファミリーマート編」▼ ※終了しました
いつもよく行くコンビニ。その裏側をのぞいちゃおう!
「へぇー」と思えるようなあるある話が聞けるかも!?
日時:10月14日(土)14:00~16:00(受付13:40~13:50)
対象:小学1年生~6年生
定員:10名(先着順)
参加費:500円
会場集合:ファミリーマート日野屋東5丁目店
     (桐生市東5丁目5番32号)
市民先生:ファミリーマート日野屋東5丁目店のみなさん
持ち物:エプロン/手拭きタオル/飲み物/筆記用具
※営業中のお店での開催のため、お子さん預かりのプログラムになります。

▼ハロウィンアイシングクッキー教室▼ ※満員になりました
初めての方でも簡単に作れる工夫がいっぱい!
今年のハロウィンは世界に一つだけのオリジナルBOXクッキーでプレゼントしませんか?
日時:10月21日(土)10:30~12:30(受付10:00~10:20)
対象:小学1年生~6年生
定員:20名(先着順)
参加費:1200円
会場:ココトモ
市民先生:~casita~『orange.cookies』菊池純子先生
持ち物:飲み物/ハンカチ
※爪を切ってきてください

▼芸術の秋2017子ども陶芸教室▼ ※募集中
自分の好きなうつわをデコっちゃおう!
専用のシールを貼り付けて焼き上げます。
どんな作品ができるかな?
日時:10月22日(日)14:00~16:00(受付13:30~13:50)
対象:未就学児(4歳)~小学6年生(12歳)※未就学児は保護者同伴
定員:20名(先着順)
参加費:1500円
会場・集合:INOJIN工芸倶楽部(桐生市境野町5-337-2)
市民先生:井上弘子先生(INOJIN工芸倶楽部)
持ち物:白い器1個(自分の好きなものを用意。大きさは大人の手のひら大くらいまで。磁器製が望ましい)/色えんぴつ/筆記用具/ハサミ/ポケットティッシュ1つ/手拭きタオル/飲み物/スリッパ
※人数の関係上、見学時の保護者同伴はご遠慮ください。
<注意>
安い器や磁器製でないものの場合、焼いたときに割れたり、上手く焼き付けできない可能性があります。できれば100円ショップのものでない、「磁器」と表示のあるものをお持ちください。

▼木と土と和紙でつくる家体験ラボ▼ ※募集中
大工さんと木組みで骨組みを作り、左官屋さんと漆喰壁を塗り、建具屋さんと障子をたてて、小さなお家をみんなでつくっちゃおう!お家づくりの仕組みが分かり、自然素材の良さが体験できるよ!
日時:10月28日(土)と29日(日)の10:00~12:00(受付9:30~)
対象:小学1年生~6年生
定員:大工職人体験 10名
   左官職人体験 10名
   建具職人体験 8名
   ※先着順、重複不可(別日であればOK)
参加費:500円
会場:有鄰館しょうゆ・みそ蔵(桐生市本町2-6-32)
   ファッションウィークナチュールイエ展示ブース内
市民先生:大工職人体験 宮島工務店
     左官職人体験 野村左官店
     建具職人体験 大澤木工
持ち物:家にある人は軍手/ヘルメット(自転車用可)/タオル/汚れてもいい服装

▼インターナショナルBBQ in Kiryu▼ ※募集中
外国人のお兄さん&お姉さんと協力してピザ作りやダッチオーブンでチキンをまるごと使用して調理します♪親子で参加してね。
日時:11月18日(土)10:30~14:30(受付10:10~)
条件:親子参加
定員:50名(先着順)
参加費:大人(中学生以上)1500円
    小学生800円
    未就学児無料
会場:桐生市青少年野外活動センター(桐生市梅田町5-7423)
持ち物:防寒具/汚れてもいい服装/手拭きタオル

▼動物園で写そう!子ども写真教室▼ ※募集中
桐生が岡動物園で、好きなものを写そう!動物以外のものでもOK。撮影が終わったら、みんなで撮った写真を鑑賞するよ。
日時:11月26日(日)9:30~12:30(受付9:15~9:30)
対象:小学1年生~6年生
定員:15名(先着順)
参加費:500円
集合:桐生が岡動物園北門
会場:桐生が岡動物園、有鄰館
※雨天の場合、集合・会場はココトモです
市民先生:齋藤利江先生(写真家)
持ち物:カメラ(デジタルで記録媒体がSDのもの。スマホ等の携帯電話は不可)/時計/手拭きタオル/飲み物/筆記用具
※雨天時はココトモで撮影します。その場合は自分の撮りたいものを1つ用意してください。

【「お米の学校」「小麦の学校」 単発参加者募集中!】
対象:未就学児(4歳)~小学6年生 ※未就学児は保護者同伴
定員:年間参加者と合わせて20名(先着順)
参加費:700円/1回

▼お米の学校/収穫祭(おにぎり作り&餅つき)▼ ※募集中
待ちに待った収穫祭♪みんなで育てたお米でおにぎりを作って食べるよ。さらに餅つきまで楽しめちゃう!実りの秋を満喫しよう!!
日時:10月29日(日)10:00~12:00(受付9:30~9:50)
   ※雨天の場合は翌日の日曜日へ延期
会場:星定観光農園
市民先生:星野みどり先生(星定観光農園)
持ち物:エプロン/三角巾/手拭きタオル/飲み物/筆記用具/持ち帰り用の容器(食べきれなかった場合)

▼小麦の学校/クッキー&カップケーキづくり▼  ※満員になりました
最終回はお菓子づくり。焼きあがったカップケーキはデコっちゃおう!お菓子大好きな子集まれ~!
日時:11月11日(土) 13:30~15:45(受付13:00~13:20)
会場:桐生ガス プロパンガス事務所・調理室
市民先生:秋山一恵先生(手作りクッキーASUKA)
持ち物:エプロン/三角巾/ふきん/手ふきタオル/飲み物/カップケーキを持ち帰る際の容器か箱/筆記用具

【その他開催イベント等(申込不要)】
▼仮装DEおいでよ桐生ハロウィン!▼
仮装してジョイタウン広場へ集まれ!商店街のお店でお菓子がもらえるぞ。仮装コンテストもあるよ。
日時:10月29日(日)13:00~
場所:受付はジョイタウン広場(桐生市本町5丁目)
参加費:無料

▼大学生による学習支援「スタディミーツ」▼
勉強の分からないところを質問したり、自習したりできるよ!
日時:毎週木曜日18:00~20:30(出入自由)
会場:ココトモ
対象:小学生、中学生
参加費:無料
※11月23日は祝日のためお休みです。

ご希望のプログラムがある場合は、sanka@kids-valley.org(担当:蓼沼)まで
下記の明記事項を参照の上、メールをお送りください。
申込み締切は開催日の3日前です。

【明記事項】
1.参加プログラム名
2.参加者名(ふりがな)
3.年齢と学年
4.保護者氏名
5.緊急連絡先電話番号

※メールでドメイン設定されている場合は、sanka@kids-valley.orgからのメールを受け取れるように設定をお願いします。
※端末によっては迷惑メールフォルダに受信される可能性がございます。

お申し込みをお待ちしております!

 

Posted on 2017-09-25
【アフタースクール】夏休みプチ留学in カナダを開催しました!

7月24日(月)小学校は夏休み中なので「夏休み!プチ留学体験inカナダ」をココトモで開催しました

 

はじめに世界地図で日本の場所とカナダの場所を確認して、日本との時差やカナダで使用しているお金と日本のお金との違い、使用言語→カナダでは英語とフランス語が公用語です、食べ物についても学びました

ファイル_000 (3) ファイル_003

ファイル_006

 

カナダの小学生も遊んでいるゲーム を 「Bear Bear Moose」 で行いました

日本では「ハンカチ落とし」というゲーム名です

言い方は違ってもルール等の内容はほぼ同じなのです

子どもたちは「あーハンカチ落としだ」と笑顔。親近感が持てたようです

 ファイル_008  ファイル_001 (1)

   ファイル_009

 

 

英語の歌をみんなで歌ったあとは

実際にカナダの小学校でも作成されているという「Moose」日本語ではヘラジカの工作をしました

夏休みの自由研究にする子もいます

みんな真剣です!!

 

とても楽しく、カナダについて知ることができました

これを機にどんどん英語にも興味を持ってくださいね

ファイル_002

 

 

 

Posted on 2017-09-12
【アフタースクール】親子で簡単!味噌作り教室を開催しました!

8月26日㈯に「親子で簡単!味噌作り教室」を開催しました!
講師は、インナービューティー美腸マイスターの資格をお持ちの佐藤広美先生です。

『美腸』‼
とても気になるキーワードです。
味噌作りとどう関係があるのか…

その答えは、教室スタート後、先生のお話で明らかに!
さとう先生手作りの人体の臓器を模したエプロンを使って、腸のお話。

 

「腸を広げるとその表面積はテニスコート1面分もの表面積があります。その腸内に、幸せ物質が90%もあるのです。私たちが食べたものは全て腸を通りますから、体に良い発酵食品を食べることで、腸が元気に!笑顔で過ごせます!」

腸の長さにも驚きですが、腸で幸せを感じとっているとは!意外でしたね。
そして、味噌作りの工程説明ののち、いよいよ味噌作り開始です。

前日に、さとう先生が下茹でしてくださり柔らかくなった大豆を、
ジップつきのビニール袋に入った状態で、手でつぶしていきます。
子供でも簡単につぶせますが、量が多いので親子で力を合わせてひたすらつぶします。

一粒一粒丁寧につぶしている親子もいれば、
握りこぶしのパンチングでつぶす男の子など。
(勢いが強くて袋が破けてしまう親子も!?)
みんなそれぞれ楽しそう♪

十分に大豆がつぶれたら、塩と糀(こうじ)を殺菌したボウルに入れ、
その中に先程つぶした大豆を袋から出して入れ、こねるようにさらによく混ぜていきます。

「おいしくな~れ♪ おいしくな~れ♪」
と、大豆、糀、塩をよーく混ぜ合わせていきます。

この時、まだつぶされていない状態の大豆が残っている場合も。
それを『ラッキービーンズ』と呼ぶのだそうです!

完成した味噌を料理に使った時に、
偶然この大豆のままの状態がでてきたら、ラッキー!ということで。
あえて、ラッキービーンズを多めに残す親子もいたりと、
完成するお味噌が、それぞれに違ってできあがるというのも、手作りならではですね!

実際の工程は簡単ですが、こねる加減によって出来ばえが変わってくることを思うと、
気持ちを込めて一生懸命にこねる親子の姿が印象的でした。

こねの作業が終わると、いよいよ保存容器へ移していきます。
消毒したタッパー容器に移す際、なるべく空気が入らないよう気を付けながら。

この作業が皆さん一番慎重にとりかかっていましたね。

移し終わったら、蓋をする前にラップで密閉、
その周りの隙間も塩で埋め尽くし、
最後にもう一度消毒液でタッパーのふちを拭いて蓋を閉めます。

これで完成!!
……ではありません。

お味噌は発酵食品ですから、これからおよそ3か月…
日の当たらないところで、ゆっくりじっくり寝かせることで、美味しいお味噌になっていきます。

3か月後のお味噌がどうなるのか…
さとう先生が実際のものを見せてくださいました!

蓋を開けると…
お味噌の上に白カビが!!
『カビ』と聞いて、ビックリする子もいましたが、ご安心ください。

この状態が正常に発酵している証だそうです。
しかも白カビは食べても大丈夫!?
ですが、先生いわく「あまりおいしくないので、取り除いてもいいです。」と。

ますます3か月後の出来上がりが楽しみになったところで、
最後にさとう先生との写真撮影!
さらに!
体に良い『ま・ご・わ・や・さ・し・い』の食材が入った
『特製みそまる』がさとう先生から、サプライズ!プレゼント!!
みんな大満足の表情で今回の味噌作り教室は終了!!

さとう先生、下準備から本当にお世話になりました。
親子で楽しい!お味噌作りが出来ました!!
ありがとうございました。

今度は『特製みそまる』の作り方も教えて頂きたいですね!!

 

Posted on 2017-09-09
【アフタースクール】小麦の学校・ひもかわづくりを開催しました!

9/2(土)に、小麦の学校・収穫祭第一弾!「ひもかわづくり」を開催しました。
桐生にあるうどん屋さん「しみずや」の清水利信先生をお招きし、
ひもかわづくりを教えていただきます。

さらに強力な助っ人も登場!「オブゴロー」ことオブ知世さんと仲ゴロ―さんが、
歌とギターでプログラムを盛りあげてくれます。
自分で言うのもなんですが、なんて贅沢な企画なんでしょう(笑)

あいさつをしたら、ひもかわづくりスタートです。
まずは先生のデモンストレーション。
それを参考に自分たちでうどんを作っていきます。

BGMを聴きながら、うどんをこねこね。よくこねてかたまりにしていきます。
今度はそのかたまりを足でふんでいきますよ。
フミフミ、フミフミ、フミフミ~♪の“フミフミ”の曲にあわせて、
先生と子どもたちが回っています(笑)
おもしろすぎる!!
(きりゅうアフタースクールのフェイスブックでもご覧いただけます)

よーくふんだその生地を、今度はラッキョウのような形にします。
“玉つくり”というそうで、おみやげ用のうどん玉です。
おうちでまた食べられちゃう、二度おいしいプログラムです。

次に、先生があらかじめ用意してくれた玉つくりをめん棒でのばしていきます。
この作業、均一の厚さにのばすにはコツがいるんですって。
けっこう難しいんだね。
中にはうどん職人のようにいい手つきの子がいてビックリ!才能あるんじゃないかな?

きれいにのばせた子も、個性的な仕上がりになった子も包丁で切ってゆでていきます。
今回はひもかわなので幅広に切ってね。

しばし鍋とにらめっこ。
うどんが浮いてきたところをザルにあげ、水にさらせばできあがり!

種まきから参加してくれた子は約10か月、おいしいうどんとして口に入るまで待ちました。
モチモチ、つるつるしておいしい!!
がんばったかいがありました。

遠藤先生に収穫できるようになるまで育ててもらい、
みんなで作業してできあがったうどん。
修行のような脱穀作業、思い出すなぁ。
うどんを食べながら、なんだかしみじみ…

最後に「うどんあるあるクイズ」を出題。
うどん作りをしている間に、答えを言っていたのわかったかな?

Q1.“群馬三大うどん”のうちのひとつが、今日作ったひもかわうどん。では、残りのふたつは何でしょうか?
Q2.昨年の小麦生産量、全国1位は北海道ですが、群馬県は何位だったでしょうか?
Q3.桐生にある手打ちうどん「しみずや」さんの、いちばんの人気メニューは何でしょうか?
(答えは記事の最後にあります)

生演奏あり、クイズあり、もりもりな内容となったプログラム。
「また参加したい!」
「うどんが好きになった」
「自分で育てた小麦で作ったうどんはおいしい!」
と感想をいただきました。
保護者の方からは「こんなに楽しいうどん教室は初めてです!」なんてうれしい声も。

プログラムはみんなで作りあげます。
参加者のみなさん、今まで携わってくださった先生方、ボランティアさん、ありがとうございました!!
またよろしくお願いします。

次回は小麦の学校最終回。
クッキー&カップケーキ作りです。
お菓子を食べるのが好きな子も、作るのが好きな子も、よかったら参加してみてね!

 

<クイズの答え:A1.水沢うどん、館林うどん、A2.10位、A3.合いもり(愛盛)>

 

Posted on 2017-09-09
【アフタースクール】夏のスペシャル大特訓!かけっこ教室(低学年の部)を開催しました!

8/19(土)に境野水処理センター屋上運動公園で、かけっこ教室を開催しました。
天候はくもり。運動するにはこれくらいがいいかも!
と思っていたら、まぶしすぎるお日さまが顔をだしました(笑)

かけっこ教室は毎年人気で、今回は19人の子どもたちが参加してくれました。
今日お世話になるのは、「ココロリハビリジム」の西目直樹先生。
とても面倒みのいい、やさしい先生です。

あいさつをしたら、プログラムの開始です。
まずは準備運動。ケガをしないように体をほぐしていきます。
体がゆるんだら、次は腕を上手にふる練習。

先生の説明を聞きながら、からだをまっすぐにして腕まげ、後ろに大きくふっていきます。
うん、なかなかいい感じ。
そっか、速く走るには腕のふり方も大切なんだね!

フォームができたら、速足で歩いてみます。
みんなとってもいい姿勢。かっこいいね!
何度か繰り返したら、今度はジャンプ。
大きく飛びながら前に進んでいきます。
ふふ、なんだか楽しそう。

熱中症予防のため、こまめに水分補給と休憩をいれていきます。
無理をさせず、その子に合った指導をしてくれる先生。
暑さにも負けず、子どもたちはがんばって練習しています。

ここで、先生お手製の道具が登場!
ダンボールでつくった三角形の置物を、等間隔でコースに並べていきます。
それを踏まないようにして走る練習です。
最初は蹴飛ばしちゃったり、踏んじゃったりしたけど、
回数をこなすうちに上手になっていく子どもたち。
さすがだね!

スタートの仕方も教わりましたよ。
体を前に倒して、そのままの勢いで走りだします。

最後は今日教わったことを全部取り入れ、コースを走ることに。
繰り返し練習することで、体に覚えさせていきます。
みんな、速く走るコツがつかめたかな?
運動会で、がんばって練習した成果がでるといいね!

参加してくれたみんな、熱心に指導してくれた先生、ありがとうございました!!

 

Posted on 2017-09-09
【アフタースクール】小麦の学校・製粉所見学を開催しました!

8/19(土)に小麦の学校・製粉所見学を開催しました。
今日は桐生市川内町にある、(有)諏訪源米穀さんにお世話になります。
子どもたちが育てた小麦を製粉をしてくれるのは、諏訪憲一先生です。
先生、よろしくお願いします!

製粉所、初潜入!もちろん機械を見るのもはじめて。へー、思っていたよりも大きいんだね。
今年の小麦の収穫量は約8㎏とかなり少量。
製粉できるギリギリの量で、機械にかけると5㎏くらいの小麦粉になるそうです。

  

この量だと製粉にかかる時間は1時間程度。
途中小麦粉のでき具合を見させてもらいながら、作業をしていただくことになりました。

今回作った小麦は「さとのそら」という品種で、うどん作りに最適な「中力粉」だそうです。
あら!?来月のひもかわづくりにピッタリ!
とれたての新小麦のうどんか~、はやく食べたい!!ということで、参加者の意見は一致しました(笑)

製粉作業の間、諏訪先生に小麦粉の種類や小麦についてのお話をしていただきました。
「薄力粉と強力粉の違いは?」
「全粒粉て何?」
「ふすまはどう食べるの?」など、
いろいろな質問にも答えてくれましたよ。

そうこうしているうちに作業が進み、だんだんきれいな小麦粉になってきました。
子どもたちは粉を実際に触って製粉の進み具合を確かめます。
小麦のつぶ感がなくなり、だんだんとサラサラの状態に。
そろそろできあがりかな?

 

作業終了ということで、できたての小麦粉をみんなで見に行きます。
機械のふたを開けると、お店で売っているのと同じ小麦があるじゃないですか。
やった~!!完成!
さっきまで茶色くてツブツブの小麦だったのにね、こんなにきれいな小麦粉になりました。

次回はいよいよ収穫祭です。おいしいひもかわうどんを作っちゃいましょう!!
諏訪先生、今日はありがとうございました!