AFTER_SCHOOL, REPORT

【アフタースクール】お仕事体験「イタリアンジェラート・ミラノでジェラート屋さん体験」を開催しました!


2月2日㈯、『なりきり!お仕事体験☆イタリアンジェラート・ミラノでジェラート屋さんのお仕事体験を開催しました!
元気な小学生14名が参加してくれました。
本日の先生は、もちろん!イタリアンジェラート・ミラノの店長さん、依田 元(よだ はじめ)先生です。
さらにスタッフさん2名のサポートと、キッズバレイスタッフも2名見守ります。

まずは、先生からのごあいさつ。
本日のスケジュール説明を聞きながらも、ショーケースに入ったジェラートを目の前に、目を輝かせている子どもたち。
早くやりたい!!という気持ちが伝わってきました!

早速、みんなで店内の奥、ジェラートを作る工場内へと案内していただきました。
大きな冷凍庫や、見慣れない機械がならび、少しひんやりとした工場内。
通常ならジェラートを作る機械が動いている時間帯なのですが、ジェラートを作り始めると手を休めることが出来ないそうで、イベント中は少しお休みしてもらいました。
ジェラートの材料や作り方の説明を熱心に聴く子どもたち。
「何か質問はありますか?」という先生からのお声がけに、すかさず手があがると…
『キムチはどうやって作るのですか?』という質問。
?????
ここはジェラート屋さんなのですが。
実は、ジェラートのショーケースの並びに、キムチも販売しているのです。
聞くと、キムチは店長さんの趣味で作っているそうですが、その作り方も丁寧に説明してくださいました(*^-^*)
その他にも、ドライアイスに関する質問など、子どもたちの興味の幅や着眼点に驚かされました。

さあ、いよいよジェラート屋さんのお仕事体験、実践です!
ここからは、2グループに分かれての作業になります。
1グループのメンバーは、このまま工場内に残り、スペシャル☆ワッフルカップをひとりずつ製作していきます。
お店で長年愛用しているというワッフルメーカーにスタッフの方が生地を流すと、手際よくワッフルが焼き上がります。
出来立ての生地がやわらかいうちに、軍手をして準備万端の高学年の子から、型にはめてカップを作っていきます。

自分の順番がくるのをわくわくした様子で待つ子や、上手くできるかなあと心配している様子の子など、思い思いに順番を待ちます。

もう1つのグループはと言うと。
工場からお店のほうに戻り、新商品の商品開発!!
「あったらいいな♪こんなアイス」をテーマに、自分が食べてみたいな♪と思う味やかたちのジェラートを想像してシートに描いてもらいました。
女の子はカワイイ動物をモチーフにしたり、カラフルな色のジェラートを考えたり。
男の子は、色々な味が楽しめるアイス、特に多かった味は《ソーダ味》!!
こどもならではの発想に店長さんも興味を示してくださり、もしかしたら新商品になるかも⁉と期待が高まります(#^.^#)


それぞれの作業が終わった子から、自分で作ったワッフルカップを手に、ジェラートを盛りつけていきます。
今回は3種類のジェラートを選べます♪
「チョコレート!パンプキン!レアチーズケーキ!」と、すぐに決まる子もいれば、ショーケースとじーっとにらめっこする子、などなど…
中には、ちょっと気になるネーミングのジェラートも。
その名も【さるかに合戦】
みなさんどんなお味を思い浮かべますか?
正解は、ミルクジェラートの中に、栗と柿が入っているジェラートなのです♪
ネーミングが面白いというのも、商品開発をする上で重要なポイントかもしれないですね。

さあ、順番に次々とジェラートを盛り付けて♪
完成したら「いただきま~す😄」
本日一番の笑顔でジェラートを食べる子どもたち。
見ているこちらも自然とニコニコしてきます。
ジェラートの魔法?
毎日一生懸命に気持ちを込めてジェラート作りをしている依田店長さんが、いつもニコニコ笑顔な理由が、みんなにも伝わったかな?

 

器としてのワッフルカップまで、全て食べきり、ほっぺに付いたジェラートをふいたところで、子どもたちから質問です。
「先生!2つ作ったもう一つのカップはどうするの?」
実は、店長さんのはからいで、お家の方へのおみやげ用。
ジェラートの引換券まで付けてくださいました。
もちろん、本日のお迎えの時にも使えます。
みんな大満足な様子で、イベントをふりかえり。
先生とスタッフさんにお礼の挨拶をして、イベント終了!!

 
素敵な笑顔のイタリアンジェラート・ミラノの皆様、本当にありがとうございました。

RSS Feed  Tags:
Posted on 2019-02-20 | Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

Related Posts