AFTER_SCHOOL, REPORT

だがしやチャレンジ、お祭りで出店しました!


子どもたちが駄菓子の仕入れ値や売値、利益などを計算し、ポップの書き方や接客の仕方を商店街で学んで、実際に出店する!

という、「だがしやチャレンジ」を開催しました。

7月28、29日と準備を重ね、桐生祭り1日目の8月1日に新川公園で出店しました!

 

準備1日目は、お店の名前や店長などの役職決め⇒仕入れ値や売値、利益の計算の仕方を学習⇒商店街視察⇒POP作り・看板作り・チラシ作り

という、かなりハードな1日。

でも子どもたち、すぐに仲良くなって頑張っていました!

DSC01189 DSC01206 DSC01212 (1) DSC01210DSC01215 DSC01218

お店の名前は「ドリームタウン」に決定!
役職は、店長や副店長だけでなく、ふくふく店長、ふくふくふく店長と、たくさんの“福”がつきました(笑)

 

2日目は、POP作りや看板作りの続きに、出店当日の役割決め。

DSC01224 DSC01225 DSC01217 DSC01220 DSC01229 DSC01226

当日の役割は、チラシ配りや呼び込みをする「営業」、カゴを渡したり袋詰めをする「販売」、料金の計算や売った数を記録する「会計」に分かれましたが、

みんなしっかり自分のキャラを理解しているのか(笑)、笑顔の可愛い元気な子は営業、人懐こい頑張りやさんは販売、しっかりものの利口な子は会計、ときちんと適任な分担になりました。

 

出店当日、朝から茹だるような暑さ。

みんな、浴衣や法被を着て、かわいい売り子さんになって来てくれました!

新川公園にテントを張り、商品を陳列し、作ったPOPや看板を飾って、いざ出店!

「売り切るぞー!」「おー!」と円陣を組んでからオープンしました。

DSC01235 DSC01245

 

DSC01260 (1) DSC01239 DSC01250

 

最初は恥ずかしくてなかなか声をかけたりチラシを渡したりできなかった営業さんたちも、次第に自ら進んでお客さんを呼び込むように!

「5円引き券」や「10円引き券」を作って配ったりもしました。

そうやって呼び込んだお客さんが実際にお店に来てくれると、本当にうれしそうな顔をする子どもたち。

頑張る子どもたちの姿に、思わず「かわいいお店ね~」と買い物に来てくれる方もたくさんいらっしゃいました。

 

DSC01236 DSC01240 DSC01242 DSC01241

DSC01256 DSC01254

おとなでも途中で「あーもうツライ…暑すぎる…疲れたー」と泣き言を言ってしまいそうになるくらいだった、酷暑の日。

本当に頑張りやでしっかり者の子たちが多くて、驚かされました。

一言も「疲れた」といわず、むしろ「わたしにやらせてほしい」と言って最後まで頑張ってくれた子どもたち、本当にあっぱれです!感動!

合間に片付けまで進めていてくれたり、自分で仕事を見つけて進めてくれて、本当に気がきく子たちばかりでしたね。

15時には一度売り上げの計算をし、解散したのですが、その後残ったお菓子を売ろうと夕方まで頑張ってくれた子たちもいました。

おかげで、「仕入れすぎたかな…」と思っていたお菓子が、9割は売れました!!すごい!!!

 

今回のだがしやチャレンジで、参加してくれたみんなはどんなことを感じたでしょうか。

仕事ってたいへん?モノを売るって楽しい?計算は面倒くさい?頑張ると成果が出る?

なんでもいいです。この夏、きっと良い経験をしたに違いないです!

スタッフも、みんなに良い思い出をつくってもらった感じ。

暑い中、子どもたちをずっと見守ってくれていた保護者のみなさんも、お疲れ様でした!

途中で差し入れてくれたジュースとアイス、本当に美味しかったな~(笑)

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

RSS Feed  Tags:
Posted on 2014-08-04 | Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

Related Posts

 

Comment

コメントを書くにはログインが必要です