AFTER_SCHOOL, REPORT

本当にカンタンで楽しかった、楽器づくり&セッション!


8月12日(火)、「カンタン・楽しい楽器づくり」を開催しました!

今回市民先生になっていただいたのは、以前「ブラジルまるごと体感ツアー」でもお世話になった、「ドラムサークルぐんま」の清水和美さん。

 

最初に清水さんが太鼓の音色を披露してくれました!

みんな一気に集中、注目!楽器の力、すごいです。

DSC01582 DSC01583

 

そして、これから作る太鼓の説明。

100円ショップで売っているプラスチックの鉢に、ファイバークラフト紙という特殊な紙を貼って、太鼓にします。

DSC01585 DSC01587

この「ファイバークラフト紙」というものは、一度水に浸すとやわらかくなり、いろいろな形に変化させられるのですが、

その後乾燥させると固くなり、破れたり壊れたりしにくくなるのです。

水に浸しても、破れません!不思議!

これを鉢に貼って紐で固定し、ドライヤーで乾かします。

DSC01586

夏真っ盛りにみんなでドライヤー、暑かった~(笑)

完全に乾いたら、ペンやシールを使って装飾!みんな、集中してましたね~

DSC01590 DSC01592

清水先生、KIDS VALLEYの太鼓を作ってくれました!おじょうず!

DSC01591

今回は小学生以下の子もいたのですが、とってもかわいい絵を描いていてほのぼのしました。

DSC01593

みんなの作品。みんな、とってもじょうずにできました!

DSC01594

実はこのマレット(太鼓を叩く道具)も、100円ショップの材料で手作りしました!

木のスプーンに椅子の足カバーをかぶせ、その中に綿をつめてふわふわ丸く仕上げたら、キラキラのモールで口を結んでできあがり!

100円ショップのもので、こんなかわいいマレットができるなんて、ナイスアイディアですね!

 

そして、完成した太鼓でみんなでセッション!自分で作ったオリジナル太鼓の音色、みんなどう感じたかな?

みんな微妙に音が違って、面白かったですね。

DSC01596

 

そしてその後は、清水さんが持ってきてくれたドラムで本格的なセッションも!

DSC01597 DSC01599

みんなの音がキレイに部屋に響き渡って、ゾクゾクするような気持ちの良い空間になっていました。

清水さんの素晴らしいハンドリングのおかげで、子どもたちは飽きることなく、集中して楽しく叩いていました!

最後は保護者の方々にも参加してもらいました。

最初は遠慮がちだったお母さんも、だんだんと笑顔になり、楽しんでいただいた様子。

音楽の楽しさ・面白さは年齢を超えて、なんとも心地よい「一体感」を生み出してくれます。

 

image (4)

その後「みんなで手作り楽器のマーチングバンドをつくろう!」と、子どもたちは大盛り上がり。

本当にやる気満々だったので、結成・始動したらまたお知らせしたいと思います!

 

そして、この流れを汲んで、また9月27日(土)に楽器作り&セッションのプログラムを開催する予定です。

今度はどんな楽器をつくるのか、楽しみにしていてくださいね!

 

RSS Feed  Tags:
Posted on 2014-08-20 | Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

Related Posts

 

Comment

コメントを書くにはログインが必要です