AFTER_SCHOOL, REPORT

【アフタースクール】「こども陶芸教室」を開催しました!


10/22(日)にINOJIN工芸倶楽部さんで「こども陶芸教室」を開催しました。
台風が接近というあいにくの天気の中、6名の子どもたちが参加してくれました。

この日の市民先生は井上弘子先生。
陶芸だけじゃなく、織物からそば打ちまで、なんでもできちゃうスゴイ先生なんです!
こどもの陶芸教室だったのですが、保護者の方の参加もOKということになり、
親子で作品づくりをすることになりました。

今回の作り方は、デザインを考えて転写紙をカット。
自分の好きな器に転写紙を貼り、焼き上げるというもの。
まずは参考になる本を見ながら、どんなデザインにするかを考えます。

20171022(1) 20171022(8)

アイディアが浮かんだら画用紙に下絵を描き、色鉛筆で彩色。
スラスラと下絵を描き上げる子、どんなデザインにするか悩み過ぎてフリーズする子。
先生のアドバイスを受けながら、黙々と作業に取り組んでいます。

次は転写紙がうまく貼りつくように、器の汚れをアルコールでふき取ります。
これで準備ができました。
いよいよ転写紙を貼っていきます。

20171022(11) 20171022(6)

自分のあたまの中にあるイメージを器に移していく作業。
ハサミを使い、好きな色の転写紙を切っていきます。
細かいところは専用のカッターを使用。
おおっと、手を切らないように気をつけてね!

雨音が心地よく部屋のなかに響きます。
みんながあまりにも真剣でおしゃべりもしないから、雨音がよく聞こえるんだよ。
今日は情緒たっぷりの陶芸教室だね。

真っ白だった器が、だんだんと色鮮やかになっていき、個性あふれる作品ができあがりました!
で、一緒にスタートしたお母さんたちはというと…
はじめはどんなデザインにしようか、結構迷われていました。

あーでもない、こーでもないとやっているうちに子どもたち以上に集中。
ステキな作品を作っていましたよ。

20171022 20171022(3)

世界にひとつしかない、今をかたどった器。
何年、何十年後に続く、親子の記念作品になったのではないでしょうか。

これから焼き上げて、みなさんのお手元に届くのは12月の予定です。
ちょうどクリスマスあたりかな?いいクリスマスプレゼントだね!

井上先生、参加してくれたみなさん、ありがとうございました!!

RSS Feed  Tags:
Posted on 2017-11-15 | Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

Related Posts