AFTER_SCHOOL

【アフタースクール】「お米の学校 稲刈り」開催しました


9/16(日)に、黒保根で稲刈り体験をしてきました!

当初は15日に開催する予定でしたが、あいにくの雨。
一日延期しての開催となりました。
予報では、日曜日の天気はくもりマーク。
これは快適に作業できるとホッとしていましたが、
いや~思った以上にいいお天気になりました。

めっちゃめちゃ暑い!!
熱中症に気をつけて、がんばって刈っちゃいますよー

お米の学校ではおなじみの、遠藤先生にお世話になります。
よろしくお願いします!

まず、先生から稲刈りの仕方について教わります。
今回は稲刈り初心者がほとんど。
よく説明を聞いておこうね!

鎌で手を切ると、他の刃物でけがする以上に痛いこと、
稲は刈るよりも束ねる方が難しいことを教えてもらいました。

さあ、水分補給したら稲刈り始めるよー!

 

ぎこちない様子で鎌を持ち、田んぼに入っていく子どもたち。
一株刈るのに、最初は数回鎌を入れます。
何度か繰り返すうちにだんだんと上達して…
そのうちに、一回できれいに刈り取ることができるようになりました!!

やった~

うまく刈れるようになると楽しいようで、夢中になって作業していきます。
休憩も入れながらやっていこう!

 

稲穂でおおわれていた田んぼでしたが、少しづつ地面が見えるようになってきました。

Tくん:「ねえ、見て!貝がいるよ!!」
しのさん:「んっ、何?貝??」

水のない田んぼに貝とはどういうこと?と思って、
指さす方に目をやると…はい、いました。タニシです(笑)
いろんな生き物が生活する田んぼかー。
そんなことも思いつつ、稲刈りを続けます。

 

大人も子どもも汗だくになり、力を合わせての農作業。
家族で協力しながら作業をする姿は、見ていて心が温かくなります。
普段なかなかできないことを、いつも忙しくしているお父さんお母さんといっしょに体験する。
いい思い出になったかな?

 

今回の参加者は、田植えのときも来てくれていた子たちです。
ちょっと質問してみました。
「ねえ、田植えと稲刈り、どっちが大変?」
みんなの答えはひとつ。

「稲刈りー!!」

そうだよね、しのさんもそう思う(笑)
農作業の大変さ、お米がたべられることのありがたさ、みんなで協力することの大切さなどなど、
自分で体験するからこそわかることがあるよね。

稲でかゆくなりながら、汗をふきふき。
今年の稲刈りを終えました。
「はやくお米がたべたーい!」って、ちょっと気が早いかも。

 

10/27(土)は待ちに待った「収穫祭」です。
農作業した、しないに関係なく、おいしいお米をたべたい人は黒保根に集合!

来月、またお会いしましょう!

RSS Feed  Tags:
Posted on 2018-09-24 | Posted in AFTER_SCHOOL | No Comments »

Related Posts