PAPA_MAMA, REPORT

きりゅうパパ・ママWeekendシアター


9月13日・14日、塩蔵では小学生向けプログラム「マインドラボ」を開催していましたが、

矢野園さんの米蔵では「きりゅうパパ・ママWeekendシアター」と名付けた映画上映会を同時開催していました!

託児も設けて、小さなお子さんを預けて鑑賞していただけるようにしました。

image image (1)

両日共に、秋晴れの気持ちが良い日和。

そんな日に、こんなすてきな場所で映画の上映ができるとは…!

中には、以前桐生にあった映画館「能楽館」で実際に使われていた椅子が設置されているのです。

image (2)

「中に入ったのは初めて!」という市民の方がとても多く、「こんな風になっていたんだ~!」と感動していました。

 

今回は、桐生映画祭の過去作品「京太の放課後」「京太のおつかい」「桐生人」「男爵花嫁」「ある夜」に加え、

『メイジーの瞳』 http://maisie.gaga.ne.jp/

m0000000730_pos

 

『ある精肉店のはなし』 http://www.seinikuten-eiga.com/

omoteM

を上映させていただきました。

 

どれも「家族」「親子」「食」など、わたしたちと切っても切り離せない、大切なことをテーマにした作品です。

観た後の感想を聞くと、

「早く帰って子どもを抱きしめたくなった」「家族のことを考えた」「もっと感謝してお肉を食べようと思った」などなど、

改めて考えるきっかけになったようでした。

 

パパやママに限らず、たまにちょっと立ち止まって、自分の思考や感性に刺激を与え、時には壊し、考え直す機会をつくってあげることは、とても大切なことだと思うのです。

忘れてしまっていることを思い出させてくれたり、新しい考え方や視点を見つけられたり、「当たり前」が「当たり前」じゃないと気付かせてくれたり…

普段慌しい生活をなんとなく続けていると、そういう機会はどんどん減っていく気がします(蓄積させることも大切だと思うのですが)。

しかし、パパやママはなかなかそれをしたくてもできない、というのが現実ですよね。

「また何度も上映会をやってほしい」「平日の日中にママ向けのイベントをやってほしい」という声もありました。

あんな素晴らしい会場を眠らせておくのはもったいないので、また上映会も開催したいと思います!

そして、ママ向けのイベントも企画したいと思いますので、お楽しみに!

image (3)

 

今回観に来てくださった方々、本当にありがとうございました!

受付に座っていると、通りがかりにたくさんの人が声をかけてくれたり、様子を見に来てくれたり、お手伝いに来てくれたりしました。

差し入れをいただくことも多々ありました。

課題は山積みですが、市民の方々と触れ合える貴重な体験!みなさんのあたたかい気持ちが嬉しかったです!

 

そして…

9月20日(土)・21日(日)は「きりゅう映画祭2014」です!

桐生市市民文化会館シルクホールにて。

写真

オダギリジョー出演、KIRINJIが主題歌って、すごい豪華です!!

こちらも託児あり、21日はフードも出ているようなのでぜひ足を運んでみてください♪

http://kiryu-jc.com/index.php?id=43

 

RSS Feed  Tags:
Posted on 2014-09-18 | Posted in PAPA_MAMA, REPORT | No Comments »

Related Posts

 

Comment

コメントを書くにはログインが必要です