REPORT

Posted on 2018-12-12
【アフタースクール】「親子で学ぶ収納術」を開催しました!

2018年12月9日(日)に「ココロもスッキリ!親子で学ぶ収納術」を開催しました。
年末なので、おうちも気持ちもスッキリしてもらい、親子の絆も深めちゃおうというこの企画。
いやー、やってみてビックリ! 
「収納術」の奥深さを知ることになりました。

今回の市民先生はこの道のプロ、片付けコーディネーターの斉藤真弓先生です。

収納上手な人と収納ベタな人の違いってなんだかわかります?
収納上手な人は、荷物が増えてきたら「いらないものは何だろう」って考えて整理をするんですって。
でも収納ベタな人の場合、整理をするのではなく増えた荷物を入れる箱を用意しちゃう。
その結果、荷物は増え続け一向に減らない負のスパイラルに陥ってしまうとのこと。
だから、箱を買いにいくのではなく、まずはいらないものに意識を持っていく癖づけをするといいそうです。
なるほどね~

「私はめんどくさがりなんで、ラクしたいんです。だから家族みんなを巻き込んで片付けてもらえるようにするんです」と先生。
家族の性格や考え方に合わせ、自分のことは自分でできるように促すのがコツ。
最初は面倒でも繰り返していくうちにいつの間にかできるようになっているんだとか。

そこでの必殺技は「褒めること」。
命令口調じゃ相手は動いてくれませんよね。
相手の気持ちを汲みつつ、自分の妥協点を探り、褒めて伸ばすといいみたいですよ。
ということで、今回のプログラムは収納の仕方を教わるのではなく、片付けに関する考え方を変えちゃおうというものなんです!
この一番のポイント、根っこの部分がしっかりしていないと、いくら収納術を教えたところで状況はまったく変わらないんですって。
さっきの箱ばかりが増えるパターン(笑)
参加者のみなさん、うなづきながら聞いてます。
その気持ち、わかる~

 

楽しく、無理なく片付けるヒントをもらい、「片付けなければならない」の呪縛から開放されたところで次のステップに進みます。
これからの目標を決め、最終ゴールに向けて段階を踏んでいく「やる事3ステップ」を書いてもらいました。
自分の理想に近づくための決意表明ですね。

最後に自分が一番悩んでいることを先生に相談し、アドバイスをもらいました。
「いろいろな片付け方を知ることができて楽しかった」
「やる気がでた」
「気持ちがラクになった」
と感想をいただきました。

「すてて、片付けては魔の言葉」
「いつかは永遠にこない」
など、名言集が出せそうです(笑)

 

「収納術」は生き方―
先生、参加してくれたみなさん、気持ちも新たにいい年をお迎えください。
ありがとうございました!!

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2018-12-12
【アフタースクール】森の学校「木の実でリース作り」を開催しました!

2018年12月8日(土)に桐生市青少年野外活動センターで「森の学校」を開催しました。
森の学校はこれが最終回。
クリスマスシーズンということで木の実を使ってリース作りをすることにしました。

 

今回もチャウス自然体験学校の加藤正幸先生と加藤まり子先生にお世話になります。
子どもたちに人気のチャウスリーダーさんも集まってくれました。
よろしくお願いします!

今日もお天気に恵まれ、外で活動するには申し分なし!
木の実採取用の袋を片手に、梅田の山を散策します。
なにが採れるかな?
みんなの感覚を研ぎ澄ますために、ネイチャーゲームにも挑戦。
自然の中にはいろんなパターンが隠れています。
それを見つけつつ、木の実を探します。

 

「ねー、みてみてー!」と大きなカリンを見つけてきた子。
甘い香りが広がります。
でも、リースにつけるには大きすぎるね(笑)
「こっちにかわいいピンクの花があるよ」
「動物の骨がある!もって帰ろう!!」
とあちこちから楽しそうな声が聞こえてきます。
リース作りに使えるものも見つけてよ。

 

梅田の自然を満喫したところで、次の作業に移ります。
「部屋に戻ってリースを作るよー!」
どんな作品ができるか楽しみです。

 

土台に自分の好きな木の実やリボンなど、グルーガンを使ってつけていきます。
熱いからヤケドしないように気をつけよう。
チャウスリーダーさんに手伝ってもらい、自分のイメージを形にしていきます。
みんな真剣だね。

 
松ぼっくりに杉の葉、どんぐりやススキの穂をうまく配置し、素敵なリースの完成です!
木の実だけだと全体が茶色で地味ですが、さし色に赤や黄色のリボンなどを使い、いい感じに仕上がりました。

 

最後は完成したばかりのリースをもって記念撮影。
森の学校の楽しい思い出がつまったクリスマスリース、おうちに帰ったら飾ってね!

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2018-11-24
【ままのWAティータイム】11/21 『Xmas☆スワッグ レッスン』~マタニティ編~

「ままのWAきりゅう」は赤い羽根共同募金の助成を受けて実施しています。

 

2018年度は①プレママ編 ②産後ママ編 ③子育てママ編 と、

お子さんの年齢によって 内容も盛りだくさんなティータイム!

 

11月21日(水)、今回のティータイムはマタニティ編として

おうちに飾れる『Xmas☆スワッグ レッスン』を開催しました♪

妊娠中はホルモンバランスが崩れて、気分が落ち込んだりしがちですが

天然のフレッシュグリーンの香りで 気分もリフレッシュしました。

壁飾りとしては「リース」を思い浮かべる方が多いかもしれませんが

束ねて飾る「スワッグ」はここ数年とっても人気なのですって☆

 

講師は、いつもティータイムのお手伝いをしてくださっている

優しい笑顔が素敵な coco de class フラワーアレンジメント認定講師の 

小川純恵さんです!

 

スワッグの材料のヒムロ杉やコニファー。お花屋さんのよう!

つくっている間は、爽やかな香りが香ってきて癒し効果抜群でした♪

 

 

行程が少なく「束ねる」だけのスワッグですが

実は、バランスをとりながら束ねていくことがとても難しい!!

参加のママさんたちは とってもセンスよくまとめていました♡

 

同じ材料を使っていますが、それぞれに個性が光ります♪

みなさん、とても上手につくっていました!!

スワッグ作りのあとはあたたかいお茶を飲みながら ママたちでゆっくりお話タイムです。

 

 

キッズスペースでは、「もうすぐお姉ちゃんになるの!」とお話しながら

おままごとのお皿をを4枚並べ、

赤ちゃんの分も用意しているかわいい女の子の姿が♡

無事にお腹の赤ちゃんが生まれてくること、スタッフ一同お祈りしております☆

 

参加のママさんたち、講師のすみえさん ありがとうございました!

今後もままのWAティータイムでは

イベント盛りだくさんで、ママさんたちの子育てのサポートが

できたらと思っております

 

☆ままのWAきりゅう 今後の予定☆

▼ままのWAティータイム▼
~産後ママ編~『フォトスポットでセルフ撮影会』
12月5日(水)@ココトモ
12月のティータイムは、フォトスポットで新年のあいさつにも使える写真を撮っちゃおう♪
詳細&お申込はこちら♪

 

☆託児やティータイムを一緒に盛り上げてくれる、ままボランティアさんも募集中です!
ママさんボランティア詳細&お申込みはこちら♪

 

☆LINE@はじめました♪

ままのWAのアカウントとお友だちになってね!情報をお届けします♪

▼下の友だち追加をポチっと押してね▼

友だち追加

RSS Feed  Tags:
Posted in PAPA_MAMA | No Comments »

 

Posted on 2018-11-22
【ままのWAカレッジ】忙しいママのためのお持ち帰り『作りおきおかず』レッスン 開催しました♪

「ままのWAきりゅう」は赤い羽根共同募金の助成を受けて実施しています。

 

11月15日(木)は、ママのための勉強会=ままのWAカレッジとして 

忙しいママのためのお持ち帰り『作りおきおかず』レッスン を開催しました。

赤い羽根共同募金の助成もあり、

なんとワンコインで実施させていただきました。感謝です!

 

子育て中は育児や家事やお仕事など。。。日々ママたちは忙しく

夕飯作りが億劫な日もありますよね。

「みんなでおかずを持ち帰って、お夕飯にラクしよう!」ということで

桐生市仲町2丁目にある「おち。」の店主 落合俊之さんを講師にお迎えし

12組のママたちと、レッスン開始です!

 

まずは落合さんのお手本を見てから、参加のママたちが各テーブルに分かれてつくる

デモンストレーション形式で行いました。

落合さんの美しい包丁さばき・手際の良さを間近でみて

参加者のママさんたちも「すごーい」「なるほど」と感心♪

 

  

出汁は料理の基本と言いますが、出汁の取り方を知らない方も多いのでは?

水を入れた鍋に昆布を入れ沸騰直前に取り出し、かつお節をたっぷり入れると

出汁の良い香りが調理室内に漂います♡ 

出汁は冷蔵で1週間はもつし、離乳食にも重宝しますね!

 

 

きゅうりは「蛇腹切り」で切ります。

伸び縮みするよう両側を切っていくので、一見難しそうですが

きゅうりの両側に箸をおいて箸にあたるまで切っていくと失敗しないそうですよ~

コロンと握ったいなりの揚げも、キッチンの給湯器のお湯で十分油抜きできるそうです。

お湯を沸かす手間も省けて、時短になりますね!

 

お料理5品が完成しました☆

作りおきもできる、時短メニューです!

①即席ローストビーフ ②焼きいなり飯 ③とうふとたまごのスープ

④蓮根のペペロンチーノ ⑤きゅうりのとろろ昆布和え

 

お手本を見たあとは「1テーブル4名」でお料理開始です♡

 

とっても綺麗な蛇腹切り!に思わずシャッター。

 

 

参加のお子さんたちも、お手伝い♪

ちっちゃな手で、ママと一緒に楽しそうにお料理していました(^^)

お料理中は、託児スタッフの方が子どもたちと一緒に遊んでくれます。

ママたちもゆっくりお料理できたかな?!

1時間で5品 完成しましたー!!

出来上がったお料理は、その場で少し食べて残りはお持ち帰り。

参加のみなさんの食卓のお助けになれていたら、うれしいです!

 

スタッフも試食させていただきましたが、ローストビーフは柔らかく絶品♡

旬のお野菜の蓮根も、シャキシャキ。どのお料理も美味しかった!

「みんなで作ると楽しい!」「託児があったので集中できた」

「今度は魚の煮つけをつくってみたい」「お菓子作りもしてみたい」

参加のママさんたちから、たくさんのうれしい感想をいただいたので

また企画したいなぁと思っております。

 

参加してくださったみなさん、講師の落合さん、託児スタッフの方々

本当にありがとうございました!!

 

 

☆LINE@はじめました♪

ままのWAのアカウントとお友だちになってね!情報をお届けします♪

▼下の友だち追加をポチっと押してね▼

友だち追加

 

RSS Feed  Tags:
Posted in PAPA_MAMA | No Comments »

 

Posted on 2018-11-20
【アフタースクール】クリエーターになろう「ワン ミニット ムービー」を開催しました!

2018年11月17日(土)に、桐生市総合福祉センターで「ワン・ミニット・ムービー ~冒険物語をつくろう!~」を開催しました。
このプログラムは、タブレットを使って1分間のショートムービーを作るというもの。
「難しそう!」との声が聞こえてきそうですが、いえいえそこはご心配なく。
誰でも簡単に、自分だけのオリジナル動画が楽しく作れるように工夫されています。
今回は脚本家の北阪昌人先生とミニット先生こと本田友美先生をお迎えし、1日お世話になります。
どうぞよろしくお願いします!!
映像制作に3時間、作品発表に1時間半という長丁場。
さあ、気合を入れていきましょう!

 
まずは物語の作り方の説明と映像編集の仕方について教わります。
タブレットを実際に使いながら進めていくのでわかりやすい!
あっという間に使い方をマスターした子どもたち。
イマドキの子ですね~、さすがです。

 

物語に登場させたいものを手に持ち、自分の撮影したいところに移動。
準備が整ったところで作業開始です。
みんな真剣な表情で取り組んでいます。
微妙なアングルやタイミングなど、細かいところを気にする姿はまさに映画監督。
いい顔してるね!

 
お昼休憩をはさみ、午後も撮影が続きます。
集中力途切れないね~
お父さんお母さんも、ちびっこ監督の助手としてがんばってます(笑)

 

撮影が終ったら、次は編集作業。
音楽や効果音、テロップを入れていきます。
とっても楽しそう!

 

「時間でーす!」14時になったので、作業はここまで。
みんな集中して取り組みました。
ほんとうにお疲れさまでした。

最後は作品発表会です。
一作品ずつ上映し、みんなで鑑賞。
先生から講評と終了証をもらいました。
どの作品も、今日はじめて作ったとは思えないくらいの出来ばえで、正直驚きました。
それぞれの個性がでた素敵な作品です。
たくさん褒めてもらえてよかったね!

 

「コマを進めたり、音をつけるのが難しかった」
「最初できるか不安だったけど、やってみたら簡単だった。とても楽しかった!」
「はじめて会った子といっしょに撮影できてよかった」
「大変なこともあったけど、達成感が感じられた」
などなどたくさんの感想をいただきました。
やりきったことで自信につながったんじゃないかな。
今度はぜひ、おうちで作ってみてね!
先生、参加してくれたみんな、ありがとうございました!!

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2018-11-20
【アフタースクール】森の学校「ティピー作り」を開催しました!

2018年11月10日(土)に桐生市野外活動センターで、森の学校「ティピーをつくろう!」を開催しました。
市民先生は、チャウス自然体験学校の加藤正幸先生と加藤まり子先生です。
この日はありがたいことに、半袖でも活動できるくらいのいいお天気。青空が気持ちいいです。

 

「ティピ―」とは、ネイティブアメリカンの移動式住居のこと。
どんな感じに仕上がるのか、今から楽しみです!

芝生広場に集まり、先生から作り方を教わります。
うーん、ロープワークも入りつつ、なんだか難しい感じ。
子どもたち理解できたかな??
心強いことにチャウスリーダーがいてくれるので、サポートしてもらいながら4つのグループに分かれて作業をすることにしました。

 
「そっちをちゃんともたないとくずれちゃう!」
「もっと引っぱって!!」
と声を出しながら、みんなで力を合わせてがんばります。
少し時間がかかったけど、骨組みができあがりました。

 

ここからはそれぞれのグループの個性が出るところ。
テントの布の張りかた、飾りつけの仕方は自由です。
みんなで話し合い、どんなテントに仕上げるのかを決めます。 「ここを入り口にしようよ」
「葉っぱをひろってきて飾りつけする?」
「ここに絵を描こう!」
と、目をキラキラさせながらいろいろなアイデアを出し合っています。
見ている私もなんだかワクワク♪

 

あーでもない、こーでもないと楽しく試行錯誤し、ついにティピーが完成しました!
さすがに高学年のグループはクオリティーが高いね。
色といい、ひと足早いクリスマスツリーみたい。


残りの時間でネイティブアメリカンのお守り「イーグルアイ」のクラフトワーク。
好きな色の毛糸を選び、チャウスリーダーのお兄さんお姉さんに教わりながら作っていきます。
みんな黙々と手を動かし、はやい子は2個目に挑戦です。
カラフルなお守りがとってもキレイ!

 

最後に完成したテントの前でイーグルアイを片手に記念撮影。
穏やかな秋のひととき、梅田の自然の中での創作活動を満喫しました。

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2018-11-17
【ままのWAカレッジ】上田美和さん「いのちと性のおはなし会」親子編 開催しました♪

「ままのWAきりゅう」は赤い羽根共同募金の助成を受けて実施しています。

 

11月11日(日)は、ママのための勉強会=ままのWAカレッジとして 

「いのちと性のおはなし会」親子編を開催しました!

10月の「いのちと性のおはなし会」保護者編に引き続き

宇都宮より「ここからいふ広場」「和ごころ助産院」主宰/院長の上田美和さんをお招きしての

おはなし会です♪

 

今回は 梅田にある鳳仙寺さんの常盤殿をお借りし実施いたしました。

鳳仙寺さんは梅田の小高い山の上にあり、紅葉の季節を迎えた木々がとても美しく

また訪れたくなる素敵なお寺です!

 

   

親子編ということで、40名程の方が親子で参加してくださいました!

「あなたは自分が好きですか?」

上田さんの質問に、子どもたちの可愛らしい手があがります。

そんな子どもたちをみて、にっこり笑う上田さん。パパやママもにっこり♡

 

  

「おとこの子って?おんなの子って?」

「どんなふうに違うかな?なにが違うんだろうね?!」と優しく語りかけると

子どもたちも「んー。。。」「わかった!」と答えはじめます。

 

 

いのちのはじまり、男女の性差について。。教科書に載っていないこと、

「子どもに聞かれるけれど、なんと答えたらよいかわからない」こと。

ゆっくり、わかりやすくお話してくださいました。

上田さんの言葉に、しっかり耳を傾けている子どもたちの様子が印象的でした。

 

おはなしの後は、親子で「もう一度うまれてみよう」のワークです♪

 

「がーんばれ、がーんばれ!」とお友達の応援のなか ママやパパのところまですすんでいきます!

もう一度うまれてきた子どもたちを、ギュっとハグ。

せっかくなので、パパも参加ー!

はじめての「うまれてみよう」「うんでみよう」体験をしていただきました♪

 

 

ワークの後は、子どもたちが思い思いにお手紙を書き パパ&ママに渡しました。

 

 

上田さんおすすめの絵本や本。

「恥ずかしくて言いにくい」というママは

ふだんの読み聞かせに読んであげることで、自然と大切なことが伝えられるのですって!

 

真摯に向き合うこと、嘘はつかないこと、聞かれたことはちゃんと答えること

そしてあなたの味方だと伝えること。

わたしたち大人がまず、性についての正しい知識を身につけて、

小さいころから少しずつ 子どもたちに教えてあげることが大切だと感じました。

 

参加してくださったみなさん、

「桐生で上田さんのおはなし会が聞きたい!」とおはなし会を提案してくださった大塚さん

鳳仙寺の坪井さん、宇都宮から駆けつけてくださった講師の上田さん、

本当にありがとうございました!!

 

☆ままのWAきりゅう 今後の予定☆

▼ままのWAティータイム
『Xmas☆スワッグ レッスン』
日時:11月21日(水) 時間:10時~12時 参加費:1000円 
会場:ココトモ 
詳細&お申込はこちら♪

「出張あひるのこ」 
大人気の出張あひるのこ。
のりこさんとわらべうたをうたおう♪
すみえさんのすくすく体操・「和と和いろいろ」さんの販売あります♥
参加希望の方はあひるのこの三澤さん・ままのWAスタッフかしわせまで。 
◎11月20日(火)『出張あひるのこ@ココトモ』
日時: 11月20日(火) 時間: 10時~11時30分  参加費:無料
会場:ココトモ 駐車場:ガスプラザ

☆託児やティータイムを一緒に盛り上げてくれる、ままボランティアさんも募集中です!
ママさんボランティア詳細&お申込みはこちら♪

 

☆LINE@はじめました♪

ままのWAのアカウントとお友だちになってね!情報をお届けします♪

▼下の友だち追加をポチっと押してね▼

友だち追加

RSS Feed  Tags:
Posted in PAPA_MAMA, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2018-11-01
【アフタースクール】お米の学校「収穫祭」を開催しました!

2018年10月27日(土)に黒保根の星定観光農園さんで「収穫祭」を開催しました。
三角巾とエプロンをしたら準備OK。
去年も好評だった餅つきを、今回もやっちゃいます!

まずはちょうど炊き上がったごはんでおにぎりを作ります。
子どもたちといっしょに汗を流して育てたお米。
つやつやに輝く新米が食欲をそそります。
熱いから気をつけてにぎろうね。
ごはんの味がよくわかるよう、あえて塩おにぎりにしました。
トレーの上にいろいろな形のおにぎりが並びます。
ふふふ、カワイイ。

待ちきれない様子だったので、ちょっと早めの試食タイム。
口に出さなくても、みんなの笑顔が「おいしい!」って言ってます。

おにぎりを堪能しているうちに、餅つきの準備が整いました。
最初は大人の出番。
力のあるお父さんに手伝ってもらい、杵(きね)でもち米をつぶしていきます。
まだまだお米感が強いですが、どこからお餅になるのかを観察することにしました。
あらかたつぶれたところで、子どもたちにバトンタッチ。
さあ、協力しておいしいお餅を作ろうね!
子ども用の小さな杵を使い、順番にひとり10回ずつついていくことになりました。
杵をもつだけでふらふらしちゃう子、どうしても臼(うす)の端をたたいちゃう子と、最初は見ていてドキドキしたけど、やっていくうちにどうにかカタチになり、餅をつくいい音が聞こえてきました。
もち米もだんだんと変化し、お餅っぽくなってきました。
どんな感じか食べてみることに。
まだお餅ではないけど、だいぶ近づいてきたね。
この調子でもうひとふん張り!
みんなで何回も交代し、最後はお父さんお母さんにもがんばってもらったおかげでようやくつき上がりました。

ついたお餅は食べやすい大きさにちぎってボウルの中へ。
すると「ベタベタするー」「とれなーい」の声が…おいしそうな手のできあがりです(笑)
トッピングは大根おろし、きな粉、あんこの3種類。
おいしそう!早く食べたーい!!
去年は大人味の大根おろしがたくさん残ったけど、今年は完食しました。

 
身も心も満たされる、大満足な「収穫祭」。
普段忙しいお父さんお母さんといっしょに作業できてよかったね。
自分たちで育てた秋の実りをいただき、親子で“食”について考える機会にしてもらえたならうれしいです。
今年度のお米の学校も残すところあと1回。
最終回は米粉でお菓子を作ります。
様子はまたブログでご報告しますね!

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

Posted on 2018-10-30
【アフタースクール】お仕事体験「車の板金塗装」を開催しました!

2018年10月20日(土)に板金塗装のお仕事体験プログラムを開催しました。
桐生市相生町にある(有)桜井ボデーのみなさんに先生をお願いし、車の板金塗装に挑戦! 
自分たちでデザインを考え、本物の車を使い作業をします。
参加者は全員男子!
男心をくすぐる企画でしたかねー、まあ、予想どおりでした(笑)

あいさつをすませたら、工場の見学です。
中に入ると、棚にずらっと並んだ塗料が目に飛び込んできました。
その種類の多さにビックリ!
同じ白でも車によって微妙に色が違うので、再現するのは至難の業なんだとか。
これぞ職人って感じです。

車を運ぶことができる大きなキャリアカーの操作もやってみました。
手元のボタンを押すと荷台が上下します。
子どもたちは慎重に操作してましたよ。

 
車のへこみを直す板金作業は機械を使います。
火花が飛ぶのでちょっと怖い!
でもキレイに直った車をみて感動しました。
へえー、こうやって直すんだね。

次は本日のメイン作業、塗装のお仕事体験です。
色塗りをする車は、もう使われなくなったオレンジ色のかわいい軽自動車。
この後廃車になるそうです。
最後のお仕事、よろしくお願いします。

自分の好きな形を紙に描き、型抜きをした上から塗装するので、いくつかデザインしてもらいました。
次はマスキングといって、色がついてほしくないところにビニールをテープで留めていく作業です。
ミラーやライト、窓などにみんなで協力して貼りつけます。
おしゃべりすることもなく集中して作業し、あっという間にできちゃいました!


いよいよ塗装の作業に移ります。
今回は参加者の健康を考え、体に影響のない水性絵具を使います。
まずは下地となる白色を車全体に塗ることに。
最初は勝手がわからず手こずっていたけど、先生にサポートしてもらいながら塗り進めるうちに上手にできるようになりました。


下地が乾いたらじゃんけんで塗りたい場所を決め、自分のデザインした型抜きを使って色をつけていきます。


黙々と作業を進める子どもたち。
先生にほめられるほどの出来ばえです。よくできました!!
最後に終了証をもらい、完成した車の前で記念撮影。
ちいさな職人さんの誕生です!
いい経験ができたかな?


先生、参加してくれたみんな、ありがとうございました!

 

Posted on 2018-10-25
【アフタースクール】「バームクーヘンをつくろう!」を開催しました!

10月13日、黒保根村にあります、『キャンプ冒険仲間』を会場に、
13時半よりイベントスタートしました!
はじめに、スタッフ2名の紹介です。
キッズバレイからは、私(*^-^*)みい がバームクーヘン指導をさせて頂きます。
もう一人は今回のアウトドア体験の重要な先生、
『キャンプ冒険仲間』の松本恒春先生から、 ごあいさつです。

「ONE FOR AII. 一人はみんなの為に!! AII FOR ONE. みんなは一人の為に!!」

この言葉はラグビーで使われる言葉ですが、今回の活動においても、
松本先生は「みんなの為に、一生懸命に指導をするので、みんなもしっかり応えてほしい。」という気持ちを込めているそうです。
そして、『キャンプ冒険仲間』における「い」「ろ」「は」を伝授頂き、
かけ声合わせて『Let’s ぼうけん!!』

バームクーヘンを作るにあたっての最初の工程、「火おこし」を学びます。
各ご家庭から用意して頂いた、新聞紙と割りばし。大きな薪に火をつけるための下準備を施します。
実際に先生が目の前で実演して下さり、その後は各家庭がそれぞれの釜戸で火おこしをするとあって、
こどもも大人も真剣な表情で熱心に見入っておりました。

先ほど学んだ「火おこし」を忘れないうちに、各親子釜戸へ移動して作業をスタート!
目標は、目じるしの高さにあるタコ糸が、燃えて切れること

みんな教わった順番通りに釜戸に薪を並べて、形作った新聞紙に着火!
小刀で加工した割りばしや、杉の枝、葉を足していきます。
勢いよく吹き竹を吹くと、火力はどんどん増していきます。

 

あっという間に、目標のタコ糸が切れて、ミッションクリア!

……と思ったら、薪をくべ過ぎて、火力強すぎ!! 
これでは、バームクーヘンの生地が一瞬で丸焦げになってしまいます……。

火力を抑えたくても、釜戸にはレバーもスイッチもありません。火が落ち着くまで、しばし待ちます。

 

しかし!子どもたちはじっと待ってはいられません……
ここ、『キャンプ冒険仲間』の敷地内には子どもたちの興味をそそるものがいっぱい!!
火の見守りは、お父さんお母さんにお願いして、子どもたちが駆け出したその先は…

手づくりのブランコや、シーソー! 
ハンモックに揺られてくつろいだり、やぎに夢中になる子がいたり。
少しの間、思い思いの自由時間を過ごしました。  

 

さて。釜戸の火も落ち着いてきたところで、バームクーヘン焼きを始めます。
今回のイベント時間と釜戸のサイズを考慮して、みなさまに作っていただくのは、
細い竹に15センチほどのバームクーヘンです。  
えっ?  思っていたのと違います?

そうガッカリされませんように、我がキッズバレイチームは、
今回クルーとしてご協力下さいました3家族と、大学生のお二方😊
さらにはキャンプ冒険仲間の皆様と協力して、太さ5センチの竹を使い、
午前中から大きな釜戸でビッグサイズのバームクーヘンを準備しておきました。
こちらの完成は今しばらくお待ちください。

 

家族釜戸の様子はと言うと、
生地の入ったタッパー容器に竹を投入→釜戸の火に近づけて→竹をくるくる回しながら焼く。

この一連の作業を、熱い釜戸の前に、じっと座ってひたすらに繰り返します。
ひとり、またひとり…と子どもたちが離れていきます…
先ほどの自由時間が楽しすぎたのか?単調な作業に飽きてしまったのか?
気がつけば、釜戸の前には大人がズラリ(・・)

 

楽しそうにシーソーで遊ぶ子どもたちを連れ戻すべく、
ビッグサイズバームクーヘンのお披露目でーす!!

こちらは、試食用とあって、子どもたちが一斉に集まってくれました。
ゆっくり竹を抜いて、大きくやわらかく焼けたバームクーヘンを、
切ってみたい!と志願してくれた子と、みいさんで一緒にカット(^^♪) 
まるで結婚式の儀式のような緊張感でした。

試食用バームクーヘンは、あっという間に終了。
釜戸の前から離れずに、一生懸命に焼き続けてくれているお父さんお母さんと一緒に、
嬉しそうに食べる姿が印象的でした♪

今焼いているミニサイズのバームクーヘンも、どのくらいまで大きくするか悩みながらも…時間終了‼
皆さんさまざま形に仕上がりました。 こちらは、ラッピングをして、ご家庭にお持ちかえりです。

 

予想以上に根気のいる作業で、少し疲れたかと思いきや、
アンケートを書き終えると、また思い思いに遊び始める子どもたち
木の実を拾ったり、走り回ったり。
そんな魅力いっぱいな『キャンプ冒険仲間』♪

松本先生を始め、スタッフの皆様、大変お世話になりました。
『火おこし』体験の緊張感をあじわいながらも、
大自然の中で、子どもたちがのびのびと安全に活動できましたこと、
クルーの皆様の見守りのおかげです!

日常生活から少し離れて、自然の暮らしを感じたくなったら、
是非!また『キャンプ冒険仲間』へ足を運んでみてくださいね。

合い言葉は『Let’s ぼうけん!!』

RSS Feed  Tags:
Posted in AFTER_SCHOOL, REPORT | No Comments »

 

2 / 2712345...1020...最後 »